マルチーズの子犬が噛むのは何のサイン?その治し方は?

マルチーズが子犬のときは、よくいろいろな物を噛みます。人間の手や足もよく噛んでしまいますが、子犬が噛んでもあまり痛くないために、そのまま過ごしてしまいがちです。しかし成犬になってもそのままでいると、他人に怪我をさせてしまうことにもなりかねません。そこでマルチーズの子犬が噛むときは、何を訴えているのか、そして治し方はどうしたら良いのかを考えてみましょう。

マルチーズの子犬が噛む原因とは

マルチーズの子犬が噛む原因で、まず考えられるのは歯が生え変わる時期に歯がムズムズするからという理由です。その結果、周りにある噛みやすいものに次々と噛み付いてしまいます。 次に、人間に噛むつくことで反応があると、喜んでもらえていると勘違いして、もっと噛み付いてしまいます。またおもちゃなどが他にない場合、身近な飼い主や家族の手や足が動くのが面白く、おもちゃ代わりに遊んでしまうことがあります。

マルチーズの歯が生え変わる時期の対処法

マルチーズの歯が生え変わる時期は子犬の時期のうちでも短い期間で、全ての歯が生え変わってしまうと治まる場合もあります。
しかし、その時期に治まらないと大きくなってからもマルチーズの噛み癖が治らないことがあるので、噛んではいけないものと噛んでも良いものをはっきりと区別できるようにしてあげましょう。
歯固めのおもちゃを与えたり、犬の嫌がる匂いをつけたりして対処してみましょう。
犬の嫌がる匂いがついたしつけ剤は、もちろん犬には無害のものを使用しています。
ゴミ箱や家具など、噛まれては困るものにシュッとしておくとマルチーズの子犬が嫌がって近寄りません。
ペットショップなどで購入できますので、試してみてください。

マルチーズが遊びで人間の手や足を噛むときの対処法

マルチーズが人間の手や足を噛むときは、遊んで欲しい、かまって欲しいという表れの場合があります。
そういう場合は、手や足で遊ぶことを面白いことと思わせないようにしなければなりません。
マルチーズが手や足を噛んで反応があることを覚えてしまうと、面白がって飼い主以外の人間の足や手も噛むようになってしまいます。
手を噛んだときは手を引っ込めずに軽く押し込んでみてください。
そうするとマルチーズは驚いて噛むのを止めることが多いです。
それでも止めない場合は、大げさに痛がってみて、とにかく大好きな飼い主が嫌がっているということを子犬にわからせるようにしましょう。
時間がかかりますが、大好きな飼い主が嫌がっていることは、飼い主大好きなマルチーズは辛いはずですから、徐々に止めるようになってくるでしょう。

マルチーズの子犬が噛むのは何のサイン?その治し方は? まとめ

マルチーズの子犬が家具や部屋にあるいろいろな物、飼い主の手や足を噛むのは、歯がムズムズする、または遊んで欲しいという意味があります。
マルチーズが子犬だから噛まれても痛くないと放っておくと、成犬になってもそのままになってしまうことがあります。マルチーズが子犬のうちに噛み癖は治すようにしましょう。
噛んで遊ぶおもちゃやおやつ、犬の嫌がる匂いがつくしつけ剤などを使って、噛んで良いものと良くない物を区別させるようにしましょう。