柴犬の専門店はどうやって探したらいいの?

小型の洋犬の人気が長い間続いていますが、日本犬である柴犬の人気が上昇してきています。日本だけでなく外国でも人気が急上昇しているようです。穏やかで愛嬌がある表情はとても和みますね。人気がある犬は手に入れることが難しくなってきますが、柴犬の専門店を探すにはどうしたらいいのでしょうか?柴犬の専門店の探し方を考えてみます。

インターネットで探してみる

健康な柴犬の子犬を探すには、柴犬を専門に扱っているお店を探すのが一番です。しかし、街を歩いていて柴犬の専門店を見かけることは、ほとんどないのではないでしょうか?柴犬だけを扱っているペットショップを自宅近くで探すのは、かなり苦労することでしょう。全国には柴犬を専門に扱っているブリーダーはたくさんいます。その中には自宅近くのブリーダーもいることでしょう。

ブリーダーは厳密に言うとお店とは言えないかもしれませんが、子犬を直接購入できるブリーダーの中には「柴犬専門店」と名乗っているところもあります。健康で元気な子犬を手に入れる方法で一番のおすすめはブリーダーということになるのでしょう。インターネットで柴犬の専門店を探そうと検索すると、ほとんどはブリーダーにヒットします。柴犬の子犬を探す手っ取り早い方法は、インターネットで柴犬を専門に扱っていて、直接購入ができるブリーダーを探すことになるでしょう。

実際に見に行ってみる

インターネットでろいろと検索してみて、気になる専門店やブリーダーを見つけたら、まずは子犬が置かれている環境を見に行くようにしましょう。子犬の健康状態は環境に左右されることもあります。ペットショップの場合は定休日以外に行くようにすればいいですが、ブリーダーの場合は必ず連絡を入れて見学の予約を取っておきましょう。ブリーダーの仕事は犬の飼育と繁殖なので、たくさん見学に来られても対応できません。

ブリーダーに連絡を入れて犬舎に行くことになったら、子犬が飼育されている環境をしっかりと確認するようにします。できれば親犬も見せてもらうといいでしょう。そこで納得がいけばその犬舎で購入することを決めてもいいですが、他の犬舎も見たいという場合は、必ず違う日に行うようにしましょう。

衝動買いは絶対に避けること

柴犬を飼いたくなって柴犬を扱っているショップを探す時に、自分は柴犬を飼うことができる環境にあるのかどうかを冷静に考えるようにしましょう。柴犬の人気が出てきて柴犬の可愛さがあちこちでクローズアップされています。豆柴もとても可愛いですね。でも可愛いというだけで十数年、犬と一緒に暮らしていけるでしょうか?

柴犬は日本犬の中では小さなほうですが、室内犬として親しまれているトイプードルやチワワなどと比べると大きく、ある程度のスペースが必要になります。力もあるので毎日の散歩も大変です。食事代もかかりますし、病気やケガをすると医療費がかかります。それらを全てクリアできる時に初めて、柴犬の専門店を探し始めるべきでしょう。犬はモノではありませんので、衝動買いは絶対に避けなければなりません。

まとめ

柴犬の専門店をインターネットで調べるとブリーダーにヒットすることが多いので、柴犬を購入する場合は柴犬専門のブリーダーを探すのが早道です。柴犬の人気が上昇している今、穏やかで愛嬌がある柴犬を飼いたい人も増えていますが、洋犬の小型犬と比べると大きくて大変なことも多いです。専門店を訪ねる前に、一度冷静になって柴犬が飼える環境に自分がいるのかを考えてみましょう。