犬のリードの必要性とは!?リードの種類や選び方


犬用リードの必要性とは?

犬をリードに繋ぐことを「行動を制限してかわいそう」だと考える人がいます。

しかし、犬にリードを繋ぐことはは単に行動を制限しているわけではありません。

リードは、犬の逃走を防ぐ意味もありますが、何よりも愛犬を危険から守る役割を果たします。
好奇心旺盛な犬は、散歩中に気になる物があれば道路に飛び出したり、落ちているものを口に入れようとしたりします。

そんな時にリードで行動を制限することで、危険から守ることができるのです。

犬のリードの種類

リードの種類は、目的によって使い方が違うため愛犬との生活スタイルによって必要なものを選ぶようにしましょう。

犬のリードの種類① スタンダードリード

一般的なリードで、ループ状の持ち手と、愛犬の首輪に繋げるための金具がついているリードです。

犬のリードの種類② 伸縮性リード

スタンダードリードよりも長く、紐が手元で格納されていて長さを自由に調節できるリードです。

公園や河原など、ある程度犬を自由に走らせることができる場合などに活用できますが、長く使用する際は周りに注意しましょう。

犬のリードの種類③ マルチファンクションリード

マルチな使い方ができるリードで、長さの調節のほかに、愛犬をどこかに繋げておきたい時にループを作ったり、飼い主がたすき掛けのようにすることができるものです。

犬のリードの種類④ トレーニングリード

5m~30mほどの長さのリードで、名前の通り犬をトレーニングをする際に使うのに適しています。

愛犬とボール投げをする時などにも向いています。

ただし、長さがあるので周囲の人に迷惑にならないように気を付ける必要があります。

犬の大きさでのリードの選び方

リードを選ぶ際には、種類のほかに犬のサイズでも注意しましょう。

小型犬よりも大型犬の方が引っ張る力が強いため、小型犬用のリードを使った場合、リードがちぎれてしまうこともあります。

大型犬には丈夫なリードを

大型犬には、紐が太く丈夫で、首輪に繋げる金具がしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

また、引っ張られた力によってリードが手から滑って取られないよう、滑りにくくコントロールしやすい素材のものを選ぶと良いでしょう。

犬がリードを嫌がる時の対処法

リードを嫌がる犬は少なくありませんが、リードがないと外に連れ出すことができません。

そのため、子犬のころからリードには必ず慣れさせる必要があります。

しかし、犬を無理に繋ごうとするのはやめましょう。

まず、体を撫でながらリードに触れさせてみましょう。

犬がリードに興味を示せばおやつをご褒美として使っても良いでしょう。

次のステップは、犬をリードに実際に繋いでみてみましょう。

少しの時間から始め、徐々に時間を伸ばしていきましょう。

また、リードには慣れているけれどリードを噛んでしまう犬がいます。

散歩が楽しくて興奮して噛んでいるようであれば叱ってしつけましょう。

ストレスで噛んでいるようであれば、叱らずリラックスさせてあげるようにしましょう。

犬のリードについて まとめ

愛犬を守るために必要なリード。

しかし一概にリードとは言っても、シーンによって適したリードの種類があります。

また、デザインもたくさんあるので、首輪とお揃いにしたりして愛犬のおしゃれとしても楽しめますよね。