犬にパンを与える際の注意点は?どんな種類のパンがいいの?


犬に菓子パンや惣菜パンはNG

菓子パンには砂糖やバターが多く含まれおりカロリーが高いので、犬に与えるのはおすすめではありません。
また、チョコレートやレーズンなどが入っているものも多く、もし、それを知らないで犬に与えてしまったら、中毒症状を引き起こす恐れもあります。

そして惣菜パンのように、具材がたくさん入って、味つけされたものも犬にとっては好ましくありません。
惣菜パンは塩分や脂分、そしてカロリーも高いうえ、犬が食べてはいけないと食材のネギ類や魚介類なども含まれていることも少なくありません。

したがって、健康を損なう可能性が十分考えられるので、これらのパンはあげないようにしましょう。

パンは安全な原材料で作られたものを与える

もし、犬にパンを与えるのであれば食パンなど、なるべくトッピングや調味料が多く含まれていない、シンプルなものにするようにしましょう。
ただし、その原材料には注意が必要です。

というのも、一般的にスーパーなどで売られている食パンには、乳化剤などの添加物のほか、ショートニングやマーガリンなどの加工油脂が入っているからです。
添加物は体内で消化しづらい性質が。
そして、加工油脂にはトランス脂肪酸が含まれています。
トランス脂肪酸は体内に蓄積されやすく、アレルギーや動脈硬化のほか、がん物質が発生する原因になりやすいので、極力摂らないほうがいい油脂と言われています。

したがって、なるべく原材料がシンプルで安全、そして塩分、脂分、糖分が少ないパンを与えるようにしましょう。

カロリーオーバーに気をつける

パンには、バターや砂糖、牛乳、塩が入っているものがほとんどです。
そのため、普段のフードとは別にパンを与え過ぎると、塩分の取り過ぎや、カロリーオーバーになっていることがあります。

とくに小型犬などは、1日に必要な摂取カロリーが少ないので、気をつけるようにしましょう。
また、肥満ぎみの犬の場合も、要注意です。

与える量と回数はほどほどに

最近は犬用のパンが販売されているほか、愛犬のためにパンを作っている飼い主の方もいたりします。
どちらも犬の健康を考慮した原材料で作られていて安心ですが、毎日のように与えるのは控えるようにしましょう。
頻繁に与えるといつでも貰えると思い、選り好みをして普段のフードをしっかり食べなくなるようなこともあります。

したがって、しつけのご褒美としてや、犬とのコミュニケーションとして与えるぐらいが、適しているでしょう。

まとめ

パンには犬が食べてはいけない、ネギ類やチョコレート、レーズンなどが含まれていることが多いので、よく確認してから与えるようにしましょう。
また、少量であれば健康を損なう心配も少ないですので、おやつとして与えれば愛犬も喜んでくれるはずです。
愛犬の体調をみながら、上手に与えてくださいね。