柴犬のお風呂タイム~必要なものと入れ方~

柴犬は短毛の犬種なので、トイプードルやマルチーズなどと比べ比較的お手入れは楽な方ではありますが、定期的なシャンプーは必要です。しかし、お風呂嫌いの柴犬って案外多いですよね。 今回は柴犬のお風呂の入れ方を紹介します。

柴犬のお風呂について

柴犬がお風呂に入ることは、体についた汚れを落とすだけでなく、ノミやダニなどを取り除くことで柴犬に多いアレルギーケアにも大きな役割を果たしてくれます。
柴犬のお風呂の頻度については、月に1~2回、夏場だと2~3回を目安にシャンプーをしてあげましょう。

あまり多い頻度でシャンプーしてしまうと必要な皮脂まで洗い落してしまうことになりますので、気を付けましょう。

また、シャンプーを使わないのであれば特に制限はないので、柴犬の体が汚れてしまった場合にはシャワーやお風呂で汚れを落としてあげると良いです。
また、柴犬は体をベタベタ触られるのがあまり好きではなく、お風呂嫌いの子が多いようです。

無理やり入れると更にお風呂が嫌いになってしまいますので、決して無理には入れずリラックスして入れるように工夫してあげましょう。

柴犬が子犬のころからお風呂に慣れさせておくことが一番良いでしょう。

柴犬のお風呂について 必要な道具

柴犬をお風呂を入れる際に必要な道具は、

  • ブラシ
  • タオル
  • 犬用シャンプー・リンス
  • ペット用バスタブ(人用でもOK)
  • です。

これらの道具は、お風呂に入れる前に全て準備して、シャンプー後に慌てなくても良いようにしておきましょう。

柴犬のお風呂の入れ方

お風呂に入れる前に、ブラッシングで抜け毛やフケなどを取り除き、毛の絡みは解いて整えておきましょう。

柴犬のお風呂の入れ方① シャワーの当て方

シャワーのお湯の温度は35℃前後のぬるま湯で流していきます。
まず、柴犬がびっくりしないように後ろ足からお尻にシャワーを当てていき、肛門腺絞りができる場合には、先に肛門腺絞りをして洗い流しておきましょう。
次にお尻から体にかけて徐々に前へ濡らしていくことで柴犬がシャワーを怖がることを慣らしてあげることができます。
柴犬の毛は撥水性が高いため、シャワーヘッドを体に密着させてヘッドを持っていないもう片方の手でお湯が皮膚にまで行きわたるように濡らしていきましょう。

顔部分は少しずつ湿らしながら汚れを取っていくようにしましょう。

スポンジがある場合には、スポンジを使っても良いでしょう。

柴犬のお風呂の入れ方② バスタブでの温浴

バスタブでの温浴は血行促進などに効果があるのは柴犬にとっても同じですが、本来お風呂に入る生き物ではないので嫌う柴犬が多いです。

無理に温浴させようとせず、温浴が好きな場合だけさせてあげると良いでしょう。
30~35℃前後のお湯を張ったバスタブで、呼吸が粗くなってきたらすぐ出してあげるようにしましょう。

柴犬のお風呂の入れ方③ シャンプー・リンス

素早くシャンプー・リンスをしてあげましょう。

基本的には、顔から順に前から後ろへ、上から下への順で洗いますが、シャワー同様に苦手な柴犬の顔から遠いお尻から前へと後ろへ順番に洗っていくと良いです。
柴犬は毛量が多いので2度洗いするのがおすすめです。

しかし、シャンプー嫌いの子は無理して2度洗いしようとせず、シャンプーに慣れてきたようであれば2度洗いに切り替えるようにしましょう。
リンスも同じ手順で体全体になじませていき、最後は毛並みに沿ってシャワーをしっかりと当てて流していきましょう。

この時にリンスやシャンプーが皮膚に残っているとアレルギーなど皮膚に異常が出ることがありますので、皮膚にまでお湯を行きわたらせて落としていくようにしましょう。

柴犬のお風呂について まとめ

柴犬の体を清潔に保ち、健康を守る役割もあるお風呂です。
少しでも柴犬がリラックスできるようたくさん話しかながら入れてあげるようにしましょう。

お風呂にまた入れ終わったあとは、柴犬をたくさん褒めてあげることも忘れずにしてあげてください。