梅雨のシーズン。犬にレインコートを着せよう!

私たちにとっても、ジメジメして鬱陶しい季節「梅雨」犬たちもきっと嫌いなはず。なぜなら、大好きな散歩ができなかったり、濡れるのが嫌いな犬にとっては梅雨時期は最悪です。そんな憂鬱な雨の日。少しでも飼い主さんと犬が楽しく散歩できるように、工夫してみませんか? 

少しでも犬が濡れないように「レインコート」

雨の日は散歩なしという犬もいますよね?超小型犬や小型犬なら、たまの雨の日に散歩をしないこともアリでしょう。ただ梅雨時期のように、毎日毎日雨の日が続くと、散歩に行かないと言い続けるわけにも行かなくなったりします。

小雨のうちにささっと行ってみたり。そして、タイミング悪く、出てしばらくすると本降りの雨になったりすると、一気に疲れてしまいます。そこでもし、犬がレインコートを着ていたら、足先や顔は濡れてしまうかもしれませんが、体のほとんど濡れなくて済むようになり、家に帰ってから、飼い主さんが犬の手入れも楽になりますし、犬の方も、毎回全身濡れることがないので、ストレスの軽減になります。

レインコートの種類

犬のレインコートには、様々な種類があります。まず形からいうと、ポンチョ型、パンツなしのジャケット型、四つ足に全て袖があるつなぎタイプのレインコートとあります。
そして素材も年々新しいものができてきて、レインコートなので、どれもウォータープルーフなのは変わりませんが、シャカシャカ音のするレインコート定番のナイロン素材のものから、シャカシャカという音に、犬がストレスを感じないように、音がしない素材のレインコートというものまであります。

まず、ご自身の犬が洋服を着ることに慣れているのであれば、どんなデザインでも抵抗なく着られると思いますが、洋服を着たことがなかったり、どっちかというと苦手という犬には、脱着が簡単なポンチョ型をおすすめします。できるだけ雨から守りたい場合は、つなぎタイプが間違いないです。最近は、つなぎに帽子付きというのもあり、頭まで完全に守られるものがあります。

裁縫が得意なら、オリジナルのレインコートはどうですか?

ペットショップやインターネットでも、探してみると、犬用のレインコートはかなりデザインも生地も豊富にあることがわかります。確かにサイズも豊富にあるのですが、どの犬にも完璧にフィットするわけでもなさそうです。
特にレインコートは性質上、伸縮性がないものが多いです。なので、少しでも小さすぎるとお腹周りのマジックテープが留まらないなど、問題発生することがあります。逆に大きすぎてカポカポでも犬が歩くづらいですよね。そんな時、飼い主さんご自身、裁縫が得意なのであれば、思い切って自分で手作りしてしまうこともできるのです。

最近では、犬の洋服の型紙をネットで検索することもできますし、思い切って購入することもできます。あとは、100円ショップなどで売っている安い犬の洋服を買って来て、それをバラして型紙にしてもいいですよね。手作りができるのであれば、ベストなサイズでしかも、お気に入りの生地で作ってあげることができます。

おすすめレインコート

いろいろあるレインジャケットですが、数点おすすめをご紹介します。

レインコート初心者犬には「ポンチョ」レインコート

レインコートに慣れていない犬は、伸縮性がないレインコートを着せるには、ややハードルが高いことがあります。でも、ポンチョ型のレインコートなら、腕を通させたり、足をあげさせたりという面倒な動作がなく、上からかぶせて、マジックテープで留めるだけなので、犬も飼い主さんも負担なく利用できます。 「ポンチョ レインコート」

パーフェクトな犬のレインコート

こちらのレインコートは、まず首と袖を通すだけで、着用できる簡単な作り担っています。とにかく、犬が快適に着られるような工夫がいたるところにされています。生地はレインコート特有のシャカシャカ音がならないような記事が使われています。また、顔も極力濡れないように、スヌード式になっていて、すっぽり頭をカバーすることができます。 「パーフェクトなレインコート」