トイプードルのオスとメスの性格は違う?


トイプードルの基本情報

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:3.2〜4.5kg
  • 体高:24〜28cm以下
  • 被毛:シングルコートの巻き毛
  • 毛色:レッド、アプリコット、シルバー、ブラック、ホワイト、クリーム、ブラウン、ブルーなど多数
  • 価格相場:20〜30万円 血統や見た目、流行りの毛色により価格は上がる傾向
  • 平均寿命:12〜15歳
トイプードル

トイプードルの身体的特徴

トイプードルのスタンダードな体型は「スクエアタイプ」と呼ばれ、手足と同の長さが同じ長さの体型になります。

大変バランスのとれた体つきになるので、どんなカットスタイルも似合う、理想的な体型になります。

ただ最近の傾向としては、「ドワーフタイプ」と呼ばれる手足が短く、胴が長いタイプや「ハイオンタイプ」と呼ばれる手足が胴よりも長いタイプが人気になっています。

ドワーフタイプは、ショードッグとしては好ましくない体型ではありますが、愛玩犬としてはとにかく見た目が愛らしく、テディベアカットが似合い、ぬいぐるみのようなルックスになるため、大変人気があります。

ハイオンタイプに限っては、手足がすらりと長く、モデル体型であるため、ドッグショーでも注目されるタイプになっています。

トイプードルの性格・気質

  • 賢く、物覚えが早い
  • ポジティブ思考
  • フレンドリー
  • 愛情深い
  • 甘えん坊
  • フレンドリー
  • 警戒心が強い
  • 穏やか
  • 活発に動くのが大好き

トイプードルは、犬初心者でも飼いやすいと言われるほど、物覚えが早く、しつけを簡単にマスターしてしまいます。

もともと性格が穏やかなので、必要以上に無駄吠えが多いこともなく、フレンドリーなので、家族以外の人とも仲良くすることができ、愛玩犬として、見た目だけではなく、性格的にも完璧と言える犬種になります。

ただし、どんなに飼いやすい素質を持ったトイプードルでも、育て方次第では、大変わがままで協調性のない、問題犬になってしまうこともありますので、かわいがることと甘やかせることを混同せず、正しい飼い方をすることが必要になります。

トイプードル

トイプードルのオスとメスの性格の違い

それでは、さっそくトイプードルのオスとメスの性格の違いをみていきましょう。

オスのトイプードルはべったり甘えんなパピー

オスのトイプードルは、成犬になっても子犬の頃のように甘えん坊です。

依存心も強く、飼い主さんにべったり甘えるトイプードルも少なくありません。

成犬やシニア犬になっても、オスのトイプードルの場合、子犬の時とさほど変わりなく、やんちゃにはしゃいだり、飼い主さんにストレートな愛情表現をしてきます。

寂しい時は、これ以上ないくらい「寂しかったよ〜!!」アピールをしてきますし、嬉しい時は、ブンブンしっぽを振って教えてくれます。

そんなわかりやすい喜怒哀楽の表現をしてくれ、大変わかりやすく意思疎通が容易にできることが、オスのトイプードルの良さでもあります。

また、いたずら好きで活発な性格なので、遊ぶのが大好きです。

いくつになっても無邪気に遊ぶ様がとてもかわいらしいのがオスの特徴です。

犬にはべったり甘えてほしいと思う人にはオスがおすすめです。

トイプードルに限らず、オスの犬は本能的に縄張りを主張する働きがあるため、あちこちにマーキングをすることがあります。

興奮すると本能的にオシッコをしてしまうこともあります。

マーキングは去勢手術によって抑えることができるともいわれていますし、オスのトイプードルを飼う際には、室内でマーキングさせないように、トイレのしつけを徹底する必要があります。

メスのトイプードルは心優しく癒しのプロ

メスのトイプードルは穏やかで大人しく、喜ぶことはあっても沈静するのが早いです。

成犬になると独立心も芽生え、甘えてはくるもののベタベタし過ぎることはあまりないようです。

しかしながら場の空気を読むのがうまく、飼い主さんが悲しい時にはそっと寄り添ったりする優しい面があります。

また、メスのトイプードルは癒し上手です。

大変賢い上に、場の空気を読む繊細さも兼ね備えているため、長くメスのトイプードルと生活していると、お互い、言わなくても伝わる気持ちというものが生まれてきます。

いつか人間の言葉を話すのでは?と思えるほど、人の気持ちを察することが上手で、それは小さな子供に対しても同様で、時には姉妹のように子供の相手をしてくれることもあります。

メスのトイプードルを飼う上で気にしなければないことが1つあり、それは、メスは生理になります。

生理中は出血するのでオムツやパンツが必要です。

生理になると、ヒートと呼ばれる「さかり」を迎えますが、ヒート時のメス犬は落ち着きがなくなり狂暴化することもあります。

普段大人しい犬でも、噛んだり吠えたりすることがあるので気を付けなければなりません。

避妊手術をすると、生理やヒートのストレスを避けることができるといわれています。

トイプードルのオスとメスのしつけ方法

性格の違いが分かったところで、オスとメスに適したしつけ方をみていきましょう。

オスのトイプードルのしつけは、メリハリをつけて行おう

トイプードルのオスは甘え上手なので、犬のペースに乗せられないようにしましょう。

上手くできたら褒めて悪いことをしたら無視する、とメリハリをつけることがポイントです。

また、部屋の中ではマーキングをしないようにすることが大切です。

トイレのしつけは、飼い始めからしっかり行いましょう。

オスのトイプードルは、飼い主さん命になることが多く、とにかく褒めて喜ばせてあげることで、更に飼い主さんに褒められよう!とモチベーションをあげてくれます。

オーバーな褒め方をすることで、どんどんオスのトイプードルはいろんなことを覚えていくので、しつけの際には、失敗をさせないように、わざと成功するように仕組んであげるやり方をするのがベストでしょう。

◆オスのトイプードルのしつけ例

トイレのしつけの際、失敗させないために、トイレトレー以外にもサークル一面にトイレシートを敷きます。

そうすると、どこでオシッコをしても成功となり、オスのトイプードルを褒めてあげることができます。

トイレシートで排泄したら褒め、1枚トイレシートを減らし、失敗したら1枚トイレシートを増やす。

その繰り返しだけです。

単純に見えますが、とにかく褒めるということに重点を置き、褒め倒して学習させるのが、オスのトイプードルが早く学習するポイントになります。

メスのトイプードルのしつけは、根気よく行おう

メスのトイプードルはオスに比べると比較的落ち着いているため、物覚えも早くしつけがしやすいでしょう。

トイプードルは頭の回転が良いので、要領よくこなします。

たとえば、オスワリの指示でフセまで先回りしてやってしまうということがあります。

逆に、気をつけたいのは、賢く要領がいいがために、ずる賢くなることもあり得ます。

普段は優しく優秀なトイプードルでいますが、何かを欲しい時など、頭脳プレーを見せることがあります。

そのためしつけは根気よくじっくりと行いましょう。

◆メスのトイプードルの頭脳プレー

飼い主さんのおやつを欲しいとねだりますが、もらえません。

メスのトイプードルは考えます。

ゴミ箱に走って行き、ゴミを漁るフリをします。

飼い主さん、慌てて止めに走ります。

メスのトイプードルはその場から立ち去り…

飼い主さんがおやつに戻ると、おやつはありません。

はい。

飼い主さんが目を離すように仕組み、トイプードルがおやつを横取りしたのです。

大変賢いのです。

このように、涼しい顔をしていろんなことをやらかしてくれるのも、メスのトイプードルのかわいさではありますが、要領がいいメスならではのずる賢さに騙されないようにご注意ください!

トイプードルの性格は、オスメスよりも個体による違いの方が大きい

トイプードルの性格は、オスメスの違いよりもそれぞれの個体による違いの方が大きいです。

育ってきた環境によっても性格は大きく変わります。

また飼い主さんとの相性や飼い方によっても変わっていくことがあります。

とにかくやりたい放題、何でも要求を聞いてくれるという環境で育ったトイプードルは、それが当たり前になっているので、何かを我慢するということができません。

  • 欲しい時には吠える
  • 嫌な時には吠える
  • それでも要求が通らないと噛む

という1番なってもらっては困る犬になってしまいます。

また、厳しくすればいいということでもありません。

何をするにも厳しく叱りつけ、いろんなルールで縛り付けるような育て方をしてしまうと、どんなに元はフレンドリーなトイプードルでも、人を怖がるようになったり、感情を外に出せないような性格になってしまいます。

トイプードル,黒

犬の性格の大半は、生後1~4か月の社会化期をどう過ごすかで決まってきます。

通常、一般家庭で犬を飼い始めるのが生後3か月ぐらいです。

生後半年を過ぎた犬は、性格が形成されており経験者でないと飼うのが難しいです。

トイプードルがもともと持っている性格や、オスメスでの性格の違いもありますが、それ以上に大切なのは、私たち人間が、トイプードルにとってどれだけ健全な環境を与え、育ててあげられるかになります。

初めて犬を飼う人は、生後3か月ぐらいの犬が飼いやすいといえます。

犬を飼うことが初めてで、しつけに自信がないなんて時は、積極的にドッグトレーナーや動物病院などで行なっているしつけ教室などを利用することをおすすめします。

この記事のまとめ

トイプードルのオスとメスの性格は違う?
  • 体重:3.2〜4.5kgの小型犬。シングルコートの巻き毛
  • 毛色:レッド、アプリコット、シルバー、ブラック、ホワイト、クリーム、ブラウン、ブルーなど多数
  • 性格:穏やかな性格で、物覚えが早いため犬初心者でも飼いやすい。社交的なので家族以外とも仲良くできることが多い
  • トイプードルのオス:逝くつになっても子犬のような振る舞いで、ストレートな愛情表現をする。飼い主さんに甘えることが大好き
  • トイプードルのメス:独立心があり、場の空気を読む繊細さがある。人の気持ちを汲んで行動する
  • トイプードルのオスのしつけ方法:とにかく褒めてモチベーションをあげてあげる
  • トイプードルのメスのしつけ方法:しつけに苦労はないが、ずる賢さに負けないようにする
  • トイプードルの性格は、性別よりも育つ環境や育ち方によることが大きい

トイプードルのオスとメスの性格は違う?  さいごに

トイプードル,白

トイプードルの性格は、オスが甘えん坊、メスが優しいという特徴があるのですね。

しかし性格には様々な要素が絡み合っており、性別だけでは判断できないのも事実です。

実際にトイプードルを飼う時には、一体ずつの性格をよくみて自分の家庭に合う犬をお迎えしましょう。

飼っていくなかで、ご自身のトイプードルだけの性格の癖などが見えてきて、そういう発見を繰り返すことで、ご自身のトイプードルが無二の存在になっていくのではないでしょうか。

そうすることで、犬も飼い主さんも楽しい毎日を送ることができるでしょう。

みなさんのトイプードルがそれぞれのお宅で、みなさんを笑顔にし、またトイプードル自身も笑顔いっぱい幸せでいられますように。