獣医師が解説するフレンチブルドッグにかかりやすい病気 Vol.2

人気犬種フレンチブルドッグがどのような病気にかかりやすいか知っておこうシリーズVol.1では、軟口蓋過長症、外鼻孔狭窄症、気管形成不全とあわせて短頭種気道症候群と呼ばれる疾患について解説していきました。ここVol.2では、気管虚脱と口蓋裂という疾患についてご説明していきたいと思います。

気管虚脱

気管虚脱は、小型犬でよくみられる疾患ですが、フレンチブルドッグにも認められます。この犬種は呼吸器に関する他の疾患もおこしやすいので、注意が必要です。

病気の定義

気管虚脱とは、専門的にいうと、呼吸に伴って胸腔外または胸腔内の気管内径が力学的に減少する疾患です。つまり、先天的な問題をはじめ色々な原因から、横断面にすると円形であるはずの気管が、呼吸に伴ってペタンとつぶれてしまう病気です。

症状

以下のような症状がみられたら注意が必要です。
  • ガーガーとガチョウ様の咳
  • 興奮時、運動中または首輪が頸部を圧迫するときに咳が悪化する
  • ガハーッと何かを吐き出そうとする動作(気道の分泌物を取り除こうとする動作)
  • 咳をしているとき下の色が紫色になる(重症時)
  • 呼吸困難(重症時)

診断

頸部と胸部のレントゲン検査で診断されることが最も多いです。胸部外気管、つまり首のあたりの気管の虚脱は、息を吸うときにおこります。一方、胸部内気管の虚脱は、息を吐くときにおこります。レントゲン検査は、吸気時と呼気時に実施され、両者のレントゲン画像を比較するとそれぞれの部位によって気管が虚脱しているのが分かります。

治療

一般的に、内科学的治療が適応になることが多いです。症状によって鎮咳剤、気管支拡張剤、鎮静剤ときにはステロイド剤などの内服薬が選択されます。胸腔外の気管鏡脱に限って起こる場合は、外科的な整復手術がおこなわれこともあります。具体的にはC型ステンという気管の円形を保持する器具を気管内の装着するという手技です。

口蓋裂

雑種犬より純血種の犬において発生率が高いとされています。好発犬種にはフレンチブルドッグを含め、ボストン・テリア、ペキニーズ、ブルドック、ミニチュア・シュナウザー、ビーグル、コッカー・スパニエル、ダックスフンドなどが挙げられます。
先天性疾患で多くみられ、歯科疾患や外傷により後天性にみられることもあります。ここでは、先天性疾患に焦点を当てていきます。

病気の定義

口蓋裂とは、軟口蓋、硬口蓋、顎前骨および口唇が関係する口腔と鼻腔との間の異常な連絡で、細かくみると以下のように分類されています。
  • 一次口蓋裂(口唇裂):口唇と顎前骨で構成されている一次口蓋と呼ばれる部分の閉鎖が不完全な状態。
  • 二次口蓋裂(口蓋裂):硬口蓋と軟口蓋で構成されている二次口蓋と呼ばれる部分の閉鎖が不完全な状態。

症状

子犬のころに以下のような症状がみられたら注意が必要です。
  • 哺乳困難
  • 鼻からの逆流
  • 鼻汁
  • 咳、くしゃみ
  • 成長不良

診断

一般的に、子犬の最初の動物病院来院時に、問診と視診にて診断されます。

治療

治療は、閉鎖不全部分を修復する外科的治療になりますが、手術が可能になる8〜12週齢まで待たなければいけません。それまでは、肺炎を防ぐため食道チューブや胃瘻チューブを設置して、チューブ給餌が推奨されます。鼻炎や肺炎が認められる場合は、内科的に抗生剤などが処方されます。
なお、重症例では、残念ながらそれまでの期間にうまく哺乳が出来ず、栄養失調や肺炎などの合併症にて亡くなってしまうことが多いのが現状です。