犬はどんな時におむつが必要?おむつを嫌がる時の対処法は?


おむつはどんなときに必要?

人間と同様、犬も老犬になるとおむつが必要になってきます。
年を重ねると徐々に足腰も弱くなりがちに。
そうすると自力でトイレに行くことが難しくなってくるので、おむつをつけて排泄させるようにしていきます。

また、認知症などの場合も、トイレ以外のところに排泄してしまうことがあるので、おむつが必要です。
そのほか、病気やケガによってトイレに行けなくなった場合も、おむつが非常に役に立ちます。

そして、メス犬の場合はヒート(生理)期間、おむつが欠かせません。
ただし、小型犬でしたら出血量もそれほど多くないこともあり、おむつが必要ないこともあります。
しかし中・大型犬は出血量が多いので、おむつが必要です。

また、ドッグカフェなどに愛犬を連れて行くときも、マーキングや排泄防止のためにおむつが必要でしょう。
お店によっては、おむつを着用していないと利用できないところもあるので、気をつけてください。

おむつの選び方

おむつは犬の体にフィットするものを選ぶようにしましょう。
おむつが大き過ぎたりすると、隙間からオシッコが漏れてしまいます。
そして、おむつを購入する前に、愛犬の胴まわりを必ず測っておきましょう。
おむつのサイズはSS~Lサイズまであります。
その中から胴まわりに合うサイズを選ぶようにしてください。

また、オスとメスとでは性器の位置が違うため、おむつはオス用、メス用、そしてオス・メス共通で使用できるタイプとがあります。
購入の際は、よく確認するようにしましょう。

おむつを嫌がるときの対処法

おむつのカサカサする音や、感触に違和感を感じて、おむつを嫌がる犬も少なくありません。
そのため、排泄をしたばかりで、次の排泄まで少し時間があるようなときは、少しの間、おむつをしないであげてもよいでしょう。

また、ヒートのときも慣れないおむつを嫌がり、外そうとすることがあります。
ヒート期間にあまりストレスをかけては可哀そうですので、一時的におむつを外してあげましょう。
しかし、部屋が汚れないように愛犬がいる場所には、バスタオルなどを敷いておいたほうがよいです。

ヒートは老犬になっても続いていきます。
そのため、極度におむつを嫌がる場合は、避妊手術も検討してみるのもよいかもしれません。

おむつをするときの注意点

犬が排泄をしたら、おむつはその都度取り替えるようにしましょう。
汚れたおむつをそのまま付けておくのは不衛生ですし、皮膚がかぶれる原因にもなります。
また、人間と同様、犬も排泄したあとのおむつは不快に感じます。
こまめにチェックして清潔にしておきましょう。

そして、長時間おむつをしたままだと蒸れてしまうため、ときどき外してあげてください。
とくに長毛種は蒸れやすいので注意が必要です。

もしかぶれたり、毛が抜けたりなどの皮膚トラブルが起きたときは、動物病院に連れて行くようにしましょう。

まとめ

最初はおむつを嫌がるかもしれませんが、徐々に慣れてくるはずですので、心配する必要はありません。
その犬の性格にもよりますが、ほんの少しおむつが汚れただけでも嫌がるぐらい、不快に感じる犬もいます。
そのため、おむつはいつも清潔に保ってあげるようにしましょう。