おしゃれして出かけたい!マルチーズに似合う服とは

犬に服を着せるメリット・デメリット

犬に服を着せるのはおしゃれでかわいいから、それだけではありません。
服を着せることによっていろいろなメリットも出てくるのです。
またメリットがあるということはデメリットももちろん存在します。
ではそのメリットとデメリットとは一体何なのでしょうか。

メリット

犬に服を着せるメリットとして、以下のものが挙げられます。

  • 冬の時期や冷房の効いた室内での寒さ対策
  • 抜け毛が飛び散るのを防ぐ
  • 手術跡などがある場合に舐めたり傷口に触れさせないため
  • 毛を汚さないため

特にマルチーズは寒さに弱い犬種です。
そのため冬の寒い時期には服を着せて散歩に連れて行ってあげるのが理想です。
またマルチーズのように白い毛色は汚れやすく、すぐに汚くなってしまいます。
散歩に出るたびに毛を汚してしまい、その度にシャンプーをしていると皮膚に炎症を起こしてしまうこともあります。
そのためマルチーズには服を着せてあげる方が快適に過ごせることもあります。

デメリット

犬に服を着せるデメリットとして、以下のものが挙げられます。

  • 毛が絡まる
  • 毛玉ができやすい
  • 無理に着せるとストレスになる
  • ボタンや装飾品など誤飲する場合がある
  • マルチーズのように毛が細く長い犬はどうしても毛が絡まりやすくなってしまいます。
    こまめにブラッシングなどをして毛の絡まりをほどいてあげましょう。

    犬の服の着せ方と脱ぎ方

    犬にとっては服を着るということは必ずしも必要なことではありません。
    犬によっては服を着るのを嫌がることもあります。
    そのような時は無理に着せないようにしましょう。
    続いては犬の服の着せ方と脱がせ方について説明します。

    着せ方

    まず自分は犬の後ろに座ります。
    そのままでは着せにくいので犬の前足を椅子などに置き、後ろから頭を通します。
    そして前足を片方ずつ通していきます。
    前足を通す際にはそのままでは通らないので、葦を曲げて通します。
    その後、後ろ足も同様に通します。
    最後に服のよれなどを整えて完成です。
    着せている最中に犬が飽きてしまって嫌がることもあります。
    おやつなどで気を引けるようであれば、そのまま着せてしまって大丈夫です。
    極端に嫌がる場合は無理に着せてはいけません。

    脱がせ方

    脱がす際は犬の前に座ります。
    そして犬の後ろ足から片方ずつ抜いていきます。
    抜き終わったら犬を後ろ足だけで立たせ、脇の辺りから上に引っ張るとすぽんと抜けます。
    この方法で簡単に脱がすことができます。

    服のサイズ

    犬の服のサイズを選ぶ時、4か所のサイズを測る必要があります。
    店舗で測ってもらうのもいいですが、自分自身で測ってみるのもいいでしょう。
    あらかじめ家などで測っておくことによって店舗での購入をスムーズに行うことができます。

    • 首回り…首の周囲の長さ
    • 胴回り…前足の付け根辺りからの胴の周囲の長さ
    • 着丈…首の付け根から尻尾の長さまで
    • 前着丈…お腹側の首の付け根から下腹部までの長さ

    上記が基準となります。
    店舗によって異なるようですが、一般的にはこの4か所を測ることが多いようです。
    また服によってサイズ感が変わってくることもあるようなので、しっかりと確認しましょう。

    マルチーズに合う服の選び方

    犬の服にはトップスやジャケット・パジャマ・レインコート・マナーバンドの種類があります。
    それぞれ用途が異なるので、必要なシーンに合わせて着せてあげると良いでしょう。
    マルチーズにとって最も大事な洋服は防寒対策がしっかりとしているものです。
    マルチーズは寒さに弱いため寒い地方に住んでいる場合はしっかりと考えてあげたいものです。

    マルチーズの体型は胴が長めで、足はあまり長くありません。
    そのため袖の長い服は歩いている時などに足が抜けてしまうことがある為あまりおすすめしません。
    裾が長い服も同様です。
    またマルチーズの特徴としてオスとメスで体のサイズが変わってくるということです。
    マルチーズはオスの方がメスより大柄に成長することがあるため、一般的なマルチーズの服ではサイズが合わないことがあります。
    そのため身体のサイズが大きい個体は胴が比較的長めなため、ダックスフンドなどと同じサイズだと丁度良く切れることが多いです。

    服を着るためのトリミング

    服を着せるためにトリミングを行うこともあります。
    必ずしも必要とは限りませんが、マルチーズのように細く長い毛を持った犬は服を着せるとどうしても摩擦により毛が絡まりやすくなったり、毛玉ができやすくなってしまいます。
    そのため布が触れる部分の毛を短くカットしているマルチーズも多くいます。
    長毛が人気だったマルチーズも最近では毛を短くカットする姿もかわいいと評判です。

    マルチーズの毛の手入れ方法

    マルチーズに服を着せるうえで欠かせないのが毛の手入れです。
    ある程度カットをしてしまえばそこまで手入れに手間はかかりませんが、あのマルチーズの床にまで付く長い毛が魅力的であるというのであれば手入れを怠ってはいけません。
    そこでマルチーズの毛の手入れ方法をご紹介します。

    マルチーズの毛はとても絡まりやすいため毎日のブラッシングは欠かせません。
    シャンプーは皮膚が弱いため頻繁にはおすすめしません。
    目安としては2週間に一度程度で考えておきましょう。
    毛玉があまりない綺麗な状態であればコームで優しくブラッシングしてあげましょう。
    もし毛玉など絡まりが目立つようならスリッカーブラシを使うのがよいでしょう。
    あまり強い力でブラッシングをしてしまうと皮膚を傷つけてしまうこともあるので、あくまでも優しくブラッシングすることを心掛けましょう。

    マナーとして服を着る

    最近では人だけでなく犬が入れるカフェや施設などが増えています。
    そのため毛が生え変わる時期など、犬の毛がどうしても飛び散りやすくなってしまう季節があります。
    また毛の長い犬は毛が抜けやすいということもあり、一般の人に迷惑をかけないようにと服を着せる方も増えています。
    場所によってはドッグカフェやドッグランでも服を着せてくださいとルール付けられている施設もあります。
    全ての人が犬のことが好きだとも限りませんし、中にはアレルギーを持っている方もいます。
    犬を飼う側のマナーとして押さえておきたいものです。

    まとめ

    いかかだったでしょうか。
    服にも様々な種類があり、犬種によって向いている服、向いていない服があります。
    また好き嫌いもあり、一概にも着せることがいいとは言えません。
    しかしマナーとして身につけることが好まれることもあるので、臨機応変に対応することが望ましいです。
    自分と一緒に暮らしている犬の性格をよく知り、無理強いはせずに楽しくおしゃれを楽しみましょう。