柴犬もいびきをかくの?ちょっと心配ないびきとは?

柴犬も人間と同じようにいびきをかくことがあります。いびきをかいて寝ている姿は愛嬌があってかわいいものですが、すべてのいびきをかわいいといって済ませるわけにはいきません。いびきの中には病気の可能性があるものもあります。柴犬のいびきが正常なものか病気からきているものかを判断することが、病気の早期発見にもつながります。

柴犬のいびきの原因

柴犬の中にも全くいびきをかかない犬もいますので、いびきをかく犬には何らかの原因があります。その原因には心配がないものと病気によるものとがあります。犬には犬種によっていびきをかきやすい犬がいます。鼻ペチャのブルドッグやパグなど短頭種の犬は、その構造上どうしてもいびきをかきやすくなります。

しかし柴犬は短頭種ではないので、別の理由でいびきが出やすくなります。肥満気味の犬は、喉の周りに脂肪がついてしまうので、喉が狭くなって呼吸がしにくくなり眠った時にいびきをかきやすくなります。また喫煙する人が飼い主や家族の中にいる場合、鼻の粘膜が刺激されて、鼻水が出ていびきをかきやすくなります。アレルギーで鼻水がでる場合もいびきが出やすくなります。これらのいびきは特に心配がないものもありますが、病気が原因で起こるいびきもあります。病気が原因の場合は、もとの病気の治療が必要になります。

病気による柴犬のいびき

犬は病気が原因でいびきをかくこともあります。犬のいびきが心配な場合は、何の病気がいびきを引き起こしてしまうのかを知っておく必要があります。

気管虚脱

気管虚脱は気管がつぶれて狭くなってしまうことによって呼吸がしづらくなる病気です。シニア犬、肥満気味の犬に多いです。

軟口蓋過長症

上顎の一番奥にある部分が長くなってしまうことによって気道を狭くしてしまい、呼吸がしづらくなる病気です。ゼーゼーという呼吸をします。

心臓病

心臓病によって心臓肥大を起こすと、大きくなった心臓が気道を圧迫していびきのような音が出ます。いびきだけなら区別がつきにくいですが、心臓病の場合は咳が出ることも多いので、通常のいびきではなく心臓病によるものだと考えられます。

いびきを起こす病気は肥満や食事によってかかってしまうことも多いので、普段からの生活習慣に注意するようにしましょう。

気をつけなくてはいけない柴犬のいびき

犬がいびきをかいていても、それが心配のないものなのか、病気によるものなのかの判断がつきにくいですね。そこで心配ないびきはどんなものなのかをあげてみますので、このような症状に気がついた場合は病気が疑われますので、念のために動物病院で診てもらうようにしましょう。
  • 突然いびきをかくようになった時
  • だんだんといびきが激しくなっている時
  • いびきをしながら呼吸も苦しそうにしている時
  • いつもいびきをかいている時
  • いつもいびきの音が大きい場合

まとめ

いびきは心配がないものもありますが、病気が原因になっているものも意外と多いです。いびきの原因になる病気には飼い主が注意することによって防ぐことができるものも多いです。肥満になるといびきが起こることが多いので、太らせないようにすることも大切ですね。いびきは愛嬌があってかわいいものですが、それだけで済ませられないこともあるので、少しでも心配なことがあれば、すぐに動物病院で診てもらうようにしましょう。