ラブラドールレトリバーに服は必要?!

ペットショップやインターネットを見ても、最近ではいろんな犬の服が売られています。そのどれも、人の服に引けを取らず機能的だったりします。でも、大概売られている服って、小型犬用がほとんどなのも事実。大型犬も同じ犬ですが、服は必要ないのでしょうか。今回は大型犬の中でダントツの人気を誇る「ラブラドールレトリバー」の服事情を紹介します。

ラブラドールレトリバーってどんな犬?

ラブラドールレトリバーと聞いて思いつくのは、盲導犬ではないでしょうか。底知れず人が大好きで、賢いラブラドールレトリバーは、世界的に見ても常に人気がある犬種です。
このラブラドールレトリバーの出身はどこかご存知ですか?ラブラドールレトリバーの歴史は古く、正確な起源はわかっていませんが、おそらく、カナダのニューファンドランド島の港町「セント・ジョンズ」ではないかといわれています。
海の近くに住んでいたこともあり、今でも本能的に泳ぎが得意なのがラブラドールレトリバーの特徴です。性格は本当に温厚で、飼い主さんを喜ばせることが大好きです。賢い犬種ではありますが、飼い主さん次第で、どんなことを学習してきたかで、やんちゃな問題児になってしまうか、愛らしい飼い主さんの右腕のような頼もしい愛犬になるか変わってきます。

ラブラドールレトリバーに服は必要?

最近ではだいぶ、大型犬の服の種類も増えてきましたが、ちょっと前までは、犬用の服=小型犬のものというイメージがありました。
実際、大型犬には服は必要ないんでしょうか。答えは、ケースバイケースです。基本的に犬に服は必要ありません。ただし、その犬が快適に生活するために、補助的に目的によって、必要になることがあります。どんなときに必要なのかみていきましょう。

シニアになったラブラドールレトリバーの温度調整に

ラブラドールレトリバーのように、ある程度大きい犬は、小型犬と違って、外気温に体温は左右されにくいとされます。多少外が寒くても、自分で体の体温をキープすることができます。
ただそれは、元気な成犬の時のことです。考えなくてはいけないのは、いくら元気に見えても、ラブラドールレトリバーも年をとり、それと同時に体力も衰えてきます。
体力が衰えてくると、やはり犬自身も体温調整機能が鈍くなってきます。それは冬だけではなく、夏の日にもいえることで、室内のエアコンが寒すぎたりすることで、ラブラドールレトリバーが体調を崩すこともあります。大型犬=丈夫ではなく、年齢に合わせ、場合により、服は必要になります。

短毛のラブラドールレトリバーですが、抜け毛はかなりあります。

ラブラドールレトリバーを触ってみると分かりますが、ツヤツヤした短毛は密集して生えていて、あまり抜け毛があるようにはみえませんが、実際はダブルコートの被毛なので、抜け毛がすごいのです。
じゃあ、室内の抜け毛予防に服は必須?!いいえ。それは違います。四六時中、犬の服を着せるのは、犬の皮膚に決していいことではなく、皮膚疾患の原因になるので着せっぱなしは良くありません。
ただ、愛犬と一緒に人の家にお邪魔するときや、ドッグカフェへ行くときは、マナーとして服を着せることを考えましょう。どんなに犬好きの人が集まる場所であっても、気遣いがあるのとないのとでは、気持ちの良さが違います。

皮膚疾患や手術後の保護で

ラブラドールレトリバーと暮らす中、ときには、愛犬が怪我をしたり、皮膚疾患をわずらうこともあるでしょう。犬は自分の患部を舐めることで治そうとします。
でも、飼い主のわたしたちにとって、舐められては困りますね。包帯をぐるぐる巻いても、結局器用に取ってしまったり。犬は賢いです。そこで役に立つのが「服」です。エリザベスカラーじゃ、犬はかなりのストレスです。
それが服だったらそんなことありませんね。傷を舐めることもできませんし、掻いて患部を悪化させることもありませんので、必要な時の服はかなり優秀な働きをしてくれます。

ラブラドールレトリバーの服の選び方

大型犬の服は、昔に比べたら、だいぶいろいろなところで見るようにはなりましたが、それでもまだ小型犬に比べたらその差は大きいですね。大きさはちょうどいいけど、デザインが微妙だったり、デザイン、サイズ共に良さそうなものを見つけたけど、微妙に袖が少し長すぎる(短すぎる)など、なかなかうまくいきません。 どうやって、大型犬の服を失敗なく探しましょうか。ポイントがいくつかあります。

試着OKなペットショップに直接愛犬と出向いて買う

お店にもよりますが、最近では試着用の服を置いているペットショップも少なくありません。人の服と同じで、試着するのが失敗しない方法です。たまの休日、愛犬と洋服ショッピングに出かけてみてください。

大型犬の服を豊富に扱っている犬服ブランドの服を探す

小型犬の洋服が多い中、中には大型犬をメインに扱っている犬用服ブランドがあります。やはりそういうお店の服は、デザインも豊富ですし、サイズ探しに失敗が少ないです。そういうブランドをメインに探すのも方法です。
(おすすめブランド California Bamboo、DOG DEPT、Warm Heart Company)

少し大きめの服を買って、自分で微調整(サイズ直し)

もし、飼い主さんが裁縫など得意なのであれば、気に入ったデザインがあった場合、わざと少し大きめのサイズを購入して、飼い主さん自身が、ご自身のラブラドールレトリバーのサイズに合わせてお直ししてあげることもできます。
もしくは、1つお安めのジャストサイズの服を購入し、それをバラして型紙として使い、手作りの服を作ってあげるなんてこともできます。

ラブラドールレトリバーにおすすめの服

シニアになっても散歩は行きたい頑張るラブラドールレトリバーに。

特に、住んでいる地域によっては、日本の冬は寒いですね。大型犬は小型犬と違い、もともと運動量をある程度必要とします。
プラス、健康寿命を伸ばすためにも、日々の運動は大事です。元気なラブラドールレトリバーも年と共に、冬の寒さは堪えてきます。少しでも楽しく外を歩けるようにダウンジャケットを着せませんか? 「 リバーシブル ダウンジャケット」

外出先での「ラブラドールレトリバー」抜け毛予防に

自分の家のラブラドールレトリバーの抜け毛に関しては、もう諦めですよね。とにかくこまめな掃除あるのみです。
でも、人の家に遊びに行くときや、ドッグカフェに行くときなど、いくら毎日ブラッシングしてあげているかわいい愛犬でも、周りにかかる迷惑を考えなくてはなりません。
楽しく愛犬と、そこに集まる人たちが過ごすために、みんなが気持ちよくできるよう、私たち飼い主が気を配りたいものです。
ご紹介する服は、大型犬用の大きなサイズのつなぎになります。生地はオーガニックコットンなので、犬にも優しいです。 「オーガニックコットンのドッグウェア」