犬用のケージとは?種類と選び方

Contents


犬用のケージとは?

豆柴

犬用のケージとは、ハウスに代わるものです。

よく誤解しがちなのがサークルとケージの違いですが、いずれも室内犬のハウスと代わるものではあり、サークルとケージのどちらかを準備することがほとんどです。

サークルは床板と網目の壁があるもの、ケージは天井まで網目があるものを指します。

さらにケージは組み立てた状態や折り畳んだ状態で持ち運びができることが特徴とも言えるでしょう。

また、犬は本来巣穴で生活していた生き物なので、天井があるケージは巣穴の環境に近くリラックスしやすいかもしれませんね。

ケージを使うことはしつけにも有効です。

悪いことをすればケージに入れるなどをして主従関係をはっきりさせることができるアイテムの1つとなります。

犬用のケージの使い方

犬用のケージを犬の安心できるテリトリーにする

犬用のケージは、犬にとって、そこにいれば安全でホッとできる場所でなければいけません。

そのため私たちがすることは、

  • 犬用のケージは家族がくつろぐ場所に設置
  • 犬用のケージにはお気に入りのブランケットやベッドを設置
  • ケージ内の気温に注意する(夏はクール空間を。冬は暖房グッズを利用)
  • 留守番などの時以外は、入口は開けっ放しにしておく

などの工夫が必要です。

犬はとにかく家族といることが幸せと感じます。

幸せを感じながらも、一人リラックスしたい時もあります。

リラックス=静かで誰もいない場所ではありません。

家族の顔や声が聞こえる部屋のコーナーなどが落ち着くようです。

また、犬用のケージの床は基本的にプラスチックやスチールなどの素材でできていることが多く、長時間寝そべるには居心地がいいとは言えません。

お気に入りのブランケットやベッドがあれば、何時間だってお昼寝ができてしまいます。

そして忘れていけないのは、暑い夏の日は少しでも快適に過ごせるよう、寝床に冷感ブランケットを使ったり、エアコンでちゃんと冷える場所にケージを設置しましょう。

逆に冬は、防寒グッズを使い、犬を寒さから守りましょう

犬に留守番をしてもらう時などは、広い部屋に放置するよりも、犬用ケージに入れて出かけた方が、犬も安心できます。

その際は、犬用ケージの扉を閉めて出かけることになりますが、普段は開けっ放しにし、犬が自由に出入りできるようにすることをおすすめします。

その方が犬自身、閉じ込められるという感覚ではなく、自分の基地に好きなときに戻るという開放感を感じることができ、犬用ケージを好きになることでしょう。

犬用のケージを使い、トイレトレーニング

犬用のケージは犬の快適空間になる他、トイレトレーニングの場にもなります。

自宅に子犬を迎え、すぐに室内で放し飼いはNGですよね。

いたるところに粗相をされ、しつけに大変時間がかかってしまいます。

簡単に短時間でトイレトレーニングを終わらせるためにも、犬用ケージを使います。

囲まれた空間を生活の場にすることで、トイレがどれかということを学習しやすくなります。

◆犬用のケージを使ってトイレトレーニング方法

  1. 犬用ケージの中には水、寝床、トイレトレーを設置します。
  2. それ以外のスペースにも全てトイレシートを敷き詰めましょう。
  3. 基本的にトイレを覚えるまでの間は、犬用ケージの中での生活にします。
  4. 水と寝床以外全てにトイレシートを敷くことで、どこでトイレをしても成功です。
  5. トイレを成功させたら、思い切り褒め、ケージの外に出して遊んであげましょう。
  6. トイレを成功するごとにトイレシートを減らし、失敗したら増やします。

最終的にトイレトレーだけが残れば終了です。

犬用のケージの選ぶときのポイント

犬のケージの選び方は、愛犬にとってリラックスできる場所になるかということを念頭に選びましょう。

単に広ければ良いというものではなく、広すぎると逆に安心できない場所になってしまいますし、狭すぎると犬に窮屈な思いをさせてしまいます。

ベストなサイズは、成犬時の大きさを考えて、楽にUターンができる大きさのもの、天井は十分なゆとりがあるものを選びましょう。

また、犬は基本的に綺麗好きなので寝床から離れた場所で排泄します。

ケージの中にトイレを設置する場合には、トイレスペースと寝るスペースが区切られたものや十分な広さのあるケージを選ぶようにしましょう。

一番おすすめなケージの使い方は、ケージを寝床として扉は解放し、その近くにトイレを設置することですが、ケージの種類や家の広さなども関係あるので、愛犬が快適に過ごせる環境と家の作りを考慮して配置すると良いでしょう。

犬用のケージの種類

最近ではケージの種類もたくさんあります。

掃除がしやすくなるよう天井の取り外しができるものや、デザイン性の高い木製ケージ、室内で移動しやすいキャスター付き、トイレスペースとの仕切りのあるケージなど様々です。

目的や、家の作り、飼育方法などの使い勝手の良さや、暮らし方を考えて犬用ゲージの種類を選ぶと良いでしょう。

愛犬にケージのトレーニングをしよう!

ケージに入らない、嫌がるという場合にはトレーニングをしましょう。

無理やり入れるとリラックスどころか嫌いな場所になってしまう可能性があります。

愛犬がケージに良いイメージを抱かせるよう工夫しましょう。

ケージの扉は開いたままにしておき、食事やおやつをケージの中で与えたり、お気に入りのおもちゃなどもケージに置いておくなどをしてケージに興味を引くように仕向けます。

犬が自分でおもちゃやおやつを取りにケージに入るタイミングで「ハウス」と言い、入れたら褒めてあげましょう。

慣れてきたらケージの扉を閉めて閉じ込めておく時間を少しの時間から徐々に伸ばしていきましょう。

犬用のケージの価格相場

犬用ケージは、大きさ・デザイン・素材によって価格はだいぶ変わってきます。

ベーシックなスチール製のケージで、小型犬用で3,500円〜あり、大型犬になると6,000円〜になるようです。

そして、木製のケージとなると1番小さいサイズでも2万円以上〜という価格相場になります。

価格は張りますが、木製のケージの場合、犬の檻という感じが全くなく、温かみがあり、部屋のインテリアの1つとして馴染み、おしゃれな空間になるため、いかにもケージという見た目が嫌な人には木製のケージをおすすめします。

また最近では、持ち運びOKな折りたたみ可能なソフトケージというものがあります。

室内でも屋外でも使え便利なものになり、Mサイズで3500円〜の価格相場になります。

犬用のケージのおすすめ商品紹介

犬用ケージおすすめ①ベーシックなスチール製犬用ケージ

サイズ展開も豊富で、M〜XXLから選べます。

大きいサイズでゆったり犬のスペースとして使いたい場合は、小型犬でもわざとXLやXXLを選ぶということも方法ですよね。

折りたたみ式なので、移動も簡単にできます!

一般的なケージで、何よりもケージの中でも比較的安価なのがうれしいです。

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用ケージおすすめ②シンプルモダンな木製の犬用ケージ

この犬用ケージの特徴は、周囲3面と天井がボードで覆われていて、1面だけが格子になっています。

そのため、犬は穴倉に入っている感覚でゆっくり休むことができます。

3面囲まれていることで、犬の被毛が飛び散ることを防ぎ、天井がいつでも開けられるので、掃除もラクラクです。

デザイン性も高く、天井の取り外し可能、トイレスペースの仕切りもあるケージです。

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用ケージのおすすめ③パッと開いてすぐ使える犬用ソフトケージ

愛犬に合わせたジャストサイズを選ぶのもいいですが、少し余裕がある大きめなサイズを選び、その中に犬用のベッドやブランケットなどを入れることもできます。

持ち運びに便利なソフトケージです。

車での使用や、災害時の避難生活、愛犬とのアウトドアでも活用します。

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用ケージのおすすめ④怖がりで神経質な犬におすすめ犬用ケージ

ケージ自体はプラスチックでできていて、冬でもスチール製と違い、冷たい感触はありません。

そしてこのケージのポイントは、ケージ自体をすっぽり覆う布カバーが付いています。

怖がりな犬は、見るもの全てが怖く、不安で吠えてしまいます。

来客があるときや、家に慣れるまで、安心させるために布カバーをかけて犬だけの空間で落ち着かせることができます。

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用ケージのおすすめ⑤多頭飼いにおすすめの犬用ケージ

多頭飼いの場合、並べてケージを置くと、部屋のスペースをかなり取ってしまいますよね。

部屋の大半がケージで埋まってしまっては、本当に窮屈です。

そこでおすすめするのが、ケージを2こ、縦に並べることができるケージになります。

省スペースですので重宝します。

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用ケージのおすすめ⑥使い方いろいろ犬用ケージ

素材はスチールになります。

基本的なケージの形で使うことはもちろん、横に長くしたり、縦に長くしたり、その時々の目的別にワンタッチジョイントでケージの形を変えて、使用することができます。

成長とともに形を変えることもでき大変便利です。

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用ケージのおすすめ⑦キャスター付きの便利な犬用ケージ

木製で、格子部分だけがスチール製になります。

屋根の部分は外すこともOKで、スライド開閉式でケージを動かさずに、屋根部分を背面に収納することができ、屋根を開ければサークルとして利用できます。

そしてこのケージのポイントは、キャスター付きなので移動が大変便利なのです。

大きさはチワワのような超小型犬用〜ダックスフントのような小型犬用まであります。

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用ケージのおすすめ⑧使い方3通り!小型犬〜大型犬にどうぞ

コンパクトにたためる犬用ケージになります。

使い方は3WAYあります。

「ドライブケージ」「簡易ケージ」「キャリー」として使えます!

普段、室内で常時使う犬用ケージとしては、少し心細い気もしますが、どこかに出かけるとき、旅行先の宿などでは間違いなく大活躍します。

犬は普段くつろいで慣れている空間が大好きです。

外出先の知らないところでも、使い慣れた犬用ケージがあれば、中に入ってホッとすることができるのではないでしょうか?

『楽天市場の商品紹介ページはこちら』

犬用のケージをDIYしよう!

おしゃれな木製のケージが欲しいなぁと思っても、木製のケージって大きさにもよりますが、結構なお値段がしてしまい、悩んでしまうところではないでしょうか。

それならば、自分で作ってしまってはどうでしょうか。

自分で作るのだと、シンプルなものから手の込んだものまで全部が自分次第!

今回は簡単に作れる犬用ケージの作り方をご紹介します。

◆必要な材料

  • 木材
  • 電動ドリル
  • ねじ
  • 蝶番
  • フック
  • ロック(ケージにつける鍵)
  • ヤスリ(必要があれば)
  • 自然由来の塗料(ステイン)

◆作り方

  1. ケージの大きさを決め、必要な木材の準備(ホームセンターなどではいろんな木材があるので使いやすいものを選ぶ)
  2. ホームセンターにて、上下枠部分、扉部分、格子部分をそれぞれのサイズに切ってもらう
  3. 上下枠部分を先に作り、釘でしっかり留めます
  4. 扉部分の枠を作り、中の格子もしっかり留めていきます。
  5. 続いて、全体の格子部分の木材をひたすら打ち付けていきます
  6. 扉部分と本体を、蝶番を使い留めていきます
  7. 最後にロックをつけてケージ自体は完成
  8. 必要に応じて、塗料(ステイン)を塗ってアレンジしましょう。

*ケージは全体を木製にしてもOKですし、格子の部分だけワイヤーネットにすることも可能です。

*天井を固定で付けてしまうこともできますが、取り外しできるように作ると、後々中の掃除をするときに楽になります。

犬用のケージのこんな使い方はNG

犬用のケージは、使い方さえ間違わなければ、犬にとっても人にとっても大変便利なものになります。

逆にもし、使い方を間違ってしまったら…

犬にとってそれは、大変不快なものとなり、ストレス以外の何でもなくなってしまいます。

それではNG な使い方を3つご紹介いたします。

1.犬用のケージに常に入れっぱなし

1番していけないことになります。

ケージは確かに犬だけのスペースです。

飼い始め、トイレトレーニングの時など、一時的にケージ内だけでの生活をすることはあるでしょう。

ただ、室内で犬を飼うのに、留守番でもないのに年中ケージに入れっぱなしで、たまに気が向いた時30分くらい室内に放し、またケージに。

これはある意味虐待に当たります。

トイレトレーニングが済んだら、ケージは留守番の時以外は常にオープンにして、犬が自分の気分で出入りできる環境を作ってあげなければなりません。

窮屈なケージの中で毎日毎日ただ寝そべって生活させるということは絶対にNG行為です。

2.犬用のケージがお仕置き部屋に

犬用のケージは、犬にとって安心できるリラックス空間でなければいけません。

それが、犬のいたずらやあまりにも吠えてうるさいなど、お仕置きのために、一次的に犬用のケージに入れてしまうなんてことありませんか!?

NG行動なので注意してください。

怒られて閉じ込められる場所=嫌な場所と印象付けてしまうことになり、犬が犬用のケージを居心地いい安心できる場所と思えなくなってしまいます。

犬用のケージはとにかくリラックスなセーフスペースと思ってもらうために、極端な話、犬用のケージでリラックスしているときには、どんなにナデナデしたくても、ケージの中に手を突っ込んだりせず、呼んでそばに来たら撫でてあげるなど、犬用ケージは犬だけの隠れ家にしてあげましょう。

3.犬用のケージの掃除をしたことがない

犬は綺麗好きです。

犬用のケージはどんな素材でできていたとしても、定期的に掃除してあげないと、犬の被毛などで汚れてきます。

犬用のケージの中でおやつを食べることがあるなら、食べかすなどもあるでしょう。

それらを放置してしまうことは、衛生的にも精神的にも正しいとはいえません。

1週間に1回は綺麗に掃除をするようにしましょう。

この記事のまとめ

犬用のケージとは?種類と選びかた
  • 犬用ケージはハウスに代わるもので、基本的に天井があるものをいいます
  • 選び方のポイントは犬が楽に動ける広さを選ぶ。トイレも設置する場合、ある程度の大きさを準備し、トイレとベッドは分ける
  • ケージを嫌がる場合、ケージの中で食事やおやつをあげて慣れさせる
  • 犬用のケージは、犬が安心できるテリトリーにする
  • 犬用ケージで気をつけるポイントは「設置場所」「快適な寝具」「ケージ内の気温の管理」「自由に出入りできる」こと
  • 犬用ケージの価格相場:ベーシックなスチール製(小型犬用で3,500円〜、大型犬で6,000円〜)
  • 犬用ケージのNGな使い方:「常に入れっぱなし」「お仕置き部屋」「掃除したことがない」

犬用のケージとは?種類と選びかた さいごに

いかがでしたか。

犬用のケージは持ち運びができるものがほとんどなので、旅行や帰省、避難時などにも役立つのが最大のメリットと言えるかもしれません。

また室内に備え付けとして使う場合、部屋の雰囲気に合わせたり、愛犬の性格に合わせたりして、いろいろな犬用ケージを選ぶことができます。

器用な飼い主さんなら、DIYにチャレンジして、様々なアレンジを加えてオリジナルの犬用ケージを作ってしまうこともいいですよね。

ケージが愛犬にとって居心地の良い場所だと思ってもらえるよう、工夫してみましょう。