チワワの激安販売店は避けるべき?激安店で購入するメリットとデメリット


激安販売店のチワワは安く作られる

チワワの標準的な価格は、生後3か月で15~25万円前後です。

流行カラーや親の経歴によって多少の差はありますが、この価格より大幅に安いものは注意が必要です。

では、まずはチワワを激安で売る流れについて考えてみましょう。

チワワを安く売るためには、安いチワワを仕入れる必要があります。

安いチワワを作るためには、エサ代などの養育費をなるべくかけないようにします。

このように、チワワの安全よりも金銭面を重視して作り上げられるのが激安チワワです。

人件費も当然削られるので、チワワのお世話にかける時間や手間は少なくなります。

その結果、社会性がなかったり病弱だったりといった弊害が出たりします。
安いものには、安い理由があります。

見た目に問題のないチワワが安く売られている時は、きちんとした環境で育てられていない可能性があります。
値段で飛びつかずに、その犬が店頭にやって来るまでの背景を考えてみて下さい。

高価格のチワワが優良犬なわけではない

同じ激安販売店のチワワでも、個体によって値段に差があることに気付くと思います。

これは、流行カラーや小さい体のチワワは人気があるため、価格を高く設定しているのです。

安いチワワが売られている中で、一部のチワワだけが違う待遇で育てられているとは考え難く、安く作られたチワワである可能性が高いです。

残念ながらチワワは、流行や外見の良し悪しで値段が決まる犬種です。

そのため値段が高いから良い犬だとは限りません。
一匹ずつの骨格や目、毛ツヤなどをよく見ることが大切です。

売れ残ってしまったチワワなら、お得な場合もある

チワワが激安になるその他の理由としては、

  • 月齢が経ちすぎている
  • 外見に難がある

といった点が挙げられます。

犬は、3か月前後のかわいらしい盛りの時が売り時です。
この時期を逃すと、犬は瞬く間に成長してどんどん売れなくなってしまいます。

また、いわゆる「可愛い」顔つきをしていないチワワは売れ残ってしまいます。

チワワのような愛玩犬は、おもちゃや一種のステータスのように飼われることもあるので、見た目の可愛さを重視する人は少なくありません。

月齢や外見などは、飼い主さんさえ気にしなければ飼育には特に問題がありません。

ある程度成長したチワワは性格が分かりやすくなるので、飼いやすいと言えます。

また外見に特にこだわりのない人にとっては、チワワを安く購入できるのでラッキーです。

 チワワの激安販売店は避けるべき?激安店で購入するメリットとデメリット まとめ

チワワの激安販売店で購入することには、メリットもデメリットもあります。
安く売られているものには理由があるので、買う前に必ず激安の理由を聞くようにして下さい。

どんなに安くてもあなたが買うのはひとつの命です。
安いからと安易に購入したりせず、覚悟が決まってから飼うことが大切です。