柴犬を自分でトリミング!?柴犬のセルフカットの方法をご紹介

柴犬にもカットが必要なの?と思われる人も少なくないかもしれません。 確かに柴犬は短毛の犬種なのでトイプードルやヨークシャーテリアのような全身カットは必要ありませんが、汚れやすい肛門周りや足裏の部分的カットをした方が良いしょう。 トリミングサロンを利用しても良いですが、自宅でも簡単にできちゃいます。 今回は自宅でできる柴犬のトリミング・セルフカットを紹介します。

柴犬のトリミングに必要なもの

柴犬のお手入れに必要な道具と使い方を紹介します。

柴犬のトリミングに必要なもの① スリッカーブラシ

長方形に曲がったピンが植えこまれた金属製ブラシです。

抜け毛の多い柴犬には必須アイテムで、ブラッシングをする前の最初に行い抜け毛やゴミなどを取り除いたり、毛玉を解くときに使います。
力を入れすぎず毛を解かしましょう。

利き手に持ち、もう片方の手はブラシを当てる周りの皮膚を抑えましょう。

ほこりや抜け毛が絡んでいる場合、毛が引っ張られて柴犬に痛い思いをさせてしまうので、毛先から徐々に根本にかけてブラッシングしましょう。

柴犬のトリミングに必要なもの② コーム

細かい目と粗い目が半分ずつになったクシです。

スリッカーブラシの後に使うアイテムで、毛並みを整えるときに使います。
根元からゆっくり水平にコームを通すように使います。

もつれがある場合は、強引に通さず優しくほぐしながら横に割くようなイメージで通しましょう。

柴犬のトリミングに必要なもの③ 獣毛ブラシ

毛艶を出すために使うブラシで仕上げに使います。
軽く滑らす程度で全身かけてあげましょう。

柴犬のトリミングに必要なもの④ バリカン

犬用のバリカンです。

肛門周りはデリケートな部分なので、ハサミよりもバリカンで刈る方が安全でおすすめです。

柴犬のセルフカットの仕方

それでは、今回はバリカンを使ったセルフカットの仕方を紹介します。
まずは、スリッカーブラシ、コームの順に毛を整えてキレイにシャンプーしておくと良いです。

柴犬のセルフカットの仕方① 足裏

バリカンをかける前に柴犬の足裏についている汚れやほこりなどを取り除きキレイにしておきます。
柴犬を寝かせることができれば寝かせた状態で、寝かせることができないようであれば、立たせた状態で体を固定し関節に従い足を折りたたむように持ちます。

必要であれば2人がかりで行いましょう。
足先から上に向けてかけていきます。肉球と肉球の間の毛を刈る時は、真ん中の大きな肉球を押し広げるイメージで持ちバリカンの刃の端を使うと綺麗に刈ることができます。

表面の毛がすっきりすれば完成です。

柴犬のセルフカットの仕方② 肛門周り

柴犬を立たせた状態でしっぽを上にもちあげます。

基本的にバリカンはサッと撫でるように優しく当てましょう。
バリカンを縦に持ち、肛門の横端から外に向かって1cm程度サッとと撫でるように当て、反対サイドも同様に行います。

次にその周りの長い毛を軽く刈るだけで完成です。

最後にもう一度ブラッシングをして切った毛を落としたら、獣毛ブラシで艶だしをして完成です。

忘れずに合わせてケアしましょう

セルフカットと合わせて、柴犬に爪切りや耳掃除、肛門腺絞りなどのケアも忘れずに行ってあげましょうね。
肛門腺絞りはコツが必要なのでできない場合は定期的に動物病院やトリミンぐサロンで行ってもらいましょう。

柴犬のセルフカット まとめ

柴犬のセルフカットについて いかがでしたか。
柴犬は体のケアを嫌う子が多いので、セルフカットをするのであれば時短になるバリカンを使ってあげることでストレスを減らしてあげることができますよ。