「犬とぬいぐるみ」ベストコンビネーション

様々ある犬のおもちゃですが、飼い主のみなさんがつい買ってしまうのは、「ぬいぐるみ」ではないでしょうか?噛んだり振り回したり。犬はテンション高く、楽しそうに遊んでくれます。遊び疲れたらぬいぐるみと一緒にお昼寝なんて、どっちがぬいぐるみかわからないくらいかわいいですよね。犬にぬいぐるみをあげるとき、どんな注意が必要でしょうか?

犬にぬいぐるみをあげたい!どんなものがいい?

犬にぬいぐるみを選ぶとき、まず、考えなくてはいけないのは、人にあげるぬいぐるみと違い、デザインだけではなく、安全性を考えてください。
例えば目や鼻など、プラスチックで出来ていて、簡易的に縫ってあるものだと、犬は簡単に引きちぎってしまい、飲み込んでしまう可能性があります。できれば、噛み切れるプラスチック製のパーツがついていないものが安全です。
また、毛がふさふさしているものも、犬が大量に飲み込んでしまうことがあるので気をつけましょう。いろいろな素材のぬいぐるみがあります。
柔らかい感触のものを好む犬が多いようですが、噛んだり振り回したりすることが多い犬であれば、少し硬い丈夫な素材をおすすめします。

犬にぬいぐるみ。噛み癖がつく原因?!

犬によっては、ぬいぐるみを与えたとき、楽しくて楽しくて咥えて、振り回し、また咥えてというふうに、嬉しくて破壊的に遊ぶ犬もいます。そんな犬の行動を放置すると、最悪、人にも噛みつくようになる可能性があると指摘されることがあります。
犬の社会化がしっかりできていて、飼い主さんとの信頼関係が築けていれば、そういったことになるケースは本当に稀なことだと思います。
ただ、ぬいぐるみを目の前にすると、狂ったように興奮するとかいう場合には、犬だけで遊ばせるのではなく、飼い主さんと一緒に遊ぶようにし、興奮がマックスにならないようにコントロールしながら遊ぶようにしましょう。

犬が偽妊娠で、ぬいぐるみが赤ちゃんに?!

女の子の犬を飼っている飼い主さん限定情報になりますね。女の子犬は、発情期が終わった後、本当は妊娠していないのに、実際妊娠したかのような「偽妊娠」になることがあります。
これは、雰囲気だけがそうなるわけではなく、本当にお腹が膨らんできたり、乳腺が腫れてくるんです。そして1番厄介なのが、ぬいぐるみなどを自分の赤ちゃんと錯覚して、抱いて離さなくなります。 この場合の抵抗は、普段の好きなものを取られたくて抵抗する時とは全く違う抵抗なので、すぐにわかります。

飼い主さんにしたらびっくりだし、このままぬいぐるみを与えておいていいのかどうか悩むところですが、無理に取り上げ、切ない思いをされるよりなら放置していても問題はありません。偽妊娠は、短期間のもので、いずれ何もなかったかのように普段通りに戻ります。

性別関係なくマウンティング?!

マウンティングと聞くと、男の子の犬に限ったことのように思いますが、女の子でもするんです。性的な意味がある場合ももちろんありますが、それだけではなく、強さを誇示するためだったり、支配欲や、単純にストレス解消のためだったりと理由はいろいろです。

ぬいぐるみにしている分にはいいかと放置していては危険です。そのうち、マウンティングがクセになってしまったら、人相手にするようになるかもしれませんし、外に出て、ドッグランなんかで、他の犬にするようになったら大変です。
ぬいぐるみ相手にマウンティングをするそぶりを見せたら、その都度やめさせて、クセにならならないようにさせましょう。