チワワの激安ブリーダーは避けるべき?知っておきたい激安の理由

激安ブリーダーでチワワが安い理由とは

チワワは常に人気ランキングの上位に位置している犬種です。

チワワ小型で飼いやすいのが魅力ですが、購入するとなると気になるのがお値段です。

通常販売されているチワワは生後3か月で、平均的な価格は15~25万円前後です。

これよりはるかに安く売られているチワワは注意が必要です。
高ければ安心かと言うと一概にはそう言えませんが、安いものには理由があるということは事実です。

何事もそうですが、ものを安く売ろうと思うと何らかの理由があります。

ブリーダーがチワワを安く売る理由は

  • 病気
  • 純血でない

などが考えられます。
それでは順番に見ていきましょう。

病気を隠し持っている危険があるチワワを安く販売

悪質なブリーダーでは近親交配を繰り返すせいで、遺伝疾患を持っていたり奇形のあるチワワが生まれることが多いです。

病気を持ったチワワは販売店にも売りにくいので、その事情を隠して一般の人に販売することがあります。

これらの犬が激安価格で販売されていたりするのです。

子犬の頃は元気でも、成長してから病気を発症する場合は多々あります。

例え安く購入しても、愛犬が病気になると何十万、何百万とお金がかかるのです。
どんな犬でも病気になる可能性はあります。

しかし激安価格のチワワだと、病気になる可能性がより高いということを念頭に置いておいて下さい。

チワワの値段には安心感も含まれている

激安ブリーダーの元で購入しても、何の問題もなく元気に暮らすチワワもいるでしょう。

しかし飼い主さんはずっとチワワの健康について不安を持ったまま過ごさなければならないのです。

それよりも信頼できるお店で購入したほうが、安心を買うという意味で結局は安くつくかもしれません。

お金をかけていないから安く販売できる

激安ブリーダーでは、チワワを安く売るために生育にお金をかけないようにしています。

育てるのにお金がかかったら、それに見合う金額で売らないと赤字になってしまうからです。

価格を安くしてたくさんのチワワを売ったほうが儲かるので、ブリーダーはお金をかけずにどんどん繁殖していきます。

経費をかけずに激安で売られるチワワは、粗末なエサを与えられ、不衛生な環境で育った可能性が高いです。

優良ブリーダーであれば、手塩にかけて生み育てた子犬を激安で売ろうという発想はないのではないでしょうか。

チワワの激安ブリーダーは避けるべき?知っておきたい激安の理由 まとめ

ブリーダーから直接購入すれば安心、ではないことが分かりました。
優良ブリーダーも多くいますが、悪質なブリーダーも少なくありません。

相場より安くチワワが売られている場合はその理由を確認するようにしましょう。

納得いかない場合やきちんとした説明を得られない場合は、そのブリーダーで購入するのは避けたほうが無難です。

責任あるブリーダーから購入するようにしましょう。