愛犬と行けるおすすめカフェ富山県編


富山県の基本情報

 

ジャーマンシェパード
富山県の基本情報
  • 地方:北陸地方
    北陸地方のほぼ中央に位置する。
  • 県庁所在地:富山市
  • 名産品と言えば、
    駅弁としても知られる「ます寿司」
    春のグルメの代表格「ホタルイカ」
    「富山湾の宝石」とも言われる「白エビ」   などがあり
  • 名所と言えば、
    黒部ダムへ通じる「立山黒部アルペンルート」
    合掌造り建築と生活文化が残る里山 世界遺産「五箇山」
    日本一深いV字峡谷「黒部峡谷」   などが有名
  • 犬の飼育登録数: 47,117頭(2018年度現在)

富山県のおすすめドックカフェ①
「Amigo Wan café(アミーゴワンカフェ)」

富山市にある真っ赤な外壁の建物が目印のドッグランも併設されたドッグカフェです。
約50坪の広さに敷き詰められた芝生で愛犬を思い切り遊ばせた後には、ドッグカフェで休憩しましょう。

パスタやカレー、ドリンクなど健康にこだわったメニューが豊富にあります。

また、犬用メニューもあるので、愛犬と一緒に美味しい食事を楽しむことができますよ。

詳細

  • 住所: 富山県富山市悪王寺213
  • 電話: 076-429-4133
  • 営業時間: 10:00~18:00 ※土・日・祝と3月以降は19:00まで
  • 定休日: 火曜日 ※祝日の場合は休まず営業
  • ホームページ:『Amigo Wan cafe』

富山県のおすすめドックカフェ②
「ドッグランのあるカフェ ハル」

氷見市の自然豊かな場所にあるドッグラン併設のカフェです。

飼い主同士での口コミが広がり、県内のみならず県外からもお客さんが来るほど人気の高いカフェです。

店内には愛犬を連れて入れることはできませんが、テラス席で好評の手作りランチやデザートを味わいながらのんびりと過ごすことができます。

特に優しい味の「ハルおまかせランチ」に人気があり、食後のコーヒーもまた美味しいと高い評判があります。

ドッグランの使用料が別途300円必要ですが、愛犬の思い切り遊ぶ姿を見ながら食事ができるお店です。

詳細

富山県のおすすめドックカフェ③
「Art&Café 胡風居(こふうきょ)」

富山市にあるカフェですが、市街地から少し離れた場所にあり、のどかな田園風景が広がる「甘党の店」の隠れ家カフェです。

「甘党の店」として有名で名物は自家製ソフトクリームを使った「季節のフルーツパフェ」です。

ペット専用の3席で、愛犬と過ごすことができます。

専用席へは玄関脇から直接出入りできるドアがあるので、他のお客さんに迷惑をかける心配が減って安心して利用できるお店です。

詳細

富山県のおすすめドックカフェ④
「ワンズクラブカフェ」

射水市のペットショップ「アルプラザ小杉店&カフェ」のドッグカフェです。

子犬販売の他にも、トリミングやグッズ販売、ホテル、無料で利用できる屋外ドッグランなど利用できます。

カフェでは、リーズナブルな料金で美味しい食事をすることができ、犬用のメニューも食事からデザートまで豊富にあります。

第1・3水曜と第2・4土曜日には予約制のパピーパーティーも行っているので、同じ月齢の子犬と遊ばせて社会性を身に付けることができる他、犬の飼い主同士の交流も行えるドッグカフェです。

詳細

  • 住所:富山県射水市三ヶ2602 アルプラザ小杉敷地内
  • 電話: 0766-57-1778
  • 営業時間: 11:00~16:00
  • 定休日: 火曜(都合により臨時休業もあります)
  • ホームページ:『ワンズクラブカフェ』

愛犬とカフェへおでかけ 注意点

ドッグカフェとは?

犬と一緒に入れるカフェを「ドッグカフェ」と呼びます。
一概に「ドッグカフェ」とは言っても、愛犬と店内まで入れるお店やテラス席のみOKのお店、犬用のメニューがあるかないかなども様々です。

愛犬を連れておいしい食事や飲み物が楽しめるカフェ好きの飼い主さんには打ってつけの場所となりますが、ドッグカフェのメリットはそれだけではありません。

他の飼い主さんや犬も利用する場所なので、愛犬家たちの情報交換の場として、また愛犬の社会化にも役立つ場となるでしょう。

しかし、中には犬連れでないお客さんが利用していることもあります。
のんびりと快適なカフェタイムを過ごすためにも、一人ひとりがルールとマナーを守って、さらに愛犬にマナーを守らせて利用することが大切となってきます。

ドッグカフェへ行く前に

①狂犬病・混合ワクチン・ノミダニ予防を受けておくこと
ドッグカフェは様々な犬が利用する場所でもあります。
そのため、感染症やノミダニを愛犬が移されない・移さないためにも狂犬病・混合ワクチンの予防接種やノミダニの駆除・予防をしておくことが必要です。

お店によっては狂犬病・混合ワクチンの1年以内の予防接種証明書・注射済票の提示を求められることもあります。

②基本的なしつけをしておくこと 
ドッグカフェでは美味しそうな食べ物の匂い、さらに他の犬が多く利用する場所のため、愛犬が興奮しやすい場所となります。

しかし、他のお客さんも利用している場所なので、どんな時でも飼い主として愛犬の興奮を抑えて落ち着かせて過ごすようにしなければなりません。
そのために必要なのがしつけです。

ドッグカフェを利用するためには、最低限「おすわり」「まて」「フセ」のしつけ、それからトイレのしつけが必要となります。
店内では、飼い主さんの足元で落ち着いて過ごし、吠える・噛みつくなどの行動がないようにしなければなりません。

③社会性を身に付けておくこと 
ドッグカフェなどの、他の犬や人が集まる場所に愛犬と出かけるためには社会性を身に付けておくことが必要です。

他の犬との交流が初めての子や交流が苦手な犬がドッグカフェに行ってしまうと、犬自身にとってもストレスとなりますし、他の犬とのトラブルや他の利用者へ迷惑をかける状況になりかねません。

そのため、ある程度の社会性を養ってから利用するようにしましょう。

利用する際の注意点

①事前に排泄を済ませておくこと
お店によっては専用トイレが構えられていることもありますが、基本的にはないと思って店内で排泄しなくても良いように、入店前に排泄を済ませておくようにしましょう。

さらに、粗相やマーキングが心配な場合には、マナーベルトやマナーパンツを着用させるようにしておいてください。

②ヒート中は利用を控えること 
メス犬のヒート(犬の生理)中には、ドッグカフェの利用を控えるようにしましょう。
ヒート中は周りのオス犬を興奮させてしまうため、オス同士のケンカを招きかねません。

それは例えマナーパンツを着用させていても変わりありませんので、ヒート中は愛犬を連れて公共施設でお出かけしないようにしましょう。

③お店によって決められたルールを守ること 
ドッグカフェではお店によって犬を連れて利用する場合のルールが設けられていることがあります。
そのルールは必ず守るようにしましょう。

例えば、

  • 狂犬病・混合ワクチン接種証明書の提示
  • 犬のサイズ・犬種による利用可否
  • オムツや犬服、リードの着用
  • 利用可能な時間帯・曜日
  • ペット連れの場合の指定席

などがあります。
ルールを守れない、マナーが悪い場合には退店させられることもあるので注意しましょう。

④犬の洋服を着用させること 
犬種や時期によっては抜け毛が多い犬種もいます。
飲食をするドッグカフェでは抜け毛が飛散しないよう、犬の洋服を着せておきましょう。

お店によってはルールとして定められていることもあります。

愛犬とのおでかけ こんな行動はNG!

ペキニーズ.白い犬.小型犬.

マナー違反!!こんな行動はNG

①トイレシートを店内に広げる 
つい飼い主さんがやってしまいがちな行動ですが粗相をしないようにと、座席近くでトイレシートを店内に広げる行為はNGです。
衛生面・マナーの面の両面から見てもNGの行動となるので注意しましょう。

万が一店内で粗相をしてしまった場合には、速やかに片付けをしましょう。
そして店員さんに報告し謝るようにしましょう。

基本的には、マナーベルトやパンツを着用させておくことをおすすめします。

②愛犬を制御できない
店内では、飼い主さんの足元で愛犬が穏やかに過ごせるようにすることが理想的です。
食事や会話に夢中になり過ぎて愛犬の行動を無視したり、興奮している愛犬を放置することはNGです。

犬の吠える・唸る・他の犬へのマウントなどの行動は他の利用者への迷惑となってしまうでしょう。
特に吠える行動を放置すると、1匹が吠えると他の犬も吠え始めてしまいかねません。

愛犬が興奮しているようであれば、「おすわり」「まて」などの指示で落ち着かせる、あるいは人や他の犬のいない場所に出て落ち着きを取り戻させるようにしましょう。

③人の食事を愛犬に与える
ご自宅での食事中、愛犬のおねだりに食事を分け与えている飼い主さんも多いかもしれません。
しかしドッグカフェでは、人のために提供された食事を愛犬に与えることはNG行動となります。

お店によっては犬用メニューも構えられているため、人は人用、犬は犬用のメニューを食べさせるようにしましょう。

また、愛犬に人間用の食器を使うことや、一度床に置いた犬用食器をテーブルに上げることなども衛生面からNGとなるため注意してください。

④リードを離す・椅子に座らせる・椅子やテーブルに足をつかせる
一部のお店では店内で愛犬を放し飼いにしても良い場合もありますが、基本的にリードに繋いでおきましょう。

椅子に愛犬を座らせる行為もお店によってNGとなります。
座らせることのできるお店であっても、椅子にタオルやマットを敷くようにしてください。

食べ物欲しさに犬が前足をテーブルにかけるような行動もNGとなるので注意しましょう。

⑤他の犬との交流を無断で行う
ドッグカフェでは他の犬との出会いの場となります。
愛犬が他の犬と交流を持ちたがって近寄っていくこともあるでしょうが、トラブルを避けるためにもその犬の飼い主さんに一言声をかけるようにしましょう。

また、無断で他の犬に触れる、写真や動画を撮るなどの行為もNGです。
人によっては不快に感じることもあります。

挨拶をする、一言声をかけるなどして、飼い主さん同士のコミュニケーションも大切にしながらお互いが気持ちよく利用できるよう気遣いましょう。

マナーを守ること、そして衛生面にも気遣うこと

ドッグカフェでのNG行動は、ルールやマナー違反、そして衛生面への配慮が欠けた行動がほとんどです。

犬連れでないお客さんも利用している可能性があることも考えて、飼い主さんが責任持った行動を心掛け愛犬にもルールとマナーを守らせるようにしなければなりません。

また、飲食を提供するお店側のことも配慮してあげましょう。

愛犬とのおでかけ 持ち物・便利グッズ

必要な持ち物
  • マナーベルト・パンツ
  • 首輪・リード
  • ペットシーツ(マナーセット)
  • 犬の洋服
  • タオル・マット
  • 狂犬病・ワクチン注射済証

①マナーベルト・パンツ
店内での粗相やマーキングしてしまわないため、必ず着用させておくようにしましょう。

②首輪・リード
店内では常にリードに繋いでおきましょう。

③ペットシーツ(マナーセット)
トイレスペースが構えられているお店で使えます。
また、万が一おもらししてしまった時のために、念のためマナーセットを準備しておきましょう。

④犬の洋服
抜け毛の飛散防止用です。
着用させてから入店するようにしましょう。
洋服選びの際には、愛犬が快適に過ごせるサイズ、季節に応じた洋服を着せてあげましょう。

⑤タオル・マット
お店によっては愛犬を椅子に座らせてもOKのお店があります。
そんな時には必ず椅子にタオルやマットを敷いてその上に座らせるようにしましょう。
お店側で準備してくれることもありますが、慣れた物の方が愛犬を落ち着いて過ごすことができるでしょう。

また、椅子に乗せられないお店の場合には、愛犬が過ごしやすいよう床に敷いてあげる用として準備しておくと良いでしょう。
ただし衛生上、床用と椅子用はしっかり区別して使わないとマナー違反になるので要注意です。

⑥狂犬病・混合ワクチン注射済票
お店によっては入店前に1年以内の狂犬病・混合ワクチンの注射済票の提示を求められることがあります。

ドッグカフェで役立つ便利グッズ 紹介

キャバリア

①カフェマット
カフェマットとは、ドッグカフェで犬を座らせるためのマットのことです。
必要な持ち物で紹介したタオルやマットに相当します。
持ち運びに便利な折り畳みできるタイプのものがおすすめです。

◆おすすめ商品 「SAYO カフェマット」
1つ1つ手作りされた世界で1つの風合いやウォッシュド感が感じられるマットです。
軽いのでクルクル巻けば持ち運びも簡単です。
『商品はこちら』

◆おすすめ商品 「KAMAKURADOG カフェ&ランチョンマット」
カフェマットとランチョンマットがセットになった商品です。
カフェマット滑り止め加工が施されていて安心、ランチョンマットは撥水加工でお手入れが簡単です。
さらにコンパクトに収納できる巾着袋付き持ち運びも簡単です。
『商品はこちら』

②ドッグカート
ドッグカートとは、犬を乗せて移動するアイテムで「ペットカート」「ペットバギー」とも呼びます。
ドッグカフェへの道中や、カフェでの食事中などに愛犬を入れておくことができるので目を離さずに済んで安心してカフェタイムを楽しむことができるおすすめグッズです。

ただしお店によってはカートの持ち込みができない場合もあるので注意しましょう。

◆おすすめ商品 「Mother Cart(マザーカート) ラプレ」
ファッション性の高いデザイン、愛犬の乗り心地と多彩な機能性を兼ねそろえたドッグカートです。
『商品はこちら』

③マナーバッグ・ポーチ
ドッグカフェへの道中や、店内で粗相をしてしまった場合、後始末をしなければなりません。
しかしドッグカフェでは飲食をする場所なので、臭いの漏れないマナーバッグやポートがあると役立ちます。

◆おすすめ商品 「ニオワン マナーポーチ」
気になる匂いをしっかりと閉じ込めてくれるマナーポーチです。
『商品はこちら』

◆おすすめ商品 「RADICA 2WAYジップお散歩バッグ 」
シンプルなデザインに、愛犬を連れておでかけるするときの持ち運びにもちょうど良いサイズ感、さらに消臭機能付きのマナーポーチが一体型になったバッグです。
『商品はこちら』

この記事のまとめ

富山県の愛犬と一緒に行けるカフェ
  • 愛犬と入れるおすすめカフェは
    「Amigo Wan café(アミーゴワンカフェ)」
    「ドッグランのあるカフェ ハル」
    「Art&Café 胡風居(こふうきょ)」
    「ワンズクラブカフェ」
  • ドッグカフェを利用する前には、
    「狂犬病・混合ワクチン・ノミダニ予防」
    「最低限のしつけをしておくこと」
    「社会性を身に付けておくこと」が必須
  • ドッグカフェを利用するときには、
    「入店前に排泄させておくこと」
    「ヒート中は利用を控えること」
    「お店によって決められたルールを守ること」
    「犬の洋服を着用させること」      に注意!!
  • ルールとマナーを守ること、そして衛生面にも気遣うように
  • ドッグカフェへの持ち物
    「マナーベルト・パンツ」「首輪・リード」「ペットシーツ(マナーセット)」「犬の洋服」「タオルorカフェマット」「狂犬病・ワクチン注射済証」「愛犬用飲み水・ボウル」「おやつ」「粘着ローラー」   など

富山県の愛犬と行けるおすすめカフェ さいごに

富山県のおすすめドックカフェご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?ドックランに併設されているカフェが多いようですね。
今度の休日には愛犬をドッグランで遊ばせた後に、ゆったりとドックカフェで過ごしてみてはいかがでしょうか。