パグのドッグランに行くときの注意点とは?

天真爛漫で遊ぶことが大好きなパグ。 ドッグランは、犬同士で自由に走り周り、飼い主と遊ぶことができる、パグに限らず犬が大好きな場所です。 今回は、パグがドッグランに行くときに注意したいことをまとめてみました。

パグとドッグランに行く前にしておくこと

ドッグランへの入場には、ワクチンなどの予防接種が受けられていることが条件となっています。

場所によっては証明書の提示が必要な施設もあります。
また、最低限のしつけも必要です。

これは他の犬とのトラブルを避けるために必要なことです。

「来い」「まて」「おすわり」などの基本的なコマンドをマスターさせておき、いざという時に備えましょう。

他の犬とのトラブルを避けるためにしておきたいことの1つに、ドッグランの前に他の犬に慣れさせておくことも必要でしょう。

パグは友好的な性格の犬が多いのですが、社会性が身に付いていない場合だとせっかくのドッグランが楽しめなくもなります。 日々の散歩やお出かけなどで、他の犬とも接するようにしておきましょう。

ドッグランに行ったら注意したいこと

パグとドッグランに行ったら注意すること① 最低限のマナーを守る

多くの犬が利用するドッグランなので、パグも飼い主さんも最低限のマナーを守って利用するようにしましょう。

パグとドッグランに行ったら注意すること② できるだけ排泄はさせてから入場する

もし施設内で排泄した場合は速やかに片づける(施設によって水を撒くなどのルールがあることもあります)

パグとドッグランに行ったら注意すること② 発情中

発情中は利用しない

パグとドッグランに行ったら注意すること③  入場してすぐにリードを離さない

ドッグランを一周して興奮が治まってから離すようにしましょう。

パグとドッグランに行ったら注意したいこと④ ゴミや排泄物は持ち帰る

パグの飼い主でなくても当然のことですよね

パグとドッグランに行ったら注意すること⑤ ドッグラン内で食事しない・させない

他の犬とのトラブルになることもあります。

パグとドッグランに行ったら注意すること⑥ 施設のルールを守ること

施設施設によってルールが違いますので、利用前に確認を

パグとドッグランに行ったら注意すること⑦ 愛犬から目を離さない

どんなにパグが自由に過ごせる場所だからと言っても、パグを放してそのままにしないようにしましょう。
愛犬の行動は全て飼い主の責任になります。

どんなに行き慣れているとしてもいつ何が起こるかの予測はつきません。 飼い主同士で会話している時でも、パグから目を離さないようにしましょう。

パグとドッグランに行ったら注意すること⑧ パグにこまめな休憩と水分補給をさせること

短頭種で鼻ぺちゃのパグは、夏場の熱い空気を吸い込むと、肺に到達するまでにその熱を冷ましきれずに体温が上がりやすい傾向がある犬種です。

犬は舌を出してハァハァさせて体温を下げますが、鼻の奥が狭くなっているパグは体温調整がしにくくもあります。

そのため熱中症になりやすく、ドッグランでの激しい運動や夏の暑さには注意が必要です。
パグが夢中で遊んでいたとしても、こまめに休憩を取らせて水分補給をさせることを忘れずに行いましょう。

パグとドッグランに行ったら注意すること⑨ クールダウン

パグの長所として友好的な性格がありますが、友好的過ぎて他の犬を追い回してしまうこともあるようです。

相手の犬とのトラブルや、その犬の飼い主さんに不快な思いをさせてしまうかもしれません。そんな時にはパグにクールダウンをさせてあげましょう。
パグを呼び寄せて休憩させたり、その犬を目で追わなくなるまで「待て」と言って落ち着かせましょう。

パグのドッグランに行くときの注意点 まとめ

パグとドッグランを楽しむためには、ルールやマナーを守ることが必要です。
どんなに行き慣れたドッグランだとしても、様々な性格や特徴を持った犬が集まる場所なので、何が起こるか予想はできません。

注意を怠らず、安全で楽しい時間を過ごせるようにしましょう。