あなたはどのワンちゃんがお好き?飼いやすい犬ランキング ベスト10

犬を飼っている方、飼ってない方、これから飼おうと思っている方、いろいろな方がこちらを読んで下さっていると思いますが、日本での飼いやすい犬種ランキング、気になりませんか?今回は、飼いやすい犬種ランキングベスト10について調べてみました。

飼いやすい犬ランキング ベスト10

ランキングの基準というか、根拠ですが人気犬種であること、手入れのしやすさ、住宅事情、世帯環境など総合的に判断して筆者が独断でランキングしたものです。人気犬種ランキングの場合は、ペットショップでの売り上げ等で数字がでることもあるかもしれませんが「飼いやすさ」はあくまでも、飼い主になる人の考えです。縁あってパートナーになれば、飼いやすいとか飼いにくいというようなことではなく、みんな可愛い愛犬なのですからね。

第10位!【柴犬】

柴犬は日本を代表する犬種です。The日本犬として、外国の方からも注目されて大変人気のある犬種です。体重は10kg前後になりますが、小型タイプの柴犬も最近では増えて来ました。そのため、本来は屋外で飼っているイメージが強かった柴犬ですが、ここ数年では小型の場合はマンションでも飼えるなど、日本でも人気が上昇しつつある犬種です。大変賢く飼い主に従順ですが、きつい一面もありますので、きちんと躾をして他者に危害を加えることが無いようにしましょう。日本犬の寿命は比較的長いため、15才以上生きる子が多く、20歳を超える子もいます。

第9位!【ゴールデンレトリーバー】

美しい毛並みが自慢のイギリス原産国の大型犬です。元来猟犬であり、飼い主が撃ち落とした獲物を取って持ってくる(レトリーブ)からその犬種名がつきました。非常に賢く利口な犬種で、忠誠心もあり、温和な性格の為飼いやすい犬種として人気です。体重は30~40kgほどにもなり、寿命は10年前後です。それなりに運動量も必要となるため、マンションやアパートでは飼うのは難しいかもしれません。日頃の散歩はかかせない犬種です。

第8位!【ラブラドールレトリーバー】

盲導犬としても有名な、この犬種は猟犬ではありますが、その賢さゆえに警察犬や盲導犬など「使役犬」としても重宝されています。こちらも原産国はイギリスです。広大な土地で思い切り過ごすのが彼らの幸せですので、日本の狭い住宅事情にはあまり向かないかもしれませんね。マンションやアパートで飼育するのは難しく、庭つきの戸建住宅での飼育に向いていますが、最近では屋外で飼育している方は珍しく、家の中で飼っている方の方が多いです。短毛ですので手入れも楽ですし、しつけも入りやすいので飼いやすい犬種です。寿命は10年前後が平均です。

第7位!【フレンチブルドッグ】

ここ数年、ぐっと人気上昇中の犬種です。原産国はフランス。闘犬のブルドッグが改良された犬です。ブルドッグが持つ「闘犬」の性格を抜き取ったのがこのフレンチブルドッグであると言われています。そのため、性格は温厚で優しく、愛らしい犬種です。顔はブルドッグの面影を残していますので、特徴的ないわゆる「鼻ぺちゃ」のひょうきんな顔をしていますが、そこがなんとも憎めずに可愛らしいととても人気があります。体重は8~14kgが平均ですが、この犬種も小型化が進んでいます。寿命は15年前後とされています。

第6位!【パピヨン】

見た目の気品あふれる雰囲気に魅了されて多頭飼育されている飼い主さんも多いパピヨン。この犬の原産国はフランスです。耳の形が特徴でまるで蝶が羽を広げたような形状をしていることから、パピヨン(フランス語で蝶)という犬種名がつきました。かつてフランス貴族にも愛され、宮廷の犬として多くの貴族の愛犬として過ごしてきました。そのため、さまざまな肖像画にその姿を残しています。かのマリーアントワネットや、ポンパドゥール夫人の愛犬もこのパピヨンであったようです。体重は5kg前後で、寿命は15年前後が平均とされています。

第5位!【ポメラニアン】

スピッツ系の犬種で、原産である中欧のポメラニア地方からその犬種名がつきました。17世紀以降多くの王族が飼育を始めたことで、人気犬種となりました。とくに愛犬家として知られるヴィクトリア女王が小さなポメラニアンを愛好し、熱心に繁殖させたことによってポメラニアンの小型化に拍車がかかり、世界的な人気犬種となっていったそうですよ。マンションやアパートでも飼いやすく、きちんと躾をすればとても飼いやすい犬種です。体重は2~4kg前後、寿命は15年ほどとされています。ふわふわの毛並みが愛らしいとても可愛い犬です。

第4位!【マルチーズ】

白い毛並みとつぶらな瞳にぐぐっとやられる人大多数!イタリア原産のマルチーズです。地中海に浮かぶ島国のマルタ島で生まれたことからこの名前がつきました。紀元前にフェニキア人の船乗りが持ち込んだ犬が元になったと言われており、歴史上もっとも古い「愛玩犬」としても知られています。彼らの役目は生まれながらにして人々から「愛される」こと。猟犬でもなく、使役犬でもない愛玩犬のマルチーズは、ずっと昔から人々を癒してきたのです。性質は大人しく、人なつっこい性格。明るく、外交的ですが、神経質なところもあります。しかし、基本的に従順であり初心者でも飼いやすい犬種とされています。体重は2~3kgで、平均寿命は15年です。

第3位!【ミニチュアダックスフンド】

長い鼻が特徴のこの犬種は、もともとは猟犬でした。アナグマやウサギなど、穴の中にいる獲物をとらえるために改良されたため、このような顔の形状になったとされています。原産国はドイツで、同じダックスフンドでも、長毛タイプや短毛タイプ、大きさによって呼び名が変わるなどバラエティに富んだ犬種です。また毛色も豊富で、カラーバリエーションも楽しめます。体重は5~8kgほどで、寿命は15年前後です。猟犬ですので、鳴き声が大きいため躾をきちんとしていないと吠え声が騒音として苦情トラブルが発生してしまいます。基本的には飼い主に従順で賢いため、飼いやすく常に人気上位にある犬種です。

第2位!【チワワ】

日本でも、常に1位・2位を争う人気犬種で、全盛期であったときは1頭100万円を超える高値がついたこともありますが、最近は価格帯は落ち着いてきています。全犬種の中でも愛玩犬としては爆発的な人気を得ており、世界最小の犬種としてギネスブックにも登録されているため、日本の住宅事情ではとても飼いやすい犬種です。また手入れも飼い主さん自身でできることが多く、他のトリミングが必要な犬種に比べてとても経済的な犬種でもあります。また、その小ささから多頭飼いをされる方も多く、チワワファンシャーと呼ばれる人々がたくさんいます。体重は1~3kgほどで、寿命は17年前後です。

第1位!【トイ・プードル】

なんといっても1位はトイプードルでしょう。ここ数年の犬種人気ランキングでも常に1位をキープしています。抜け毛が少なくアレルギーのある方でも比較的飼うことが可能な犬種です。大変賢く従順で、アイドル顔負けの表情と仕草に飼い主さんはメロメロです。芸能人の中でもトイプードルを飼っている人は多く、大変ファンが多い犬種です。体重は1~3kg、大きめの子は5~7kgほどありますが、個体差によります。寿命は17年前後が平均です。洋服を着せても可愛いですし、アクセサリーなどもとても似合うトイプードルは、ワンコ界のファッションリーダーとも言えるでしょう。

あなたはどの犬種を選ぶ?

いかがでしたでしょうか?ランキング形式でご紹介しましたが、もちろんうちの子1位ですよね♪犬を飼いたいけど、どの犬種にしようか迷っていると言う方の参考になれば幸いです。素敵な相棒が見つかりますように!