犬に枝豆を与えるときの注意点は?食べ過ぎるとどうなるの?


枝豆は犬にどのように与えるのが適切?

犬に枝豆をあげるときは、必ず茹でて加熱したものにしてください。
生のままでは、たんぱく質を分解する消化酵素の働きを阻害してしまいます。
さらに、血液を凝固させる成分が含まれているため、健康を損ねることも考えられるでしょう。
また、茹でるときは塩もみをする必要はなく、よく洗ったらそのまま茹でてください。

そして茹でた枝豆ですが、そのまま与えると丸飲みしがちなので、細かく刻むか、すり潰すなどしたほうがよいでしょう。
そうすることで消化しやすくなり、体内で効率よく栄養が吸収されます。
ちなみに、さやは茹でても犬に与えることはできません。
私たちと同様、犬も食べられるのは、豆の部分だけです。

枝豆に含まれる栄養素や効能

枝豆は大豆が熟す前の状態のものです。
そのため、「畑の肉」と呼ばれる大豆と同様、豊富な栄養が含まれています。
主な栄養成分は

  • たんぱく質
  • 糖質
  • 脂質
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • 葉酸
  • カルシウム
  • 食物繊維

などが挙げられます。
枝豆に含まれる良質なたんぱく質は、筋肉や臓器、皮膚や被毛など、あらゆる組織の形成に役立ちます。
さらに、体を動かすエネルギー源でもあるので、犬にとっては非常に重要な栄養素です。

また、ビタミン類も豊富で、糖質をエネルギーに変換するほか、体の成長を促進する働きもしてくれます。
とくに、大豆には含まれていないビタミンCが豊富で、血管や筋肉、皮膚などを丈夫にするのに効果があると言われています。

犬に枝豆を与える際の注意点

枝豆は食物繊維を多く含む野菜です。
食物繊維は腸内環境を整える働きがあり、適量であれば便秘の改善に役立つものの、摂り過ぎると便秘や下痢を引き起こします。
そのため、おやつとして少量、もしくはいつものフードにトッピング程度にして、与え過ぎには気をつけるようにしましょう。

また、胃腸が弱い犬や老犬になり消化機能が落ちている犬などには、あまりおすすめではありません。
犬にとって枝豆は絶対に必要な食べ物ではないので、消化のよいものを与えるようにしましょう。

そして当たり前のことですが、大豆アレルギーがある場合は、もちろん与えてはいけません。
しかし、そうでない場合でも、体に合わないような可能性もありますので、最初は2~3粒ぐらいだけにして様子をみたほうがよいでしょう。

とくに何か体に異変がなければ問題ありませんが、犬が痒がるような素振りを見せたり、発疹がでたりしたようなときは、動物病院で診察を受けるようにしてください。

まとめ

枝豆を好んで食べる犬は、比較的多いと言われていたりします。
そのため普段食べているフードに少量トッピングしてあげれば、愛犬も喜ぶのではないでしょうか。
また、しつけのご褒美としてあげるのも、ヘルシーで安心と言えるでしょう。
ただし与え過ぎには、くれぐれも注意してくださいね。