夏も出るフケの防ぎ方=ダックスフンド編=

ダックスフンドにもフケが出ることがあります。フケと聞くと、皮膚が乾燥して出るイメージがありますよね。でも、夏でもフケが出る場合があるのです。夏は乾燥の時期とはかけ離れていますし…何が原因で対処法はどうなのでしょうか。

夏のダックスフンドのフケの原因は?

犬のフケの原因はいくつも考えられるのですが、特に夏に多く見られる原因を中心に探ってみましょう。

水遊びやシャンプー後にドライせずに放置

夏は犬たちも暑がりますので、水遊びなどする機会が増えますね。また、シャンプー後も熱いドライヤーをかけるのが気の毒に感じ「どうせ暑いし自然乾燥でも」なんて、放置にしがちではありませんか?
それが場合によりフケの原因になることもあります。

濡れた状態が続くと、被毛の中が蒸れた状態になるので雑菌が繁殖しやすくなり、結果皮膚トラブルとしてフケが出ることになります。

ダックスフントにシャンプーが合わない・シャンプーのしすぎ

夏は冬よりも頻繁に愛犬をシャンプーすると思いますが、そのシャンプーは合っていますか?

合わないシャンプーを愛犬に気付かず使い続けると、それもフケの原因になります。
また、あまりにも頻繁なシャンプーもいけません。

そして、犬をシャンプーした時にはすすぎ残しがないように、十分に洗い流しましょう。

膿皮症や脂漏症

膿皮症は、高温・多湿な環境で起こりやすくなります。

夏の湿度が高い環境では犬の皮膚は雑菌が繁殖しやすく、膿皮症になりやすい季節です。

また、脂漏症という皮膚疾患でもフケが出てきます。

ダックスフンドの防止対策をしよう!

ダックスフンド,アジサイ,
ダックスフントのフケ防止は様々ありますが、夏に起こりやすいフケ問題に特化しますと、日本の夏は高温多湿で、犬自身も体に熱がこもったり、濡れたままの放置で、不衛生な状態になりがちです。


常に犬の皮膚が清潔に保つように心がけ、ブラッシングをマメにすることが大切です。また、ノミやダニが原因での皮膚疾患を防ぐためにも、家の中の掃除も怠らないようにしましょう。


シャンプーに関しても、使っているシャンプーが犬にとって適切かどうか確認してみましょう。季節や皮膚の状態に合わせてシャンプーを変えてみることも有効です。

ダックスフンドのフケ、こんな時は病院へ

ダックスフンド,病院
ダックスフンドのフケの原因にもよりますが、単純なシャンプーの問題や一過性の皮膚の乾燥や脂性になっていることでのフケならば、飼い主さんの工夫で治る場合も多いですが、しつこく皮膚を痒がる場合などは、早めに獣医さんに診てもらいましょう。
皮膚疾患は慢性化してしまうと治りにくくなってしまいます。