パグをブリーダーから迎える時に注意することとは?

パグをペットショップではなくブリーダーから迎える時、ペットショップとは違う独特のルールがあります。初めて犬を飼う人には少し面倒なこともありますが、これから十数年を一緒に過ごす家族のような存在になる子犬のためです。優良ブリーダーから元気で賢いパグの子犬を迎えるために、ルールを守ってお迎えしてあげましょう。

犬舎へ行って健康な子犬を選ぼう

気になるブリーダーを見つけたら、まずは犬舎の見学に行くことをお勧めします。犬舎で子犬を見て選ぶ場合は、元気で健康そうな子犬を選ぶようにします。子犬の頃は、ちょっとコロコロしていたほうが健康な場合が多いです。子犬の歩き方や走り方などがしっかりしているかなどにも注意しましょう。

特に犬を飼うことが初めての場合は、性格が良い犬を選んだ方がいいですね。明らかに攻撃的な子犬は、しつけの面で苦労することが多いので、初心者は避けた方が無難かもしれません。パグにはいろいろな毛色がありますが、これは好みで選ぶといいですね。

犬舎見学のマナーを守ろう

犬舎の見学に行く時は、必ずマナーを守って行くように気をつけましょう。小さな不注意で感染症の危険が出てきてしまうことがあります。行く時は当然ながら、突然行かずに、事前にコンタクトを取って犬舎見学の予約をしておきましょう。また急いで子犬を探したいからと、ペットショップや他のブリーダーに寄ってから行くのは止めましょう。子犬はまだワクチンを受けていないことが多く、感染症の危険があります。

犬舎を訪れるのは、はっきりと購入の意思が固まってからにしましょう。ただ可愛いパグが見たいからという理由で訪れると、犬たちにストレスが溜まってしまいます。またブリーダーさんとはしっかりとコミュニケーションを取るようにしたいですね。購入後もいろいろと力になってもらうえるかどうかは、見学の時から始まっています。疑問点を質問するのは良いですが、ブリーダーさんの話はしっかりと聞きましょう。プライドを持ってプロとしてパグを育てている方々なので、意見の違いはあるかもしれませんが、私たちよりも知識は豊富です。

ブリーダーから家までの輸送手段を確認

ブリーダーから家に迎える際に、もし遠方ならどうやってパグを運ぶのかを事前に考えておきましょう。家が近くで、カートやキャリーバッグに入れて運ぶことができるようなら問題はありません。ただし子犬の飛び出しには注意しましょう。問題は何らかの交通手段を使わなければならない時です。

遠方であれば飛行機という選択になることもあるでしょうが、パグやブルドッグのような鼻ペチャの短頭種の犬は、呼吸器の問題で飛行機には乗れないことになっています。他の交通手段を取るとしても、途中で休憩を何度か入れて、子犬が疲れ切っていないか様子を見ながら移動するようにしましょう。できるなら、徒歩で移動できるようなブリーダー、また交通手段を利用するにしても極力近い所を探すようにしましょう。

まとめ

ブリーダーからパグの子犬を迎える場合、ペットショップのように衝動買いということがありません。その点はいいのですが、犬を飼ったことがない人にとっては、犬舎に見学にいく、見学のルールを守るという少々面倒なこともあります。でも、そんな面倒なことをクリアしてこそ、可愛くて元気なパグの子犬を迎えることができるのです。ブリーダーから家までの距離と交通手段に注意して迎えてあげましょう。