パグを激安で手に入れるのは避けるべき?


パグが激安になる理由とは?

動物以外の商品を購入する場合、同じ商品なら激安の価格のほうを買いたいですよね。
でも激安の商品には激安になってしまう理由があります。
古い商品であったり、箱や包装が破れていたり、商品そのものには関係がない場合も多いです。
売れ残ると困るので、できるだけ安くして売ってしまいたいというのがお店の考えですよね。

ペットの世界でも同じようなことがあります。
パグの子犬が一番よく売れるのは3ヶ月前後。
その頃になると食事も自分ですることができるようになっていて、見かけも小さくて可愛いです。
パグのような人気犬種であれば、激安にしなくても売れることでしょう。
でも月齢が大きくなっていくと少しずつ子犬の可愛さは失われていき、タイミングを逃して売れ残ってしまった子犬は大きくなってくるので、価格を安くしないと売れなくなってしまいます。
また激安というほどではないですが、メスよりもオスのほうが少し値段は安くなります。
それに顔の作りがあまり可愛くない場合、値段を安くしないと売れない場合があります。
これらの理由はパグの優劣には何も関係がないことだと言えますよね。

ペットショップとブリーダー、どちらが激安?

ペットショップとブリーダー、どちらが激安でパグを販売してることが多いのかと言うと少し難しいですが、スペースに限りがあるペットショップのほうがそういう傾向があると言えそうです。
全体的に見た価格の差は、ブリーダーのほうが仲介手数料やショップスタッフの人件費などがかからない分、安くなることがあります。

ペットショップは展示販売ですので、たくさんのお客さんの目をひくような小さくて可愛い犬を置いておいたほうが売り上げにつながることが多いです。
だから少し大きくなってしまったパグや、顔が可愛くないと判断されたパグは激安の価格をつけられて、早く販売してしまおうとします。

必ずしも価格では判断できない?

激安で売られているパグを避けるべきかどうかは、一概には言えないところがあります。
高い価格で購入したパグの性格が良くない、体が弱い、ということもないとは言えません。
激安で購入したけれど、賢くてとても元気であるということもあります。
命あるものですので、本来は価格をつけるようなものではないのかもしれません。
成長しすぎて激安になったパグも、子犬の可愛さはなくなってきていてもパグの愛嬌はなくしてはいません。
顔が可愛くないと判断されていても、それがとても可愛いと思える人もいるでしょう。

パグを購入しようとする時は価格で判断せずに、自分の目でパグの性格や健康状態を見極めて、自分がずっと一緒に暮らしたいと思えるような犬を選ぶようにして下さい。
選んだパグがたまたま激安であったとしても、パグの優劣には関係ありません。
家に迎えてから、どういうふうに飼育していくかが問題なので、慎重に選ぶようにしてくださいね。

まとめ

パグの価格にはとても幅があって、中には激安価格で販売されているパグもいます。
激安価格になるには何らかの理由があるのですが、それはスペースの問題などで値段を安くして早く販売したいためで、パグの優劣や健康状態には関係がないことも多いです。
パグを購入するときには決して価格で判断しないで、実物をしっかりと観察した上で、自分が十数年、一緒に暮らしたいと思えるような犬を選ぶようにして下さいね。