パピヨンの特徴と服のサイズなどの選び方

大きく飾り毛のついた立ち耳が蝶に似ていることから、フランス語で「蝶」を意味する名前を付けられたのがパピヨンです。 愛らしくもありエレガントでもあるパピヨンは、服がよく似合う犬種でもありますよね。 今回は、パピヨンの特徴、特徴を踏まえた服の選び方、服を嫌がる時の対処法、おすすめブランドを紹介します。

パピヨンの特徴

パピヨンの服選びをする前に、まずパピヨンの特徴について復習しましょう。
パピヨンは小型犬に分類されていて、成犬時の体重は、3kg~5kgほどです。
冒頭でも述べた通り、耳の飾り毛が特徴的で、胸、足、しっぽなどにも飾り毛があります。

毛量はさほど多くなくシングルコートと呼ばれる単毛の毛質なので、抜け毛が少ない方ではありますが、同じシングルコートのマルチーズなどと比べると抜け毛はやや目立ちます。
可憐で華奢な見た目とは裏腹に、活発で遊ぶことが大好きな性格をしています。

人懐こくて、甘え上手でもあり、小型犬の中で1番頭が良いと言われています。
体質的な特徴として、寒さにも暑さにもあまり強くないという特徴があります。

また、パピヨンがなりやすい病気に、膝のお皿が正常な位置から外れる「膝蓋骨脱臼」があるので、気を付ける必要があります。

パピヨンの服の選び方

パピヨンの特徴を踏まえて、服の選び方のポイントを見ていきましょう。

パピヨンの服の選び方① 体にぴったりのサイズ

パピヨンの服選びで最も難しいのが服のサイズでしょう。

最近は小型なパピヨンが人気傾向にあるため3kg程度のサイズが標準的ではありますが、実際にはバラつきがあります。最大だと5kg以上のパピヨンもいます。
また、活発で遊ぶことが大好きなパピヨンは動き回ることも多いでしょう。

そんな時にサイズが大きめの服を着ていると袖が引っ掛ると危険も伴います。

膝蓋骨脱臼にもなりやすい犬種なので、特に注意する必要があります。

その為には、パピヨンの実際のサイズを知っておきましょう。
パピヨンを真っすぐ立たせた状態で、首回り、胴回り、着又を図ってみましょう。胴回りは、上から見て一番太い部分、着又は首回りの位置から尻尾の付け根までの長さを図りましょう。

パピヨンの服の選び方② パピヨンにとって快適な服を選びましょう

服を選ぶときはデザインだけを重視するのではなく、服の機能性を重視しましょう。
冬場には体が温まる服、夏場に服を着せるのであれば冷感素材がある物やメッシュ素材の服を選びましょう。
TPOに合わせた服を選んで、パピヨンが快適に過ごせることが何よりも重要です。

パピヨンが服を嫌がる時の対処法

服を着せようとすると怒ったり逃げる、着せたら服を噛むなど、服を嫌うパピヨンもいます。

しかし、外出先でのマナーとして服を着せる必要性や、ケガなどで服を着せないといけない事もあります。

そんな時のために、あらかじめ服に慣れさせておくことが必要ですが、一向に服に慣れる気配がない、嫌がる、という時の対処法を紹介します。

パピヨンの正しい服の着せ方と脱がせ方

まず、着せ方・脱がせ方を考え直してみましょう。
服を着せる時は、まずパピヨンの後ろに座ります。

そして後ろから頭を通します。その後、一本ずつ前脚を折りたたんで袖を通して着せます。

前脚を台に乗せて着せるとより着せやすくなるでしょう。
脱がすときには、逆にパピヨンの前に座ります。

胴体部分をまくり上げて、片足ずつ折りたたんで肩を抜き、最後に頭からズボッと脱がせます。

パピヨンに間違った服の着せ方

パピヨンが服を嫌がる場合に多い、飼い主さんの服の着せ方・脱がせ方は、前脚を通すときにあります。
犬の肩関節・前脚は、人のように外側に開くことができません。

それを無視して開いて、前脚を通している飼い主さんが多いようです。

服を着る度にそんな痛いを思いをしていれば服が嫌いになっても仕方ないですよね。
前脚を通す時は、必ず胴体に沿って前脚を折りたたむようにしましょう。

パピヨンの服トレーニング

服を嫌がる場合は、「服=良いことがある」と覚えてもらうことも必要です。
まずは、おやつを使ってトレーニングしてみましょう。

服に悪いイメージを持っているパピヨンは、服に興味を向けない、避けることがあります。

服におやつを隠して服に興味をあおってみましょう。 興味を持ったら思い切り褒めてあげましょう。
次は、実際に着せるトレーニングです。

上手に服を着せたらおやつを与えて褒めてあげます。

そしてすぐに脱がせて、おやつを与えて褒めてあげましょう。

その方法で、徐々に服を着せる時間を伸ばしていきます。

「服=おやつ(良いこと)」と認識させるのです。
ある程度服に慣れてくれば、愛犬が好きな事をする時に服を着せる習慣を付ける方法も服嫌いの対処に効果的です。

例えばお散歩が好きなパピヨンの場合は、散歩に行くときに服を着せるようにすれば「服=散歩(良いこと)」と覚えて、服を嫌がることがなくなってくるでしょう。

パピヨンの服の見直しも必要

パピヨンが服を嫌がる理由に、服のサイズやデザインが影響している事もあります。
もちろん犬なので好みの柄などはありませんが、いくら見た目が可愛いデザインだとしても、フリルやレースがついたもの、袖やズボンなどは愛犬にとっては動きづらい思い煩わしい思いなど、不快に感じている可能性があります。

愛犬に正しいサイズで、シンプルなデザインの服を着せてあげるようにしましょう。

パピヨンにおすすめの服ブランド

パピヨンにはやっぱり蝶の羽のような耳を活かす服を着せたいですよね。

パピヨンへの服におすすめの通販サイトを紹介します。

CRAZY BOO

犬服ブランドの中でも人気の高いブランドです。

季節ごとに様々なデザインやトレンドの服が販売されています。
「セレブで可愛いお洋服」をテーマに、ジャンルや商品数も多く取扱いされています。 飼っているパピヨンに似合う服が必ず見つかるはずです。

アズスマイル

犬服の通販サイトの中でも人気の高いアズスマイルは、人気ブランド服やお得な服まで幅広く取扱いされています。
毎日・毎月見ても発見やお得がある、おすすめのブランドです。

Calulu(カルル)

アパレルブランドX-girl(エックスガール)、AVIREX(アヴィレックス)、CECIL McBEE(セシルマクビー)、LOGOS(ロゴス)、EDWIN(エドウィン)の犬服も販売しているブランドです。
そのため、トレンドを抑えた服が多く取り扱われています。
 

Dog Peace(ドッグピース)

デザインだけでなく、本格的なドッグウェアを作るため犬の体にボディーフィットするように立体・3次元的に作られた服を取り扱いされています。
シンプルデザインからトレンディな服まで幅広いデザインが魅力です。

パピヨンの特徴と服について まとめ

服がとても似合うパピヨンに可愛いデザインの服を着せたいと考える飼い主さんは多いでしょう。
しかし犬の服選びには、何よりもパピヨンが快適に過ごせることが重要です。 それを念頭において、パピヨンとおしゃれを楽しんでいきましょう。