パグって多頭飼いに向いてる?多頭飼いについて考えてみよう!

犬を飼っている人の中には、複数の犬を飼っている人も多いです。たくさんの犬がいるとお世話が大変ですが、賑やかで犬好きの人にとっては毎日が楽しくてパラダイスですね。犬にとっても多頭飼いはメリットがたくさんあります。そこで、ここではパグを多頭飼いする時の注意点や、パグと他の犬種との相性を考えてみたいと思います。

多頭飼いのメリットとは?

複数の犬や猫を飼うことを多頭飼いと言います。犬を飼っている人の中には多頭飼いをしている人が多いですね。最初から多頭飼いの場合もあれば、1頭だけだったのが、途中で新しく犬をお迎えして多頭飼いになる場合もあります。この多頭飼い、犬好きの人にとっては、たくさんの犬に囲まれて毎日が賑やかで楽しいものになりますが、犬たちにもメリットがあるのです。

犬同士の相性が合えば、犬たちにとっても多頭飼いはとても楽しいものになります。飼い主が留守の時は1頭しかいない場合は寂しい思いをしますが、複数いると寂しさも紛らすことができます。人間だけの中に犬が1頭だけいると、犬は自分が犬であることを忘れて自分がリーダーだと勘違いしてしまい問題行動をしてしまうことがあります。しかし複数の犬がいると、自分が犬であることを自覚して、新しく迎えられた犬に先住犬が、いろいろと教えてあげることになります。飼い主にとっても、新しく迎えた犬のしつけを一から始めるという手間も少し減らせることができます。

多頭飼いで注意することは?

パグも、もちろん多頭飼いをすることができますが、注意しなければならない点があります。先住のパグがいて、新しくパグをもう1頭迎える場合、先住のパグを優先するようにしましょう。ごはんや散歩などを先住のパグが先に行うことにより、その様子を見ている新しいパグが優先順位を理解して、先住パグからいろいろと学んでいくことになります。

同じ犬種だからと、急に仲良くさせようとすれば、うまくいかないこともあります。少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。先住犬が高齢であったり病気がちである場合は、ストレスになって疲れさせてしまうことがあるので避けたほうが良い場合があります。常に一緒にいさせることは避けて、1頭ずつ独りになれる場所を作ってあげるようにしましょう。先住のパグのしつけがきちんとできていない状態で、新しくパグを迎えてしまうと、しつけが中途半端になり新しいパグのしつけもできなくなってしまうことがあります。新しく迎える場合は先住の犬のしつけを完了しましょう。オス同士を同居させる場合は去勢手術をするとケンカやテリトリー争いがなくなります。

パグと他の犬種との相性は?

パグ同士の多頭飼いではなく、パグと他の犬種を多頭飼いするのは大丈夫なのかどうかが気になりますよね。多頭飼いは特に犬種が違うから問題になるということはありません。パグと他の犬種との同居は特に問題はないですが、問題になるのはパグの性格です。パグの基本的な性格は穏やかですが、個体によって差があります。新しく他の犬を迎えて上手くいきそうかそうでないかは、飼い主が的確に判断する必要があります。

散歩中に他の犬を見かけると向かって行ったり、歯をむいて吠え掛かる、または極端に怖がるというパグは多頭飼いにはあまり向かないかもしれません。またやたらとマウンティングする場合も避けた方がいいでしょう。

まとめ

犬の多頭飼いは飼い主にとっても犬にとってもメリットがあり、犬好きは条件が許せば、ぜひ一度はしてみたいですね。多頭飼いする場合は先住犬を優先して、少しずつ仲良くさせていくようにしましょう。パグは穏やかな性格をしている犬が多いですが、例外的に攻撃的であったり怖がりであったりする場合は、多頭飼いには向かないことがありますので、飼い主がきちんと判断をするようにしましょう。