犬が脱走する理由は何!?原因や予防法、探し方について知っておこう!

ちょっと目を離したすきに愛犬が脱走してしまった!という経験はありませんか?飼い主にとっては、身の毛もよだつ顔面蒼白の出来事ですよね。他人に迷惑かけてしまったり、最悪の場合交通事故で死んでしまう危険さえある犬の脱走。今回は脱走する犬の心理や脱走した場合にするべきこと、日頃からできる予防法についてご紹介します。

犬よ、どうして逃げるんだ!

脱走する癖があっていつでもタイミングを見計らっている犬もいれば、脱走する気はなかったのに、あれ?なんかいつの間にか脱走できてしまった…という偶然が重なって脱走に至ってしまったケースもあります。どんな犬や場面であれ、脱走に至るには何らかの原因があるはずです。いざとなった時にドキドキハラハラしないためにも、まずはしっかりと脱走してしまう原因を探っていきましょう。

運動不足

日常的な散歩や遊びが足りていないことによりストレスが溜まり、もっと遊びたい!自由に動き回りたい!という衝動に駆られて脱走してしまうパターンです。

追いかけてほしい

一度でも犬が脱走した時、すごい形相で犬の名前を呼びながら追いかけたことはありませんか?飼い主にとってみれば心臓が爆発しそうな程ドキドキしながら必死に呼んでいる事と思いますが、当の呼ばれている犬にとっては“わーい!飼い主と追いかけっこ!楽しーい!”ぐらいに感じています。犬は追いかけられると逃げる習性がありますので、逃げた時に追いかけてもらった楽しさを味わってしまったがゆえに繰り返してしまうパターンです。

好奇心旺盛

色々な事に興味を持ち、あまり物怖じしない性格の犬の場合、外への興味から隙を見ては脱走し、好奇心のままに冒険してしまう可能性があります。

排泄がしたかった

毎回気持ちよく排泄ができる環境になっていますか?人間も汚れたトイレで排泄するのは抵抗ありますよね。犬も同様にトイレシートが汚れていたり、便がそのままになっていると、その場所で排泄をしようとはしません。排泄への我慢から脱走してしまうパターンです。

恐怖から逃げたい

苦手な事や恐怖心からパニックになってしまい、何とかその場から逃げたくて脱走してしまうパターンです。

オス犬の恋人探し

去勢していないオス犬が本能のままに恋人を探しに行ってしまうパターンです。鼻の良い犬は発情期に少しでもメス犬の臭いを感じると、本能のままに脱走して突き進んでしまいます。

脱走される前に対策を!

脱走してしまった!どうしよう!と慌てないためにも、日頃から脱走しない環境や状況に整えておくことが大切です。まずは「マテ」「おいで」の指示がどんな時でも通るように、子犬の頃からしっかりとしつけを行っていきましょう。また、首輪に名前や住所、電話番号を書いた迷子札を付けておいたり、マイクロチップを装着する方法もあります。
さらに家の中の脱出防止策として、脱走しやすいと思われる場所にはサークルやベビーゲートを付けて予防しましょう。その他にも、運動不足による脱走を防ぐためには散歩を十分にしたり、疲れるぐらいに思いっきり遊ぶ時間を作ることも効果的です。トイレは汚れていたらすぐに変え、犬の苦手な事が分かる場合には、様子をみながら徐々に慣れていけるように工夫してあげましょう。また、散歩のときに首輪を緩くつけすぎて少し引っ張った拍子にスッポリ抜けてしまった!という事もあるので、首輪は指一本分ほどの余裕をもってつけましょう。

脱走された時には泣かず、嘆かず、行動を!

次は悲しくも脱走してしまった時についてです。犬は帰巣本能がありますので自ら家に帰ってくる事もありますが、脱走中は交通事故や他人に危害を加えてしまう危険もありますので、帰ってくるまで待つのではなく、少しでも早く保護できるように行動する事が大切です。犬が脱走してしまうと慌ててしまうと思いますが、まずはするべき事を落ち着いて整理して行いましょう。
  • 警察署、保健所に連絡する
  • 散歩コースや犬が興味を持っていた場所を中心に大勢で探す
  • チラシ配布やインターネットを活用し、迷子の情報を流す
これらの場合は犬種、色、首輪の色、特徴、名前、性格などを正確に分かりやすく伝えましょう。また、臆病な犬の場合は無理に飼い主以外の人が捕まえようとすると、逃げたリ恐怖感から威嚇をして危険ですので、無理に捕まえようとせずにまずは飼い主に連絡してほしいとの旨をしっかりと伝えましょう。

まとめ

いかがでしたか?愛犬がもしも事故にあったら…他人に危害を加えてしまったら…悲しいどころの話ではありませんよね。大切な家族の一員を失わないためにも、日頃からの脱走しないように予防や対策をしっかり行っていきましょう。犬も飼い主も笑顔で素敵な毎日を過ごせますように。