パグを激安で手に入れるのは避けるべき?


パグの基本情報

パグ

パグは中国で誕生しました。

紀元前400年頃にはすでにペットとして飼われていたという、大変歴史の古い犬種になります。

パグの特徴は愛嬌のあるペチャッと潰れた顔だけではなく、性格や仕草も私たちの心をくすぐり、一度パグを飼うと、虜になってしまうと言われます。

パグの身体的特徴

  • 原産地:中国
  • 大きさ:小型犬
  • 体重:6〜8kg
  • 体高:25〜28cm
  • 被毛:ダブルコートの短毛
  • 毛色:シルバー、フォーン、アプリコット、ブラック
  • 平均寿命:12〜15歳

パグのスタンダードな形は、スクエアでコビーであることが好ましく、筋肉質でしまっていることがいいとされています。

(コビーとは…胴長短足で、肩幅、腰幅が広くしっかりしているがっちり体型のこと)

目は黒く大きいこと、マズルは短く、耳はボタンイヤーの方がいいとされ、しっぽはダブルカールであることがベストになります。

短毛種なのでトリミングも必要なく、お手入れ自体は難しくありません。

ただ、毎日顔のシワのお手入れをしてあげないと、臭いが気になってくるので注意が必要になります。

また、短頭種になるので呼吸器系の病気に気を配ることと、夏の暑さには大変弱い犬種なので、室温や散歩の時間にこだわるようにしましょう。

パグの性格・気質

  • 愛嬌がある
  • 穏やか
  • 賢い
  • 頑固
  • 素直
  • 独立心がある
  • 陽気で社交的
  • プライドが高い
  • 食べ物と家族命!

パグは見た目どおり、荒々しく行動することはなく、大変穏やかで平和主義的な性格の持ち主になります。

子供がつい力任せにパグを扱ったとしても、滅多に怒ることはなく、静かにその場を立ち去る、大人な行動を見せてくれます。

また大変素直な性格で、喜怒哀楽の感情が顔を見てすぐにわかり、そこが可愛さの1つでもあります。

素直なので、しつけトレーニングもすんなり行くかなと期待しますが、やや頑固な一面もあるため、自分が納得できないことに関しては、一切動こうとしないので注意が必要です。

そして最後に気をつけたいこととして、パグの食欲になります。

パグは一般的にどの個体も食べ物が本当に大好きで、とにかく食べたがります。

食べ物をゲットするための集中力も半端なく、それを利用してしつけをすることもできますが…

ついあげすぎて、ぽっちゃりパグになってしまいやすく、体に負担をかけてしまいますので、食事の管理には十分気を遣うようにしましょう。

パグの価格相場は?いくらから激安!?

パグの価格相場は、20〜30万円くらいになります。

価格はスタンダードに近いほど高額になり、見た目や血統の良さでも価格が高くなります。

一般的にパグの出産は難産になりやすいと言われ、場合によっては帝王切開で出産することがあり、出産に対してのリスクや費用がかかることから、パグの価格は他の犬種に比べ、やや高くなることが多いようです。

そういった状況から見て、成犬ではなく、パグの子犬が10万円以下で販売されている場合、激安であると見ていいでしょう。

ただし、どの業者も間に入らず、ブリーダーから直接譲り受ける場合はその限りではありません。

パグが激安になる理由とは?

パグ

動物以外の商品を購入する場合、同じ商品なら激安の価格のほうを買いたいですよね。

でも激安の商品には激安になってしまう理由があります。

古い商品であったり、箱や包装が破れていたり、商品そのものには関係がない場合も多いです。

売れ残ると困るので、できるだけ安くして売ってしまいたいというのがお店の考えですよね。

ペットの世界でも同じようなことがあります。

パグの子犬が一番よく売れるのは3ヶ月前後。

その頃になると食事も自分ですることができるようになっていて、見かけも小さくて可愛いです。

パグのような人気犬種であれば、激安にしなくても売れることでしょう。

でも月齢が大きくなっていくと少しずつ子犬の可愛さは失われていき、タイミングを逃して売れ残ってしまった子犬は大きくなってくるので、価格を安くしないと売れなくなってしまいます。

また激安というほどではないですが、メスよりもオスのほうが少し値段は安くなります。

それに顔の作りがあまり可愛くない場合、値段を安くしないと売れない場合があります。

これらの理由はパグの優劣には何も関係がないことだと言えますよね。

パグが激安なときのチェックポイント

ご紹介してきましたように、パグは激安=良くないパグとは限りません。

可愛い子犬の時期を過ぎてしまったり、たまたまセール時期だったりする場合や、ブリーダー自身があまり儲けを意識していない、良心的な場合など、様々な理由で相場より安くなることがあります。

では、何をポイントに激安パグが安全かどうかチェックしましょうか。

パグ

パグが激安になっている理由が明確か

まずは、安い理由がハッキリしているかどうかが1番大切になります。

  • 月齢が経ち過ぎた
  • スタンダードから外れている
  • 見た目が良くない

などといった理由の場合、パグ自身には何の問題もないので、飼う側の私たちさえ良くて、相性が合うパグだったなら喜んで迎え入れてもいいのではないでしょうか。

ただし、

  • ミスカラー
  • 先天性の疾患がある
  • 自家繁殖で書類が足りず、血統書が発行されない

といった理由で激安の場合、本当に責任を持って飼えるかなど考える必要があります。

ミスカラーのパグは、それ自体全く健康に問題はありません。

ただミスカラーは遺伝的な要素でミスカラーの子犬が生まれることが多く、本来スタンダードを目指すべきところを、無視して繁殖しているブリーダーを信用できるかどうかという問題があるわけです。

それともう1つ。

血統書はJKCの登録や犬のDNA登録など、必要な書類の1つでも欠けると発行されません。

個人で繁殖した場合、この登録や必要な事務手続きをしていないことがあり、血統書がもらえないことがあり、そうなるとそのパグが純血種なのか、遺伝性疾患の検査の有無も不明になります。

最後に、先天性の疾患がある場合です。

おそらく生涯にわたり、健康管理のための医療費が健康な犬に比べてかかるでしょう。

激安の理由によっては、飼えるかどうか、再度考え直す必要があることがあります。

パグが激安だけど理由がわからない。どう見分ければいい?

パグが相場より安く、スタッフに安い理由を聞いてもいまいち具体的な理由ではないような…

気に入ったパグなんだけど、どうしようって時がありませんか?

漠然とセールだからという時には、パグ以外の犬種の価格もチェックしてみましょう。

また、犬以外のペット用品も一斉にセールをしている場合、本当にセールということは十分あり得ます。

ではそうではなく、パグだけなぜか安いという時どうしましょうか。

疑わしいときは避けることをおすすめしますが、どうしても一目惚れしてしまったパグは諦め切れません。

そんなときの、パグを選ぶときのポイントは、

  • パグの体は骨格がしっかりしているか
  • 頭がしっかりと大きく、四肢が強く太いか
  • パグの被毛に艶があるか
  • 目が斜視になっていないか(目線をチェック)
  • 歩き方に異常はないか
  • お尻まわりが汚れていないか

などになります。よく注意して見るようにしましょう。

先天性の疾患を抱えている場合、症状が進行しないとわからないことがほとんどですが、子犬の頃から骨格が弱く、力強く立てない個体は大きくなっても弱いことが多いです。

また、目線のチェックは大変重要になります。

水頭症や脳神経に問題を持っている場合、斜視や眼振などが起こります。

ペットショップとブリーダー、どちらが激安?

パグ

ペットショップとブリーダー、どちらが激安でパグを販売してることが多いのかと言うと少し難しいですが、スペースに限りがあるペットショップのほうがそういう傾向があると言えそうです。

全体的に見た価格の差は、ブリーダーのほうが仲介手数料やショップスタッフの人件費などがかからない分、安くなることがあります。

ペットショップは展示販売ですので、たくさんのお客さんの目をひくような小さくて可愛い犬を置いておいたほうが売り上げにつながることが多いです。

だから少し大きくなってしまったパグや、顔が可愛くないと判断されたパグは激安の価格をつけられて、早く販売してしまおうとします。

必ずしも価格では判断できない?

激安で売られているパグを避けるべきかどうかは、一概には言えないところがあります。

高い価格で購入したパグの性格が良くない、体が弱い、ということもないとは言えません。

激安で購入したけれど、賢くてとても元気であるということもあります。

命あるものですので、本来は価格をつけるようなものではないのかもしれません。

成長しすぎて激安になったパグも、子犬の可愛さはなくなってきていてもパグの愛嬌はなくしてはいません。

顔が可愛くないと判断されていても、それがとても可愛いと思える人もいるでしょう。

パグを購入しようとする時は価格で判断せずに、自分の目でパグの性格や健康状態を見極めて、自分がずっと一緒に暮らしたいと思えるような犬を選ぶようにして下さい。

選んだパグがたまたま激安であったとしても、パグの優劣には関係ありません。

家に迎えてから、どういうふうに飼育していくかが問題なので、慎重に選ぶようにしてくださいね。

この記事のまとめ

パグを激安で手に入れるのは避けるべき?
  • 体重:6〜8kgの小型犬。ダブルコートの短毛
  • 毛色:シルバー、フォーン、アプリコット、ブラック
  • 性格は穏やかで平和主義。大変素直で喜怒哀楽がわかりやすい。食べ物と家族が命
  • パグの価格相場は20〜30万円くらい。10万円以下なら激安
  • パグが激安な理由:「月齢が大きい」「オス」「見た目が良くない」
  • パグの全体的な価格はブリーダーが安い場合があるが、ペットショップの方が時期により激安になる傾向が高い
  • パグが激安のときは、安い理由が妥当かをチェックする
    激安なパグに身体的な問題がある場合、改めてちゃんと飼えるか考えてみること

パグを激安で手に入れるのは避けるべき?  さいごに

パグの価格にはとても幅があって、中には激安価格で販売されているパグもいます。

激安価格になるには何らかの理由があるのですが、それはスペースの問題などで値段を安くして早く販売したいためで、パグの優劣や健康状態には関係がないことも多いです。

パグを購入するときには決して価格で判断しないで、実物をしっかりと観察した上で、自分が十数年、一緒に暮らしたいと思えるような犬を選ぶようにして下さいね。