柴犬にも涙やけってあるの?


そもそも涙やけってなに?

涙やけというのは、なにかしらの原因で、常に涙が目から溢れている状態になり、目の周りの被毛が涙で常に濡れている状態になります。
そこに、バクテリアや細菌が繁殖し、被毛を変色させてしまうことです。

これは、色の変化が白色や明るい被毛の犬だとわかりやすいというだけで、茶色や黒色などの被毛の犬にも起こることで、ただ目立つか目立たないかの違いです。

涙やけの原因って?

犬の涙やけってなぜ起こるのでしょうか?原因はいくつかあるとされていますが、先天性の問題として、鼻涙管が詰まっているせいで、涙がうまく排泄されずに目から溢れているということがあります。

それ以外には、食物アレルギーなどの反応で起きる場合、マラセチアにかかってしまってなる場合、角膜炎や結膜炎などの目の炎症からきている場合等考えられます。

柴犬の涙やけ。
変色部分は容易にカットしないで!

涙やけで変色してしまった被毛は、元の色には戻りません。
切るしかなくす方法はありません。

ただ元の原因を解決しないまま、変色部分の被毛をカットしても、涙は流れたままなので、結局新しく生えてくる被毛も変色してしまいますし、カットしてしまっている分、涙で濡れる範囲が広がる可能性があり、結果、変色部分も広がってしまうことがあります。

見た目的にもカットしてしまいたい衝動に駆られますが、まずは原因解決が先決ですので、カットは我慢しましょう。

柴犬の涙やけ。
どうしたら治る?

柴犬の涙やけに気づいたらまず、原因を突き止めるため、獣医さんの診断を受けましょう。
先天性の問題なのか、アレルギーや目の炎症なのか、原因によって、対策は異なります。

アレルギーの場合だと、何にアレルギー反応を起こしているのか、見つけ出すにはかなりの根気を要しますが、1つ1つずつ調べていくか、多少高額にはなりますが、血液検査でアレルギーテストができます。

そして、その犬に合ったフードを与え、新しく生えてくる被毛が涙やけなくきれいな被毛かどうかをチェックします。
目の炎症の場合は、それに対しての薬の処方で比較的簡単に治るでしょう。

鼻涙管が詰まっている場合には、涙管を洗浄するという方法がありますが、全身麻酔が必要になるのと、洗浄しても、結局また詰まるということが少なくないようなので、獣医さんへ相談が必要です。

柴犬の涙やけ、対策できることは?

柴犬の涙やけですが、できないことに越したことはありませんが、もし、できてしまった場合、まずは獣医さんに診てもらうことが基本になります。
原因が明らかで、治療可能なのであれば、原因が解決するのと同時に涙やけもよくなっていくでしょう。

あとは、涙やけにならない対策として、顔まわりの清潔を心がけることと、やはり食べ物に気を遣うようにしたいですね。
どうしてもその犬に合わない食事を続けると、アレルギーの原因にもなりますし、食べ物によっては、犬が脂性になってしまいます。