ダブルコートの柴犬。半端ない抜け毛のブラッシング法


犬の被毛、ダブルコートってなに?

犬の被毛には、シングルコートとダブルコートとあります。
シングルコートとは、アンダーコート(下毛)を持たない被毛のことを言い、ダブルコートとは、オーバーコート(上毛)とシングルコート(下毛)両方持つ被毛のことをいいます。

柴犬のようにダブルコートの犬は、アンダーコートの量を調整することで体温を調整しているので、季節ごとに換毛期といって、被毛が生え変わる時期があり、その時の抜け毛は注意しないとすごい量になります。

柴犬にブラッシングが必要なわけ

ご紹介したように、柴犬はダブルコートの犬種です。
普段でもダブルコートの犬は、シングルコートの犬に比べ、抜け毛は多いです。

特に換毛期である、春と夏(冬の毛から夏の毛に生え変わり。
夏の毛から冬の毛に生え変わり)は抜け毛対策をしないと大変です。
たまに、柴犬を見ると、体の被毛がスムーズではなくボコボコまだらになっているのを見かけたことがありませんか?
あれは、毛の生え変わりでなる現象なのです。
ああいう見た目にならないためにも、ブラッシングが必要なのです。
柴犬へのブラッシングは、換毛期に関わらず、子犬の頃から慣らす意味も込めて、毎日してあげるようにしましょう。

そうすることで、室内飼いの場合、少しでも室内に散る抜け毛を軽減することができます。
また、柴犬は皮膚疾患を起こしやすい犬でもあります。
ブラッシングをすることで血行を良くし、皮膚を健康に保つ助けにもなります。

柴犬のブラッシング方法

では柴犬のブラッシング。
具体的にはどうしていくかといいますと、準備するのはスリッカーブラシとコームは必須です。
場合により、ファーミネーターというアンダーコートを抜く道具を使います。

順番は、スリッカーから先に使います。
スリッカーは触ると分かりますが、1本1本が針金のようになっているので、皮膚を傷つけないように、犬の体に平行になるように使いましょう。
スリッカーの次はコームを使います。
コームでは、頭や足、お腹など綿毛が少ないところを重点的にブラッシングします。

そして、室内飼いしているとどうしてもきになる抜け毛。
スリッカーとコームだけでは心配という飼い主さんへは、ファーミネーターの利用をおすすめします。
スリッカーとコームでのブラッシング後のファーミネーターは、簡単にアンダーコートの処理ができます。

ここまですると、ある程度の抜け毛は処理することができるのではないでしょうか。

まとめ

柴犬のような、ダブルコートの犬を室内で飼う場合、ブラッシングは本当に重要になります。
わざわざドッグサロンでトリミングなどが入らなくて楽な分、家でのブラッシングが必要です。

そして、毎日ブラシングをしていても、やはり室内に抜け毛は気になります。
どんなに掃除してもゼロにはありませんが、可愛い柴犬のためです。
コロコロを利用したり、掃除しやすい家具配置にするなどの対策をしましょう。