柴犬はドッグランで敬遠される!?柴犬とドッグランへ行く時の注意点

犬にとってドッグランは楽しいはず、と犬の飼い主はそう思い込みがちです。でも中にはドッグランで嫌われてしまう犬もいます。柴犬もドッグランで嫌われてしまうことが多い犬種ですが、その理由はなぜでしょう?そして柴犬をドッグランへ連れて行くときに注意しなくてはいけないこととは?ドッグランへ行く前に考えてみましょう。

柴犬はドッグランで嫌われる!?

柴犬がドッグランで嫌われることがあると知って驚く人も多いのではないでしょうか?一見穏やかでおとなしく、愛嬌がある柴犬のどういうところが嫌われるのか不思議ですよね。柴犬の中でも白柴が特に嫌われると言われています。

柴犬は「ワンマンドッグ」と言われるように、本来はあまり社交性がある犬種ではありません。独りでも平気で過ごせる犬です。すべての柴犬がドッグランへ行くことを嫌がるわけではありませんが、中には他の犬や飼い主たちがたくさんいる場所へ行くことを好まない柴犬も多くいます。そういう犬をドッグランへ連れて行くとストレスになってしまい、最初は我慢していてもついには我慢しきれなくなって攻撃的になってしまうこともあるようです。小型の犬から見ると、柴犬は結構大きく見えますし、とても怖いことでしょう。大きなトラブルになってしまうこともありますので、特に小型犬の飼い主からは警戒されてしまうのでしょう。

柴犬をドッグランに連れて行くときの注意点

まず、犬ならドッグランが好きなはずという思い込みは捨ててしまいましょう。犬の中にもドッグランが好きな犬もいれば好きではない犬もいます。飼っている柴犬の気性をよく把握しておきましょう。飼い主の指示に確実に従うように、しつけはしっかりと行っておきましょう。散歩の時など、他の犬に会った時の反応を観察しておきましょう。あまりにも飼っている柴犬に社交性が乏しいと感じた時は、ドッグランには行かないようにするほうが無難かもしれません。

ドッグランへ行くことを決めたら、自分の犬からは決して目を離さないようにしましょう。テリア系の犬もドッグランで敬遠されがちな犬種ですが、それらの犬に刺激されて興奮してしまいスイッチが入って攻撃的になることも考えられます。また小型犬がいるときも注意が必要です。トラブルになりそうになったら、その場を離れることも必要です。万が一トラブルになってしまったら、飼い主だけでは柴犬を止めることは難しいので、まずはトラブルにならないようにすることが重要なことです。

ドッグランのルールを守ろう!

当然ですが、ドッグランにはいろいろなルールがあります。ドッグラン個々のルールもありますが、ドッグランを利用しているのなら当然知っておかなければならないルールもあります。それらのルールをしっかりと把握しておかないとトラブルになっても仕方ないこともあります。

知っておかないといけないルールとしては、ドッグランへ入る前に排泄を済ませておくこと、中で排泄してしまった時は速やかに片づけること、中で飲食をさせないこと、自分の犬と周りにいる犬から目を離さないことです。トラブルになったときはすべて自己責任です。柴犬もドッグランが大好きな犬も多いので、楽しく遊べるように飼い主が気を配ってあげる必要があります。

まとめ

柴犬はドッグランでは敬遠されることも多いです。それは柴犬の社交性に欠ける気性によるものであることが多いのですが、柴犬の中にもドッグランが大好きな犬もいます。そんなドッグラン好きな柴犬が楽しく過ごせるように、しっかりと気を配ってあげることが飼い主の義務と言えるでしょう。ドッグランは苦手な犬を無理やり連れていく場所ではありません。でもドッグランが好きな柴犬なら、楽しく遊べるようにしてあげたいですね。