チワワの飼い方・性格を動物看護師が解説します!

チワワについて

そもそもチワワの原産国はどこでしょうか?歴史についても簡単にまとめました。

チワワの原産国はメキシコです。
しかし、正確な起源は不明となっています。

チワワの祖先は「テチチ」ではないかとされています。
テチチはアステカ文明の頃、愛玩犬として可愛がられていました。
しかし、その一方で、宗教的な儀式により、生贄(いけにえ)として捧げられてもいました。
テチチは人間と一番近くにいて共に生活をしていました。

19世紀半ばにアメリカでチワワの容姿になりました。
初めは、スムースコート(短毛)チワワのみだったのですが、パピヨンなどとの交配などによって、ロングコート(長毛)チワワが品種改良されました。
日本では、1970年代から飼われるようになりました。
現在、日本では、ロングコートチワワが人気ですが、アメリカではスムースコートチワワが人気です。

チワワは、主に愛玩犬として可愛がられてきました。

※チワワの体高は、オス・メスともに同じで15~23cm、体重はオス・メスともに同じで1.5~3㎏くらいです。

性格・特徴

チワワの性格や特徴についてです。
これらは犬種によってさまざまですので、しっかり押さえておきましょう。
しかし、人間と同じで犬も犬種ごとや同じ犬種同士でも個体差がありますので、性格も異なる場合があります。
参考程度にしてください。

性格について

■ 人懐っこい
甘えん坊で寂しがりでもあります。
あまり甘やかしすぎてしまうと、わがままな性格になる場合もありますのでほどほどにしましょう。

■ 気分屋
チワワは気分屋な面もありますので、子犬の頃からしつけはしっかりおこないましょう。

■ 好奇心旺盛
活発で好奇心旺盛なところがあります。
足のケガなどには注意してください。

小さい体で大きな犬にも向かっていくこともありますので散歩時は目を離さないようにしてください。

■ 警戒心
チワワは、好奇心旺盛な反面、警戒心が強く、臆病ですので、無駄吠えをしてしまうこともあります。
また、少し神経質で、興奮し易いところもありますので、他の犬種とは仲良くなりにくい場合があります。

この犬種の特徴とは?

チワワは「世界一小さい犬」といわれています。
そして、潤いのある大きな目はルビー色など多彩にあり、「アップルドーム」と呼ばれているドーム状の大きめな頭もチワワの特徴です。

また、チワワは寒さにあまり強くありませんので、飼われる際には、室内飼いをするようにしてください。

被毛について(毛色など)

チワワの被毛にはスムースコートとロングコートの2種類のタイプがあります。
ロングコートには耳、尾、前肢に飾り気があります。

チワワの毛色は様々あります。

単色のレッド・フォーン・クリーム・ホワイトなど、2色(パーティーカラー)のホワイト&クリーム・ホワイト&ブラックなど、3色(トライカラー)のブラック・タン&ホワイトなど、タンカラーのチョコレート・タンなどです。

※タンカラー・・・目の上に眉毛のような模様があること。

同じ毛色でもスムースコートとロングコートで、それぞれ「違って見えます。

また、子犬から成犬になるにつれて、毛色が変化していきますので、成長と共に毛色も楽しめますよ。

基本的な飼い方

チワワを家に迎え入れるにあたり、ペットフードや、飼育場所、予防接種など基本的な飼い方についてです。

家に迎えるために準備するもの

大切な愛犬を迎え入れるために、準備するものは何でしょう。
基本的な準備です。
初めにしっかり揃えましょう。

  • えさ箱、水飲み場(水飲み用のえさ箱):下に置くタイプとケージ(サークル)に取り付けるタイプがあります。
    取り付けるタイプの方が水やドッグフードをこぼす心配がありませんのでオススメです。
  • ケージ(サークル):室内に放し飼いで飼われる方もみえますが、犬の居場所ともなるので、最初はケージ(サークル)を準備しましょう。
    ケージは出入り口の開閉方法や、ケージの形もメーカーによってさまざまあります。
    また置き場所は、リビングなど家族の姿等がみえるところだと安心します。
  • ペットシーツ:ペットシーツは厚めや炭入りなどもあります。
    サイズですがチワワの場合はレギュラーで十分です。
  • トイレ:ペットシーツを挟むタイプです。
    いたずらが好きな犬は、メッシュタイプの上からシーツを被せるタイプをオススメします。
    性格に合ったものを選びましょう。
  • リード、胴輪(首輪):首輪は、犬の散歩時などでリードを引っ張ると首が締め付けられてしまうことがりますので、胴に着けるタイプがオススメです。
  • ブラシ:種類もさまざまありますが、スリッカーブラシで十分お手入れができます。
    スムースコートよりロングコートの方が特に毛が絡まりやすいので気を付けましょう。
  • また、家の中の安全対策も必要です。
    噛んでしまう恐れのある電気コードや犬にいたずらをされると困るものなどはあらかじめ片づけましょう。
    犬にとって危ないと思われるところの把握もし、ゲートを設けるなどの対策をしましょう。
    犬にとっても、人間にとっても快適に生活ができるように備えます。

食べ物・与え方

基本的には、ドッグフードです。
子犬の時期(0か月~12ヶ月頃まで)は栄養バランスや消化等が考えて作られている「子犬(パピー)用」を選びましょう。

お勧めのメーカーはユーカヌバ、ロイヤルカナン、アイムスなどです。
また、種類を変えると下痢や嘔吐をしてしまうこともあるので、初めはペットショップ等で与えられていたドッグフードを与えるというのもよいと思います。

その他、手作り食を与える飼い主もみえますが、なかなかバランスを考えた食事を作るのは難しいですし、ペットショップや動物病院に預けたりする際に困ってしまうこともありますので、初めはドッグフードを与えましょう。
人間が食べているものを与えるのもドッグフードを食べなくなる原因になりますので、与えないようにしましょう。

ジャーキーなどのおやつについては、初めから与えてしまうと、主食のドッグフードを食べなくなってしまうことがありますし、必ず与えなければいけないものでもありませんので、様子を見ながらにしましょう。

ドッグフードの与え方についてですが、子犬の時期(0か月~3.4ヶ月くらいまで)は、お湯でふやかして(目安は指で押して少し芯があるくらい)与えましょう。
この時期のドックフードの回数は3~4回が目安です。
生後6ヶ月時は2~3回、1歳を迎えるころには1日2回が目安となります。
また、ドックフードの量は体重、体格によってパッケージに記載されている量を確認して与えましょう。

与えてはいけない食べ物

手作り食を与える方は、特に以下の食べ物に注意してください。

  • 玉ねぎ・ニラ:血液の赤血球が破壊され、貧血等を起こします。
  • 魚介類:生で与えるとビタミンを破壊してしまいます。
  • 乳製品:牛乳はほとんど消化ができず、下痢を起こす場合があります。
    また、チーズなどは塩分が非常に多いのでやめましょう。
  • 鶏・魚の骨:喉や胃が傷つきます。
  • その他:生の豚肉や卵、チョコレートなどの甘味料など。

お手入れ

チワワの普段のお手入れについてです。
トリミングやその他のお手入れはどのようにおこなうのでしょうか?皮膚などを清潔に保つために必要なことです。

■ ブラッシング
チワワは抜け毛が少し多くロングコートチワワの被毛は絡まりやすいですので、週に2〜3回のブラッシングが理想です。

スムースコートチワワはブラッシングをおこなう必要はあまりありません。
なお、ブラッシングをおこなう事で、毛の絡まりをほぐす他、毛に付着したホコリやごみを取り除き、清潔を保つという役割もあります。

■ トリミング(美容院)
だいたい1~2ヶ月に1回程度です。
犬の皮膚はあまり強くないので、洗いすぎると必要な皮脂も洗い落とされ、カサカサになってしまいます。

散歩で足が汚れた場合は、足だけ洗うか、足裏を拭く程度にしましょう。
なお、足を洗う場合は、タオルで水気を拭き取り、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。
濡れたままにしておくと、湿気がこもり湿疹になってしまうことがありますので注意しましょう。

■ 歯みがき
人間より虫歯など、歯のトラブルにはなりにくいとされていますが、歯石、歯垢はたまりやすいです。
成犬になってからでは、なかなかやらせてくれないことが多いので、子犬の時期から少しずつ始めましょう。
口の中に指などを入れても大丈夫なように慣れさせることが大切です。
初めはガーゼを指に巻き歯茎をマッサージするように磨きます。
ガーゼを嫌がる場合は、指で軽く歯を擦ることから始めましょう。
そして、上手くやらせてくれたら褒めてあげましょう。

歯みがきの頻度は1日1回~週に1回です。

■ 耳掃除
耳掃除の頻度は耳の中の汚れに応じておこないます。
市販のイヤークリーナー(ローション)をコットンに含ませて優しく拭い取ります。
週に1回は耳の汚れのチェックをしましょう。
耳垢やツンとした臭いのある時、愛犬が耳を痒がっているときなどは耳のトラブルの場合もありますので、かかりつけの動物病院で診てもらいましょう。
なお、耳の中の毛はペットショップや動物病院でも抜いてもえらます。

■ 爪切り
爪切りは月に1~2回はチェックしましょう。
爪が伸びすぎると歩きにくかったり、ケガをする原因にもなります。
爪切りは飼い主が切ることも出来ますが、こちらも耳のケア同様、ペットショップや動物病院でも切ってもらえます。

運動について

チワワの日々の運動量についてですが、室内犬ということもあり、毎日の散歩までは必要ないです。
散歩も1回15分くらいで十分ですが、好奇心旺盛な性格でもありますので、休日には外に連れ出してあげましょう。
大きな音などにも慣れますし、コミュニケーションにも繋がります。

しつけ

しつけは、子犬の時期から始めると、成犬になった時に困りません。
チワワは室内飼いですので、最低限のしつけは、おこなっておくと良いと思います。
しつけは根気がいりますので、なかなか出来ないからといって、叱ったりしないようにしましょう。
なお、どうしてもしつけが難しいという時は、プロの手を借りるというのも1つの方法です。

トイレ

室内飼いで、多くの方が初めに教えたいのがトイレだと思います。
決まった場所にしてくれないと、片付けなども大変ですよね。

愛犬を、家に迎えてから1週間はサークルのなかでそっとしておきます。
なお、サークル内にペットシーツを敷き詰めます。
初めは、サークルの中のあちらこちらに排泄をしてしまうと思いますが、叱ったりしないですぐに片づけて清潔にしてあげましょう。
ペットシーツに排泄をすることを覚えるのが大切ですので、排泄をできたらしっかり褒めてあげましょう。
徐々にペットシーツを敷く面積を狭くしていきましょう。
最終目標は、ペットシーツ1枚です。
トイレトレーニングは時間がかかることが多いので、飼い主は焦らないことが大切です。

食糞

食糞とは、自分がしたウンチを食べてしまう事です。
この行動は、正常な行動でもありますが、できれば、辞めさせたいでしょう。

そもそも、「なぜ、食べるのか?」ということですが、食糞は子犬に多く見られる行動です。
子犬の頃の消化機能はまだ未発達なため、ドックフードを十分に消化しきれません。
そのためウンチの中に未消化物が残っています。
食べ物の臭いもするウンチを好奇心から食べてしまう場合もあります。
多くは、成犬になるにつれ、治まってきますが、成犬で食糞をするなどほかの理由もあります。
それは、飼い主の気をひきたい、ストレス、食事量が足りていないなどです。

対処方法は、「すぐにウンチを片付ける事!」ですが、その他の方法では、ウンチに犬が嫌がる臭いのスプレーをかけたり、また、かかりつけの動物病院にも相談しましょう。
食糞をしてしまったとき、叱らないことが大切です。
叱ってしまうと、排泄自体に叱られていると思ってしまうこともありますので注意しましょう。

無駄吠え

マンションなどでは犬の無駄吠えのしつけも近所などの事を考えると、おこないたいしつけの1つだと思います。

無駄吠えの原因は、様々です。
欲求不満、恐怖や不安、体調不良などからです。
欲求の中には「触れ合い・ご飯・散歩」などですので、これらを満たせてあげると治まることもあります。
それでも治まらない場合はトレーニングが必要になってきます。

噛み癖

噛み癖のしつけは、子犬のうちからしっかりとおこないましょう。
強くかんだ時には、「痛い」ということを教えます。
じゃれ合って遊んでいるうちに、強く嚙んできたら、飼い主は「ダメ」などと強く言います。
そして、歯を人に当てさせたり向けないように、子犬の時期から、多くの人と触れ合わせ人間との良い関係を築かせましょう。
また、物には噛んでもよいということを教えさせるという方法もあります。
オモチャやタオルなどを噛ませて遊ばせ、物を噛むことはよいということを教えさせます。

そして、甘噛みの理由ですが、子犬の場合は、歯の生え変わりの影響もあります。
歯がむずがゆくなり様々な物を噛んでしまいます。
ですから、オモチャなどの噛んでもよい物を置いておきましょう。
さらに、無視をする、犬が嫌がる臭いの物などを付けるなどの方法もありますので、それぞれの犬に合った方法を見つけましょう。

かかりやすい病気

チワワの平均寿命は12~14年です。

犬種ごとでもかかりやすい病気は異なります。
チワワの主なかかりやすい病気とは?毎日の健康チェックによって、早期の発見・治療をおこなうことができるでしょう。
まずは、日頃の健康チェックポイントです。

  • 目・・・生き生きとし、潤んでいて目に力が入っているか?
  • 耳・・・通常の耳の内側は綺麗な薄ピンク色をしています。
    汚れていたりしていないか?
  • 鼻・・・鼻水がでていないか?
  • 口、歯・・・通常の歯茎の色はピンク色や、赤みかかった色をしています。
    また、口臭がしないか?
  • 被毛、皮膚・・・被毛は艶があります。
    フケはでていないか?痒がったりしていないか?また、被毛をかき分けてノミやダニが寄生していないかを確認しましょう。
  • 足、歩き方・・・軽快に歩いたり走ったりしているか?足を引きずっていたり、びっこを引いていないか?
  • 体・・・体型はどうか?痩せすぎていたり、太っていないか?※体型はかかりつけの動物病院で確認してもらうことも可能です。

日頃から、愛犬の体調管理には気を付け、気になることがあれば早めにかかりつけの動物病院に行き、早期の診察や治療を心がけましょう。

涙やけ

目の病気です。
涙やけは「流涙症」といい、通常より涙の量が多く分泌されることにより、目の周囲の毛が茶褐色に汚れてしまいます。

原因はさまざまですが、外部からによる刺激や、鼻涙菅の異常(閉塞など)です。

治療方法は、飼い主の意向によって違いますが、こまめに拭き取ったり、涙鼻菅の洗浄、場合によっては外科的治療をおこなうこともあります。

角膜炎

目の病気です。
チワワの目は潤いのある大きな目でとても可愛いのですが、目の病気にも注意が必要です。
角膜とは、黒目を覆っている透明の膜の事で、この膜が炎症を起こしている状態の事です。
症状は、瞬きや涙がいつもより多い、足で目を擦ろうとします。

原因は、刺激によるものなどです(物にぶつかる、ゴミや毛が目に入る)。
角膜炎は、放っておくと失明してしまうこともありますので、しっかり治療をしましょう。

治療方法は主に点眼薬です。

外耳炎

耳の病気です。
耳の中で細菌やカビ(酵母菌)などが増殖することにより起きます。
症状は、耳を痒がったり、後ろ足で掻くしぐさをします。
また、耳の中が臭う、茶褐色や黒い耳垢がでます。
痒いからと掻きすぎると、傷ができたり、耳血腫(じけっしゅ)といって耳の耳介部に血液などが溜まり、腫れた状態になることもあります。

外耳炎の治療方法は、主に内科的治療で点耳薬や内服薬、そして、耳掃除などです。

水頭症(すいとうしょう)

脳の病気で、これは遺伝的に起ることが多いとされています。
また、泉門と呼ばれる頭蓋骨の部分が大きめという点でもチワワはなりやすい病気です。
水頭症とは、脳にある髄液が過剰に増え頭に水が溜まっているような状態です。
そして、子犬の時期の約1歳までの間に発症しやすいです。
症状は、寝てばかりいる、ドーム状に膨れた頭部、てんかん発作、食欲不振、視力障害など。

治療方法は症状の軽減をおこなう対症療法、脳にある髄液をコントロールするための「VPシャント術」をおこなう外科手術などになります。

気管虚脱(きかんきょだつ)

気管が変形して潰れてしまい、空気が上手く流れていかなくなる病気です。
犬の気管は通常、気管の周囲を35~45本の軟骨などで覆われていて、ホースのような形をしています。
症状は、息が荒くなり「ガーガー」とガチョウが鳴いているような呼吸をし、症状が悪化すると、酸素が血液に循環しなくなり、チアノーゼ(舌が紫色になる)や呼吸困難を起こしてしまうこともあります。

治療方法は症状をコントロールしていくことです。
この病気の完治は難しいとされています。

僧合弁閉鎖不全症(そうごうべんへいさふぜんしょう)

小型犬がなりやすいとされる心臓病の1つです。
心臓にある「弁(べん)」が上手く閉まらずに血液が逆流してしまう病気です。
そもそも心臓の役割とは、血液を全身から取り込み、酸素を含んだ新鮮な血液を全身へ送り込むことです。
この循環が上手くいかなくなると、全身が酸素不足になり、血圧などの維持もできなくなります。
症状は、咳をする、肺やお腹に水が溜まる、脳に十分な酸素がいかなくなり、発作が起きることなど。

治療方法は主に内科的治療です。
また、早期発見や治療が重要ですので、気になる症状がありましたらかかりつけの動物病院で診ていただきましょう。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

脚の膝の皿が外れてしまう病気です。
チワワなどの脚が細い犬種(特に小型犬)にみられる病気です。
症状は、脱臼した足をかばったり、引きずるように歩いたり、後肢(後ろ足)のびっこです。

脱臼は症状によって、大きく4つのグレードに分かれています。
グレード1では、脱臼に気づかないこともあります。
グレード2は時々脱臼した足を浮かせたりします。
グレード3では、飼い主も気づくくらいの症状がでます。
また脱臼した骨をもとの位置に戻してもまた、すぐに外れてしまうことが多いです。
グレード4では、常に膝を曲げたままの状態で歩く(びっこ)などの歩行異常が見られます。

治療方法は、グレードによって様々ですが、外れてしまった膝蓋骨をもとの位置に戻す、外科的治療などがあります。

低血糖症

生後3か月までの子犬に起りやすく、小型犬に多くみられる病気です。
血液中にあるグルコース(糖分)が正常の時より減少し、栄養補給が細胞へ行き届かなくなった状態です。
血糖値というのは、グルコース濃度のことをいいます。
これは、通常複数の体内にあるそれぞれの器官で一定に保たれているのですが、何らかの原因(脳の視床下部の血糖値への信号が上手くいっていない、すい臓のグルカゴン分泌、肝臓の糖新生など)で、この調整が上手くいかなくなり、低血糖症となります。
症状は、下半身が動かなくなる、けいれん、元気がなくぐったりしているなどです。

治療方法は、主に足らなくなっている糖分補給です。
そして、基礎疾患の確認をし、治療します。

ケガなどの応急処置について

室内で飼われていても、ケガなどをしてしまうことがあります。
飼い主は慌てずに速やかに処置をし、かかりつけの動物病院に連れていきましょう。

■ 出血
犬の体は常に被毛に覆われているので、出血してもすぐに確認できない場合もあります。
被毛をかき分けたり、愛犬がなめたりして気にしているところをチェックしてみてください。

また、日常のケガの原因には、爪が折れたり落下、何かを踏んで肉球から出血などさまざまです。
出血の場合は、まずガーゼなどで止血してください。
止血ができたらかかりつけの動物病院で診てもらってください。

■ 熱中症
暑い日の昼間の散歩や、過剰な運動は注意してください。
熱中症の症状は、元気がない、嘔吐・下痢、食欲がない、ぐったりしている、けいれんなどです。
この場合、体温を下げることが一番大切です。
涼しいところに連れていき、体に水をかけ、脇や、腿の付け根あたりを冷やしましょう。
この時、氷水を使用しすぎると、血管が収縮してしまい逆効果になることもありますので注意してください。
かかりつけの動物病院に速やかに連れて行ってください。

■ 誤飲
室内飼いでも、特に室内を自由に行き来している場合に注意が必要です。
室内には、色々なものが落ちています。
食べ物でなくても、口に入れてしまい飲み込んでしまうこともあります。

人間の薬を飲みこんでしまった場合は、薬の名前を調べ、かかりつけの動物病院に電話をします。
場合によっては、様子見ということもあります。
その他、ヘアゴム、串、鶏などの骨はできるだけ詳しく飲み込んだ状況を把握し(噛み砕いて飲み込んだなど)かかりつけの動物病院に電話をしましょう。
飲み込んですぐなどの場合によっては、レントゲン撮影や吐かせる処置などをする場合もあります。

誤飲は、届くところに物を置かないということなどを飼い主が意識することで、事故を防げる場合もありますので、普段から気を付けましょう。

予防について

予防は、様々あります。
狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア症予防など。
愛犬の健康を守るためにも予防接種などは大切です。

狂犬病ワクチン

狂犬病は、国から義務付けられている予防接種です。
感染経路は狂犬病に感染した動物に噛まれることによって唾液中のウイルスが噛み傷から侵入して感染します。
日本国内での感染はここ30年以上、報告されていませんが、感染するとほぼ100%は死に至るというとても怖い感染症です。

年に1回、自治体によって異なりますが、だいたい4月~6月頃に接種します。
(初年度は生後100日目以降から)

混合ワクチン

このワクチンは任意です。
ペットショップのホテルなどに預ける方や、散歩など他の犬に触れ合る機会があるのでしたらワクチン接種をお勧めします。
混合ワクチンは種類があります。
地域によって異なってきますので、獣医師と相談して決めましょう。

子犬の時期に2~3回接種し、その後は年に1回の予防接種です。
場合によって、家に子犬を迎え入れる前にすでに接種済みのこともありますので、確認をしっかりおこない進めていきましょう。

フィラリア症予防

フィラリア(犬糸状虫)というのを知っていますか?これは、蚊を媒介して寄生している白いソーメン状の寄生虫のことです。
かかってしまうと、この寄生虫が、犬の体内を循環し最終的には肺動脈や心臓に寄生し増殖し、死に至ることもありますので、きちんと予防をしましょう。

地域によって異なってきますがだいたい4月~12月初めが目安です。
蚊を見始めてから1ヶ月以内に予防を始め、蚊を見なくなってからさらに最低1回は予防しましょう。
予防は、注射薬もありますが、月に1回の飲み薬での予防がほとんどです。

その他、ノミ・ダニ予防も時期、環境によっては必要になってきます。
ノミやダニは被毛や皮膚、耳や体表に寄生して 痒みを引き起こします。
予防方法は、スポット状の背中に垂らす薬で1~2ヶ月に1回の予防となります。
詳しくは、かかりつけ動物病院の獣医師に相談しましょう。

愛犬を家に迎え入れたら、必要な予防や日々の健康チェック、お手入れなどをしっかりおこない、責任をもって家族の一員として大切に楽しく過ごしていきましょう!!