柴犬が受けるべき3つの予防接種とは?費用や時期なども考えみよう!

犬の予防接種は犬がかかりやすい感染症を予防してくれるものです。法律で接種が決められているものと任意のものとがありますが、できれば任意のものも受けておきたいです。ペットホテルなどでは予防接種を受けていないと利用できないことが多いです。病気が少ないと言われる柴犬も予防接種を受けておくと、安心して暮らすことができますね。

柴犬の予防接種~狂犬病予防

狂犬病の予防接種は法律で接種が義務付けられています。狂犬病は一旦発症すると100%死に至ってしまうという恐ろしい病気です。世界ではまだ狂犬病の発症例が多くあり、日本にもいつ入ってくるかわからない状況です。狂犬病は犬だけでなく人間や猫などの哺乳類にも感染する危険性が高いです。その危険性の高さから、唯一日本で法律で接種が義務付けられている予防接種です。

柴犬の子犬が生後90日を超えたら、狂犬病の予防接種を受けて犬の登録を済ませましょう。登録の手続きが済むと、「鑑札」と「注射済票」が交付されるので、なくさないように保管しておきましょう。以降の予防接種は一年に1回になります。時期は4月~6月頃が奨励されている時期になり、動物病院からもこの時期にお知らせが来ることが多いです。費用は初回のみ登録料がかかりますので約6,000円位になり、翌年からは登録料は不要で予防接種と注射済票で約3,000円になります。狂犬病の予防接種は保健センターなどの公共の場所でも行っていますので、役所などに問い合わせてみるといいでしょう。

柴犬の予防接種~混合ワクチン

混合ワクチンは任意で受ける予防接種で義務づけられているものではありませんが、ドッグランやペットホテルなどに行くときは接種済みの証明書の提示を求められることが多いです。お出かけが多い犬なら、ぜひとも受けたい予防接種です。一度の接種で複数の病気を予防することができるワクチンで、動物病院で受けるときは5~8種のワクチンになることが多いです。

犬ジステンパーや犬アデノウィルス感染症、犬伝染性肝炎などの病気を予防してくれるので、ぜひ受けておきたい予防接種です。子犬の時期は抵抗力が弱く副作用が出ることがあるので、動物病院で健康状態を見て接種しましょう。子犬の場合は3回接種しておく必要があります。1回目は生後42日頃、2回目は生後90日頃、3回目は生後120日頃が目安です。1回目、2回目はペットショップやブリーダーで接種済みのことが多く、家に迎えてからは3回目のみという場合が多いです。3回目の接種が終わったら、以降は年に一度の接種となります。費用は6,000円前後になることが多いです。

柴犬の予防接種~フィラリア予防

フィラリア症ととは蚊を介して心臓にフィラリアという寄生虫が血管を通って寄生する病気です。フィラリア症にかかると死に至るケースもあるため予防接種で予防をする必要があります。フィラリア予防の接種は任意ではありますが、犬を飼っている人は、多くの人が受けています。柴犬も屋外に出ることが比較的多いため、予防接種を受けておくと安心して過ごせると言えます。フィラリアの予防接種には種類があり、錠剤・おやつタイプのチュアブル、スポット、注射があり、どのタイプの予防接種にするかは動物病院や犬の嗜好性によって変わってきます。

錠剤・チュアブルタイプは蚊が出始める頃から冬頃まで、毎月一回飲み続けます。スポットタイプは月に一度、皮膚に薬剤を直接滴下します。注射タイプは年に1回、または2回の接種を受けるだけで済みますが、注射が嫌いでストレスになる犬も多く副作用の心配も高いです。フィラリアの予防接種は、あくまでもフィラリアにかかっていない犬がフィラリア症を予防するもので治療薬ではありません。接種前にフィラリアにかかっていないかどうかの血液検査をしてからの接種となります。料金には血液検査代も含まれますので注意が必要です。予防接種の時期はチュアブルタイプや錠剤の場合ですと、5月頃~11月頃まで6ヶ月間、毎月1回飲み続けるのが一般的です。料金はチュアブルタイプのもので、6ヶ月分の薬剤を出してもらった場合、大体1万円を少し超す程度を目安にするといいのではないでしょうか。

任意のものでも受けておきたい柴犬の予防接種

病気にかかりにくい柴犬でも、感染症を防ぐことは難しいです。予防接種を受けることによって、安心して暮らしていけるのなら、任意のものであっても受けておきたいですね。混合ワクチンを受けていないと他の犬が集まる場に行けないことも多いですので、愛犬と楽しくお出かけするためにも、ぜひ受けておくことをお勧めします。ただし犬の体調により受けられないこともありますので、動物病院とよく相談してくださいね。