チワワの子犬は下痢をしやすい?下痢の理由と対処方法

小さなチワワの子犬が下痢をしたらとても心配になりますね。子犬はどんな理由で下痢をするのでしょうか。下痢をしたらすぐに病院へ連れて行ったほうが良いのでしょうか。あらかじめ下痢をする理由や対処方法を知っていれば、いざという時に慌てずに済みます。チワワの子犬が下痢をした時のサインを知っておきましょう。

チワワの子犬が下痢をする理由

まずはチワワの子犬が下痢をする主な理由をご紹介します。犬全般に言えることですが、免疫力のない子犬は成犬に比べると下痢をしやすいです。

チワワの子犬が下痢をする理由① 環境が変わった

チワワを家に迎えたての頃に、一時的に下痢をすることがあります。
美容院、病院、旅行などに行った後にもお腹を悪くする場合があります。
また急激な温度変化もチワワの子犬の下痢の原因になります。特に子犬の頃は、部屋の温度管理に気を遣いましょう。

チワワの子犬が下痢をする理由② ストレス

留守の時間が多い、散歩に連れて行ってもらえない等、チワワの子犬もストレスが溜まると下痢をします。
普段からたくさん遊んで、毎日の散歩を行うようにして下さい。

チワワの子犬が下痢をする理由③ 食事が合っていない

チワワのドックフードを変えた時、目新しい食事を与えた時に下痢をします。
初めてのものを与えるときは少量から慣らしていきましょう。またひどい場合は食べ物アレルギーの可能性もあります。慣れないものを与える時は、いつどんなものを与えたかメモしておきましょう。 食べすぎも要注意です。適量を与えましょう。

チワワの子犬が下痢をする理由④ 誤飲

チワワに限らず子犬の場合、誤飲も多いです。
好奇心旺盛なチワワの子犬は、室内にも屋外にも危険なものがたくさんあります。
ごみ箱はフタ付きのものにし、小物類は子犬の手の届かないところに置きましょう。
外では拾い食いに気を付けて下さい。道端の草花で下痢を引き起こす場合もあります。チワワが誤飲したものが便で排出されれば良いですが、内臓のどこかに詰まらせると手術が必要になる場合もあります。

チワワの子犬が下痢をする理由⑤ 病気、寄生虫

チワワの子犬は、病気や寄生虫にもかかりやすいです。何日も下痢が続き、愛犬の元気がないという時は病気が考えられます。

チワワの下痢が3日以上続く場合は病気の可能性も

便は重要な健康のバロメーターです。
チワワの子犬が下痢をしたら、まずは下痢の形状を確認しましょう。
色や臭い、ゆるさ、血が混じっていないか等を見ます。 2日ほどで下痢が収まり、チワワも元気な場合は心配はいりません。おそらく一時的にお腹を下していたものと思われます。しかし3日以上下痢が続く時、チワワに食欲がない時は獣医に相談するようにしましょう。
病院に行く時は便を持参すると診断がしやすいです。いつから下痢をしているのかも答えられるようにしておいて下さい。

チワワの便に血が混じっていても慌てないでチェックしよう

血便の場合は、内臓的な出血と外傷とがあります。便に鮮血が付く場合は肛門かその付近で出血している場合で、あまり心配がいらないことが多いです。
力みすぎた時などに起こる現象です。
黒っぽい血や、血の塊が混入している時は危険です。
内臓のどこかで炎症を起こしており、病気の可能性が高いです。
必ず便を持って病院へ行きましょう。

チワワの子犬は下痢をしやすい?下痢の理由と対処方法 まとめ

チワワの子犬が下痢をする理由はいくつかあります。下痢に気付くのは毎日愛犬を見ている飼い主さんしかいません。チワワに限らず子犬は下痢をしやすいので過剰な心配は不要ですが、やはりどうしても心配な時は病院で診てもらった方が安心できます。愛犬に元気で過ごしてもらうためにも、毎日様子に気遣ってやることが大切ですね。