愛犬が誤飲してしまった!!対処方法とは?

犬の誤飲の原因で多いのは!?

子犬の時期の誤飲が最も多い?

犬の誤飲で動物病院に駆け込む飼い主さんは少なくありません。

子犬の時期に最も誤飲が多いと言われています。

好奇心旺盛で知らないことが多い子犬は、何でも口に含んでしまうため誤飲してしまうケースが多いようです。

他にも、ダイエット中の犬にも誤飲が多い傾向にあるようです。

愛犬の誤飲を防ぐには

犬の誤飲は、おもちゃの一部や靴下、石・砂、人用の薬、犬が食べてはいけない食べ物など、場合によっては命を落としかねない物を誤飲してしまうというケースも少なくはありません。

愛犬が誤飲してしまうことは、飼い主の不注意とも考えられますが、誤飲しないように気を付けていたのに誤飲してしまったという事も多くあります。

ちょっと目を離した隙に、取り出そうとしたら飲み込んでしまったなど、全てが飼い主の不注意というわけではないようです。

それだけ犬は口に物を含んでしまう動物だということをきちんと理解して、誤飲しないように細心の注意を払う必要があります。

犬が誤飲してしまった時の症状とは?

誤飲してしまった時に見せる犬の症状として多いのが、食欲不振や下痢、嘔吐、呼吸困難などがあります。

犬が何を誤飲してしまったのか、飲み込んだものがどこまで到達しているのかによっても症状が変わります。

例えば、おやつなどが食道で詰まってしまうことで呼吸困難になったり、おもちゃが胃に達してしまって嘔吐する、

食べてはいけない食べ物を食べた際には中毒による腎不全などになることもあります。

誤飲の症状で意外に多いのが、無症状というケースです。

しかし、後から症状が出てくることがあり得ます。

無症状だからと放っておくと、誤飲したものが腸にまで達してしまい腸捻転や腸閉塞を起こすこともあります。

無症状だからと言って大丈夫だろうと自己判断せず動物病院に相談するようにしましょう。

誤飲してしまった時の応急処置

犬が誤飲してしまった場合には、基本的にはすぐに動物病院に相談するようにしましょう。

しかし、夜間などすぐに診てもらうことができない場合や呼吸困難に陥っている場合など、応急処置をする必要があることも出てきます。
そういった万が一のために、応急処置の方法を知っておきましょう。

誤飲の応急処置① 異物が犬ののどに詰まっている場合

犬は呼吸困難になりますので、すぐに気道を確保してあげる必要があります。

落ち着いて処置をしてあげましょう。

まず、犬の体を固定します。

犬の口を開いて舌を出し、懐中電灯などの灯りで中を照らしてみましょう。

異物が見える場合は、ピンセットなどでゆっくり取り出してあげます。

取り出せない場合には、犬の足の付け根を持ち、逆さに持ち上げ背中を叩いて異物を押し出す方法や、犬を横向きに寝かせ肋骨の下を押し上げるように圧迫する方法があります。

それでも取れない場合には、細長い棒などで異物を胃の中に押し込んで、気道を確保する方法があります。

誤飲の応急処置② 犬が誤飲したものを吐かせる方法

犬が玉ねぎやチョコレート、梅の種などを誤飲した場合、自宅で吐かせる対処法があります。

必要な物は、オキシドール、トラネキサム酸、塩のいずれかです。

オキシドールは溶液3%体重1kg当たり1~2mlで水に薄めたものを、トラネキサム酸は、止血剤として承認されている医薬品で犬の体重1kg当たり20~50mg、塩は海水濃度の食塩水(水100mlに3gの塩)を飲ませると嘔吐を誘発することができます。

しかし、食塩水は塩中毒になってしまう可能性などもあります。

これらの処置は基本的に、かかりつけの獣医師の指示のもと行うようにしましょう。

犬の誤飲について まとめ

犬の誤飲は、犬の性質上起こりやすい事故です。

命に関わることもあるので焦ってしまいがちですが、焦らず落ち着いて対処しましょう。

そして誤飲させないためにも、危険なものは届く場所に置かない、おもちゃで遊んでいる時には目を離さないなど細心の注意を払いましょう。