シーズーの特徴と服選びの際のサイズなどのポイントは?

シーズーの特徴

シーズーは、体重4~7kg前後の小型犬に分類されていますが、骨太で体つきはしっかりとしています。

また、骨格によって体重の個体差が大きいことも特徴です。

優美なロングコートで、アンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)の二重構造になったダブルコート呼ばれる被毛です。

通常ダブルコートは抜け毛が多い犬種が多いのですが、ダブルコートの中では比較的抜け毛が少ない傾向にあります。

また、シーズーは体臭が強い傾向にあり、皮膚はとてもデリケートです。

アレルギーを引き起こしたり皮膚病になりやすい犬種なので気を付けておく必要があります。

他にもシーズーがかかりやすい病気として、椎間板ヘルニアなどもあります。

シーズーの性格は、穏やかでマイペースな性格をしていますが、好奇心が旺盛で活動的な面も持っています。

シーズーの服選びのポイント

シーズーの服を購入する時は、デザインだけでなくシーズーの特徴を踏まえながら、服を選んであげましょう。

シーズーの服選びのポイント① 体にぴったりのサイズ

シーズーの服選びで最も難しいのが服のサイズかもしれません。

小さめのシーズーだと4kgなのに比べ、大きい子だと7kgにも及ぶ体重の幅があります。

また、好奇心が旺盛シーズーは遊ぶことも大好きなので、走り回ったりして活動的に過ごすことも多いです。

そんな時に、サイズが大きめの服を着ていると袖が抜けて転倒などでのケガの危険も伴います。

サイズ参考にシーズーと記載があっても、個体によって大きさも違うので愛犬のサイズに合うとは限りません。

また、着又はちょうどなのに頭でっかちなシーズーは首が通らない、首が閉まっているということもあります。

あらかじめ、シーズーを立たせた状態で首回り・胴回り・着又を図って、正しいサイズを知っておきましょう。

胴回りは、上から見て一番太い部分、着又は首回りの位置から尻尾の付け根までの長さを図りましょう。

シーズーの服選びのポイント② TPOに合わせた服選び

近年様々な機能性の服が出ています。

雨の日にはレインコート、冬場にはニットなどの防寒になるもの、夏場に服を着せるのであれば冷感素材がある物やメッシュ素材の服を選びましょう。

TPOに合わせた服を選んで、シーズーが快適に過ごせることが重要です。

シーズーに服を着せる時に注意したいこと

シーズーに服を着せる時は、選び方に合わせて正しい着せ方をしましょう。

シーズーに服を着せる時の「間違った着せ方・脱がせ方」

間違った服の着せ方をする飼い主さんがいます。

その方法は首を通して後の、前脚を通す時です。

犬の肩関節・前脚は人のように外側に開くことができません。

それを無理やり開いて前脚を通している人が意外にも多くいるのです。

シーズーに服を着せる時の「正しい着せ方・脱がせ方」

それでは正しい方法ですが、まず服を着せる時は、シーズーの後ろに座ります。

そして後ろから頭を通し、前脚は胴体に沿って折りたたんで袖を通しましょう。

脱がす時には、着せる時と逆でシーズーの前に座ります。
胴体部分をまくり上げて、片足ずつ折りたたんで肩を抜き、最後に頭からズボっと脱がせます。

イヤイヤとシーズーが嫌がっても前に座っていることで、後退してくれるので簡単に脱がせることができます。

シーズーに服を着せるときの注意① アレルギー対策

皮膚アレルギーを起こすことが多いシーズーは、服に使われている素材の化学繊維などにアレルギー反応を示すことがあります。

皮膚が弱いシーズーの場合は、アレルギーの原因となる物質が生地に含まれていないことを確認するようにしましょう。

シーズーに服を着せるときの注意② 24時間着せっぱなしにしないこと

可愛いからと言って、服を毎日24時間着せっぱなしにすることは絶対にしないようにしましょう。

抜け毛などの死毛や皮脂をそのままにしておくと、服の中が不衛生な環境となり、細菌が繁殖しやすくなります。

それが皮膚病の原因にもなり得るのです。

散歩など外出時だけ着せておくなど、服を着せるタイミングを決めておき、着せる時と着せない時のメリハリをしっかりつけるようにしましょう。

シーズーの服の洗い方

皮膚が弱くて体臭が強いシーズーなので、着せる服はこまめに洗って清潔にしてあげましょう。

洗い方

  • ①コロコロクリーナーで抜け毛を先に取り除いておく。
  • ②洗濯機で洗う。

シーズーの飼い主さんへ ペット用洗剤のすすめ!!

人の服と犬の服の汚れは違うものです。

犬の皮脂は、ワックスエステルと呼ばれていてロウ状で固く、通常の衣料用洗剤では落としきれません。

この皮脂がニオイの原因となるのです。

ペット用の洗剤を使うことで、落ちにくい皮脂にも働きかけてくれるので、シーズーの服はペット用洗剤で洗う事おすすめします。

シーズーの 汚れや臭いがひどい時

普通に洗っただけでは汚れや臭いが取れないという時には、コロコロクリーナーの後に塩素系漂白剤を使って30分程度つけ置き洗いをしましょう。

その後で、また洗濯機で洗うと良いです。

塩素系漂白剤には除菌効果もあるので、より清潔を保つことができますよ。

シーズーにおすすめの服ブランド

サイズ選びが難しいシーズーにおすすめのブランドを紹介します。

Mandarine Brothers(マンダリン ブラザーズ)

ペット情報雑誌に掲載される人気ブランドの1つです。
都会で暮らす犬たちの為にトータルでデザインを提案し、可愛いだけではなく人間と同じようにお洒落でカッコイイをテーマに安心・安全な商品を開発されています。

頭でっかちなシーズーでも着やすい服も多数扱っています。

RADICA(ラディカ)

デザインはもちろん、その季節にあった機能性も加え、着心地や素材にもこだわった高品質な服を取り扱いされています。

生地の表面温度を常に25℃に保とうとする「プレサーモC25」機能や、防蚊加工付きなど機能性に優れた服がおすすめです。

ドッグウェアショップButterfly dogcandy

カジュアルモードをテーマにユニセックス、マニッシュガーリな犬服を扱っていらっしゃいます。
何よりも嬉しいのが、セミオーダーでサイズ変更ができることです。
着又はちょうどいいのに頭が大きいため首回りが入らないというシーズーに多い服トラブルにも対応できるので、愛犬のシーズーにぴったりの服を購入することができます。

また、デザイン変更にも対応してくれるので、しっかりとおしゃれを楽しむこともできますよ。

シーズーの服選び まとめ

愛犬のために服を選ぶのは楽しい時間ですよね。

この服を着せたらどんな風になるのか、色々と創造も膨らむものです。

それでもデザインだけを重視するのでなく、シーズーが快適に過ごせるような服選びをしてあげましょうね。