柴犬のダイエット~太りやすい原因を考えて行うのが効果的!

柴犬は太りやすいとよく言われます。犬の肥満は、いろいろな病気の原因になってしまうことが多く、ダイエットが必要になります。しかし太ってしまうと、痩せるのはとても大変です。柴犬はなぜ太りやすいのか、太ってしまったらどうやってダイエットすれば良いのか、柴犬の太りやすい原因を考えて、そこからダイエット方法を考えていきましょう。

柴犬の太りやすい原因とは?ダイエットが必要な場合とは?

柴犬は体が小型犬よりも大きいです。食べる量も当然多くなります。そして体が大きい分、運動量も必要です。運動量が少なくて食べる量が多ければ当然、太ってしまうことになってしまいます。よく食べるからと言って、食事の量がどんどんと多くなっていくと、その分運動が必要になってくるのですが、食べた分のカロリーを散歩などの運動で消費できないと太ってしまいます。その上にも欲しがるからとおやつをどんどん与えていれば、たとえ犬用のおやつであってもカロリーオーバーになってしまいます。

柴犬の適正体重はオスで8~10kg、メスで7~8kgとされています。しかし体重だけで肥満であるかどうかは判定できません。体の大きさには個体差がありますので、肥満かどうかは外から見たり、触ってみたりして判定する必要があります。触ってみて肋骨や背骨に触れることができない場合、上から見た時にウエストのくびれがない場合、横から見た時にお腹の部分が垂れ下がっている場合は太りすぎだということができます。

柴犬のダイエット~太りやすい原因を考えればやりやすい?

柴犬は運動量と食事量のバランスが崩れると、どうしても太ってしまいます。たくさん食べるのに運動量が少ないと、どうしても太ってしまいます。運動量が足りない場合は、運動量を増やしてあげましょう。散歩の時間を増やすことも大切ですが、雨の日などには運動ができないということになってしまいます。また暑すぎる時期や寒すぎる時期も、散歩で運動量を増やすということは難しいです。

運動量を増やすためには散歩だけでなく、部屋の中でも遊びを兼ねて運動させることはできます。ポールで遊んであげたり、縄のおもちゃで「引っ張りあいっこ」をして遊んであげることで、運動量を増やすことが可能です。しかし運動だけで痩せることは難しく、どうしても食事のコントロールが必要になります。柴犬のダイエットは運動と食事制限を併用して行うことが大切です。

柴犬のダイエット~食事管理をすることで太りやすい原因を減らす!

柴犬が太ってしまう一番の原因は、食事の与えすぎによるところが大きいです。犬は与えた量を残さずにすべて食べてしまうことが多いです。飼い主のほうでは、おいしそうに食べてくれるのが嬉しくて、ついつい与えすぎてしまうことになり、少しずつ量が増えていってしまいカロリーオーバーになって太ってしまいます。そこで一回の食事量を少しずつ減らしていきましょう。どうしても少なくなっていくと、まだ欲しがることが多くなりますが、その場合は野菜を茹でてプラスするなどの工夫をしてみましょう。

ドッグフードをダイエット用のものに替えるのもいいですね。量をあまり減らさずにすみますが、味に好みがありますので様子を見ながら切り替えていきましょう。それから量を減らして食事回数を増やすという方法もあります。トータルすると量が減っていても、食事回数が増えると空腹の時間が減るので、効果的に食事制限ができます。ダイエットをする場合は、おやつの習慣がある場合は、できればやめておいたほうがいいですね。人間の食べ物を与えるのも厳禁です。

まとめ

柴犬は運動量が必要なために、食事を食べ過ぎてしまうと太ってしまいます。太ってしまってダイエットをする場合は、なぜ太ったのかを考えて行うようにしましょう。運動量が足りないのなら運動量を増やす、食事量が多いのならば少しずつ減らしていく、という風に、運動と食事制限を併用するのが効果的です。動物病院で相談すると、効果的なダイエットフードを紹介してもらえることもあります。