チワワの交配相手を募集する3つの方法


チワワの交配相手を募集する方法① ブリーダーで交配相手を見つける

チワワの交配相手を募集する一番安全な方法は、ブリーダーに相手の手配をお願いすることです。

チワワの繁殖を生業としているブリーダーなら、オスメス問わず、繁殖可能な個体を持っているでしょう。

また出産に関する知識も詳しいので、自分の愛犬に合うチワワをを掛け合わせてもらうことが可能です。

特に愛犬の購入元のブリーダーであれば、愛犬の遺伝情報なども知っているので安心して任せることができます。

デメリットは、金銭的な負担があることです。

交配が失敗してもお金がかかる場合があります。

またブリーダーによって、交配費用もピンからキリまであります。

事前に確認しておくことが大切です。

また全てがブリーダー主体で動いていくため、飼い主さんが口を挟めないことがままあります。
本当に信頼できるブリーダーでないと、後々まで不安が拭えないでしょう。

チワワの交配相手を募集する方法② 異性のチワワを新たに飼う

オス犬を飼っているならメス犬を、メス犬を飼っているならオス犬を飼う方法です。
オスメス両方を飼うのでつがいになります。

どちらも自分の飼い犬なので、親権や金銭面での争いを避けることができます。

またチワワの子犬が生まれてからも、両親と子犬とを一緒に居させてあげることができるので、子犬にとっては理想的な環境を整えてあげられます。

デメリットとしては、新たにチワワを飼う負担が増えること、相性が悪い場合はどうしようもないことです。

交配に成功しても失敗してもいいやと思えるぐらいの気持ちの余裕が必要になります。

チワワの交配相手を募集する方法③ インターネットで探す、知人に頼む

インターネットでは、チワワの7交配相手を募集するサイトがあります。

お互いに交配相手を探しているので、ニーズが合えば便利な方法です。

また、チワワを飼っている知人に、知り合いを紹介してもらうのも一つの方法です。

気軽に相手を探せる点が良いでしょう。

デメリットは、素人同士が交配、出産をすることにはかなりの危険性があるということです。

どちらかに経験や知識があればまだマシですが、チワワの出産はとてもデリケートです。

素人同士だともしもの時に責任のなすりつけになる可能性もあるので、よくよく話し合ってから交配することが基本です。
また子犬の親権や出産にかかわる費用など、金銭面は一番揉めるところです。
お互いに納得できる条件でなければ交配しないようにしましょう。

チワワの交配相手を募集する3つの方法 まとめ

チワワの交配相手を募集することは簡単ではありません。

またチワワに相手が見つかったとしても、交配が成功するとは限りません。

そして交配が成功しても、無事に子犬が生まれる確約はありません。

人間の妊娠出産も同じですが、チワワの交配や出産も難しくて神秘的なものです。
あまり躍起にならずに、どうか愛犬のことを第一に考えて、無理のない交配に臨んで下さい。