パグの購入費用に差があるのはなぜ?パグの価格について考えてみよう!

愛嬌があるパグは飼いやすく人気がある犬種です。犬を飼うならパグを飼ってみたいと思う人も多いですね。そこで気になるのはパグは購入するといくらかかるのかということでしょう。購入するなら健康なパグを優良ブリーダーやショップから手に入れたいですが、価格に差があるのは何故なのでしょう?パグの価格についていろいろと考えてみます。

パグの適正価格はどれ位?

いざパグを探そうと思っても購入価格がいくらになるか検討がつかないですよね。犬を購入する時は、価格が高すぎても安すぎても、何か理由があると考えて良いのかもしれません。そこで購入する前に適正価格を知っておくことは大切なことです。パグの購入費用の大体の相場は20万円~25万円位です。その価格よりも十万円以上高い場合も、もちろんたくさんあります。また数万円で販売されている場合もあります。相場の価格を知っておいて、価格が高いパグ、または価格が安いパグを気に入った場合、その理由が明確であって納得したときのみ、パグを入手することを考えるようにしましょう。

パグの価格が違う理由とは?

パグの価格には同じショップやブリーダーであっても開きがありますよね。同じパグであれば、なぜ同じ価格でないのだろうという疑問がわいてきます。パグの価格の違いには様々な理由があります。メスとオスとでは、メスのほうが値段が高いことが多いです。メスは子犬が生めるということと、パグはメスのほうが穏やかで飼育がしやすいという点にあります。

見かけの良し悪しでも価格が変わってきます。顔が可愛い犬のほうが人気が出るので高くなってしまうのは仕方がないところでしょう。チャンピオン犬の血統である子犬は相場よりもかなり高い値段になることがありますが、チャンピオン犬にこだわる人であれば、これも納得できるのでしょう。逆に安くなる理由ですが、子犬を探してペットショップやブリーダーを探している人は3ヶ月位の子犬を探していることが多いので、これよりも大きくなったパグは値段が安くなります。またペットショップには純血統ではないパグもいることがありますので、その場合も価格は安くなります。

適正価格で購入するには?

適正価格で購入しようとする時は、ペットショップで購入するよりもブリーダーで購入するほうがおすすめです。ペットショップでは販売されているパグの数自体もそれほど多くなく、希望通りの犬がいるとは限りません。見た感じが可愛くても年齢が高くて安すぎる、または見た目の可愛さで価格が高く設定されていることがあるかもしれません。また仲介手数料や店舗の人件費などの費用が上乗せされていることもあり、どうしてもペットショップのほうが価格が高くなりがちです。

ブリーダーにも価格が高いパグは多いですが、希望通りの犬を探しやすいです。あらかじめインターネットで調べておいたり、数回見学に行ったりして、適正価格の健康なパグを見つけることができます。ブリーダーで生まれて飼育されている子犬は、母犬のもとで兄弟犬たちと育ち社会性も身についているので、価格以上の値打ちがあることも少なくありません。

まとめ

パグの価格には差があります。適正価格は20万円~25万円位と考えられますが、それよりも大幅に高い、または安いという場合も多いです。価格の差には様々な理由がありますが、高いから良いパグであり、安いから購入してはいけないということではありません。価格に納得できる理由があれば、気に入った子犬を入手することを考えるのがいいのではないでしょうか。