柴犬の爪切り講座

みなさん、愛犬の爪切りはどうしていますか?病院やトリマーさんにお願いして、爪切りしてもらっているとかでしょうか?屋外犬や、毎日外を結構な距離歩くような犬であれば、爪切りはさほど重要じゃないかもしれませんが、室内犬は、やはり定期的に切ってあげないと伸びてしまいます。伸びすぎるとどうなるの?爪切りはどうやってするの?など、今回は柴犬の爪切りを紹介していきます。

柴犬に爪切りは必要?!

柴犬は、小型犬に分類されます。特にまめしばと呼ばれる通常の柴犬よりも更に、小さい個体もいます。でも、柴犬はただの小型犬ではありません。
チワワやヨークシャテリアのような小型犬は、犬なので運動は必要ですが、さほど神経質にならなくても、軽い散歩で十分だったります。ただ柴犬は違います。もちろん個体差はありますが、どの他の小型犬よりも運動するかもしれません。
そのため常に外を走り回ることで、爪は自然と削られ、場合によっては、爪切りは必要ないなんてことも柴犬によってはあり得ます。が、最近の柴犬たちは昔と違い、基本、室内飼いをしています。

もし、ご自身の柴犬が外を歩いていても、あまり爪が削れることなく歩いているのだとしたら、爪切りを放置してしまうと、伸び放題になってしまいます。
そうなると最悪、爪が肉球を傷つけたり、うまく歩けず怪我をする原因にもなります。なので、いっぱい運動させているからと安心せず、月に1回は爪のチェックをしてあげてください。

柴犬の爪切りの方法

犬の爪は人のものと違い、爪の中を血管や神経が通っています。なので、間違って切り過ぎてしまうと、その血管や神経を切ってしまい出血してしまうのです。白い爪の犬ならば、どこまで血管や神経が通っているか透けて見えるので、切れる目安はわかりやすいのですが、柴犬の爪は真っ黒なので全くわかりません。
そのため、最初からざっくり短く切ろうとするのは危険です。まず、犬用の爪切りを準備します。そして、犬が動かないように小脇に抱えるようにして固定するか、誰かにサポートをお願いし、爪切りの時に動いて怪我させることがないように準備します。
次に、爪切りをする犬の肉球を軽く押してみましょう。指がそれぞれ広がり、爪がよく見えるようになります。そこで爪をパチンと少しだけ切ってみます。

切った爪の面を見て見て、乾燥しているようならまだもう少し切れます。湿ってきているようなら血管や神経が近いのでそこで終了です。爪切り後は、ヤスリで滑らかにするようにおすすめします。
爪切り後のシャープな爪のままで、犬が自分お身体を掻いたりすると皮膚を傷つけることがありますし、お宅がフローリングであれば、床を傷つけることも場合によりあります。

うちの柴犬、どうしたら爪切りに慣れてくれる?

おそらくどんな犬も、爪切りは嫌いなのではないでしょうか。好きだという犬はいないように思います。やはり手足を固定され、パチンと鳴る爪切りは恐怖なのかもしれません。
まずは嫌がらないように慣らすためには、子犬のうちからどこを触られても平気なようにすることと、爪切りの道具にならすことでしょう。

また、1度でも嫌な思いをさせてしまうと、以降、犬は本当に怖がるようになってしまいますので、初めての爪切りは、獣医さんやトリマーさんなどプロの手を借り、爪切りは怖くないということを覚えさせることも方法です。
そして、一気に全ての爪切りをしようとせず、1週間かけて少しずつ切るようにすると、犬の負担も少ないでしょう。慣れるまでの爪切りは、短時間で済ませ、長期で終わらせるようにします。