どこがおすすめ?パグの購入場所!

パグを飼おう、そう思っても初めてだとどこで購入するのがいいかわからないですよね。主な購入場所としてはペットショップとブリーダーの犬舎があります。他にも購入ではなく里親として迎えるという方法もあります。今回はペットショップ、ブリーダー、里親の3つを比べてみましょう。

ペットショップでの購入

ペットショップは一番身近であり、比較的購入もしやすい場所です。そんなペットショップのメリットとデメリットとは一体どんなものがあるのでしょうか。

メリット

ペットショップで購入する際の一番のメリットは、アフターケアがしっかりしているということです。ペットショップにもよりますが、中には購入した店舗でトリミングができたり、もし購入後にすぐに死んでしまっても生体保証をしてくれる店舗もあります。また購入時にペット保険に加入できたり、希望の毛色の犬を他店舗から取り寄せることもできます。

デメリット

一番に挙げられるのは、店員の知識不足です。犬は犬種によってそれぞれ大きな特徴と違いがあります。ブリーダーなど特定の犬種をしっかりと飼育し育てているところと比べると、やはりセールストークでしかないと言わざるを得ない場合が多いです。またペットショップでは生後間もない頃から店頭のケージに並べているので、犬の社会性不足やストレスを抱えてしまう個体が多くいます。

ブリーダーの犬舎からの購入

ブリーダーと聞くとイメージするのは特定の犬種のプロ、ということです。ペットショップに比べ敷居を高く感じてしまう方もいるのではないでしょうか。ブリーダーから子犬を購入する際のメリットとデメリットは一体なんでしょうか。

メリット

特定の犬種に関する専門知識が豊富なので、初めての購入でも安心して飼育を開始することができます。また子犬の母犬や育った環境などを見ることができるので、衛生状態の確認や子犬の健康状態までしっかりと知ることができます。

デメリット

劣悪な環境で無理に繁殖を行っているブリーダーも存在します。必ず犬舎の状態を確認させてくれるところを選びましょう。良いブリーダーに巡り合うことが難しいという現状もあります。また良い場所だと感じても必ず近くにあるとは限らないので、交通費がかかってしまうこともあります。ブリーダーは犬種だけではなく毛色も特定の色しか扱っていない場合もあるので、下調べを十分に行っておくことが必要です。

里親からの譲渡

一概に里親と言っても色々な受け取り場所があります。大まかに分けると保健所、愛護団体、個人が挙げられます。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

なくなってしまうかもしれない命を救うことができます。愛護団体や個人から譲り受ける場合、健康診断や予防接種をしっかりとしていることが多く、安心して引き取ることができます。個人からではケージなどの飼育に必要なグッズを一緒に譲ってくれることもあるので、費用の面でも出費が少なく抑えられます。犬にとっても今まで使用していた道具があることにより、新しい環境下でも少し安心感を覚えることができるでしょう。

デメリット

里親になるための条件が厳しく設定されているところもあります。またペットショップやブリーダーなどと違い、必ずしも子犬から育てられるというわけでもありません。ほとんどが成犬の状態です。人間に恐怖心を覚えている個体も少なくないため、飼育初心者の方には里親はあまりお勧めしません。

パグを購入するうえで大切なこと

パグのように遺伝性の病気が多い犬種は、血統書の有無が大切になってきます。親犬からの遺伝や親にはなくてもさらにその親のかかった病気をしっかりと確認しておきましょう。人間と同じように病気の治療には多額の費用を必要とします。万が一に備えてペット保険への加入も視野に入れておくといいかもしれません。

まとめ

いかかだったでしょうか。パグを迎えるにもいろいろな方法があります。血統や毛色も大事ですが、一番はお互いの相性です。一目見てこの子犬がいいと思う方もいれば、しっかりと観察しじっくりと考える方もいます。出会いは一期一会、あなたにとって最高のパートナーが見つかるといいですね。