室内で飼う犬に、専用のハウスは必要なもの?


犬にサークルやケージがあるといい理由

愛犬を初めて家に迎えてからはしばらく、慣れてもらうため、しつけトレーニングのためなどの理由から、ある程度行動に制限をつけて、サークルやケージを利用する人が多いと思いますが、犬が完全に家に慣れ、しつけトレーニングを終えてからどうするかは、飼い主さんの考え方で、まちまちなようです。

まず、継続してサークルやケージがあるといいメリットとしては、普段は室内で放し飼いにしていても、家族みんなが外出するときなど、犬にサークルやケージでお留守番をしてもらうことで、犬のストレスによるいたずらを防ぐことができますし、犬自身も広い家に1匹だけ置かれてしまうと、家中のパトロールに大忙しになります。

犬に専用のハウスは必要?

サークルやケージとは別に、犬用のハウスってありますよね。
ハードなものからソフトまで、いろんな形やデザインがあります。
あれって必要だと思いますか?犬は、狭いところにはまるのが大好きで、スポッとどこかにはまることで、安心したりします。

室内放し飼いで、好きなところで寝転がったりするのもいいんです。
それはそれでいいのですが、犬の性質上、犬だけのテリトリーがあると、犬自身ホッとしたいときにそこでのんびりすることができます。
自分の居場所があることで、犬は精神的に安心することができます。
犬に不必要なストレスを与えないためにも、ハウスを1つ作ってあげることをおすすめします。

犬用のハウスの置き場所

犬は自分のテリトリーを大事にします。
ときには、誰にも触られずに、静かにお昼寝したいときもあります。
でも、同時に犬は寂しがり屋でもあります。

1匹になりたい反面、本当に人の声がしないと寂しくて落ち着かなくなったり。
なので、犬のハウスの置き場所は、できれば常に人がいるようなリビンの隅など、人の声は聞こえるけど、常に人が周りをうろつかないような場所に置いてあげるのがベストです。

犬用のハウス、手作りしませんか?

最近では、ペットショップでもインターネットを見ても、いろんなデザインの犬用のハウスが売られてます。
でも、自分の手作りしてみるっていう手もあるのです。
DIYが得意であれば、ご自宅のリビングのインテリアに合わせ、犬用のハウスもおしゃれにインテリアの一部にしてしまうこともできます。

そして、自分で作る利点は、犬の性格に合わせたり、例えば、犬種や被毛の色に合わせてもハウスを手作りできます。
もちろんこだわりだせば、いくらでも豪華な凝ったハウスが作れますが、手作りのいいところは、アイディア次第で100円ショップで売っている材料だけでも十分、犬が快適に過ごせるハウスを作れます。

まとめ

いかがでしょうか?犬がゆっくり家で落ち着くためには、どんなに大好きな室内でも、自分の居場所(ハウス)があると、さらにのんびりと居心地良く過ごせるようです。
ご自身の愛犬のサイズに合わせて、いろいろ検討して見て、1番良さそうなものを選んでくださいね。