無事に出産の日を迎えたい!~マルチーズの出産までの過ごし方

愛犬のマルチーズの妊娠がわかったら、あとは無事に出産を終えるまで過ごさせなければなりません。犬は安産の象徴のように思われているところがあり、放っておいても大丈夫だと思いがちですが決してそんなことはなく、出産はマルチーズにとっては命がけです。そんな大変な出産まで、どうやって過ごすべきなのか考えておきましょう。

マルチーズの出産までの過ごし方① 動物病院とすぐに連絡を取れるように

マルチーズの妊娠がわかってから出産までの間、何かと動物病院のお世話になることが多くなります。
出産のときは飼い主の見守りと手助けで無事に子犬が生まれてくれば良いのですが、何が起こるのかわかりません。
難産になってしまい帝王切開しなければならなくなってしまうこともあります。
マルチーズは比較的、難産や帝王切開が多い傾向があります。
そういう場合、その動物病院ではどう対応してくれるのか、休診日や夜間の場合はどこに行くべきか確認しておかなければなりません。

マルチーズの出産までの過ごし方② エコーで頭数を確認しておく

マルチーズの交配後、40日位経った頃に、一度動物病院でエコー検査をしてもらうようにしましょう。
エコー検査をすることによって、マルチーズの子犬の数や位置がわかります。
出産までの間、何かあったら動物病院に相談するようにして、病気や怪我などをしないように過ごします。
子犬の頭数が複数であった場合は、生まれた子犬はすべて育てるのか、里親を見つけるのかも考えておきましょう。

マルチーズの出産までの過ごし方③ 太らせないように注意

マルチーズにもつわりが起こることがあります。
人間と同じで、つわりが治まると食欲も増していつも通りに食べられるようになることが多いですが、栄養をつけさせようと食事量を増やす必要はありません。
マルチーズを太らせてしまうと難産になってしまうことがあるので、太らせないように気をつけましょう。
安静にしすぎることなく、散歩や運動もいつも通りに行いましょう。
部屋の中でベッドやソファなどに飛び乗ったり飛び降りたりすることが多い場合、お腹がぶつかることがないように気をつけてあげて、なるべくそういう動作はさせないように工夫してあげたいですね。

マルチーズの出産までの過ごし方④ 出産予定の2週間位前から準備を始める

マルチーズに限らず犬の妊娠期間は大体63日間位です。
出産日まであと2週間位になったとき、少しずつ準備を始めていきましょう。
まずはマルチーズが落ちついて出産できる静かな場所を作ってあげるようにしましょう。
愛犬にも、そこが出産する場所なのだと覚えてもらうために、少しずつ慣れてもらうようにしたいですね。 出産後はしばらく入浴できなくなるので、出産10日位前までに、お腹の毛をカットして入浴を済ませておくようにしましょう。

無事に出産の日を迎えたい!~マルチーズの出産までの過ごし方 まとめ

交配から出産まではわずか63日と、人間に比べると犬の妊娠期間はとても短いです。
あっと言う間に出産になってしまいますので、あわてないように少しずつ準備を進めていくようにしましょう。マルチーズをを太らせないようにということに気をつけることを除いては、特に普段と変わったことをする必要はありません。
マルチーズに何かあったらすぐに動物病院と連絡を取れるようにして出産の日を迎えましょう。