柴犬の子犬が下痢をした!?まず家でできることとは?

柴犬の子犬は、よく下痢をします。下痢には環境の変化によるストレスや食べ過ぎが原因等、あまり心配がないものも多いですが、大きな病気が隠れている場合もあります。柴犬の子犬が下痢をした場合、まず家で何をすればいいのか、どういう状態になったら動物病院へ行くべきか、下痢の原因とともに、ホームケアについて考えていきましょう。

柴犬の子犬の下痢の原因とは?

まず柴犬の子犬が下痢をしてしまう原因について考えてみましょう。ドッグフードを食べ始めて間もない子犬では、胃腸が未熟なために、ちょっと食べ過ぎてしまうと下痢になってしまうことがあります。牛乳を与えると乳糖不耐症のために下痢をする子犬も多いです。乳糖不耐症でなくても、冷えた牛乳を与えるとお腹が冷えて下痢をすることがあります。

家に迎えてしばらくの間は環境に慣れていないこともあるので、そのストレスから下痢をしてしまうこともあります。また腸内に寄生虫がいる場合、ウィルスに感染している時、アレルギー、食中毒、異物を食べてしまった、食糞などが原因になることもあります。病気による下痢の場合は、下痢以外の症状が出ることが多く、食欲や元気がなくなり、ぐったりとしてしまうことが多いです。

柴犬の子犬が下痢をしても元気なら?

子犬は下痢をよくするので、その度に動物病院へ行くのも大変です。下痢をしても他の症状がなくて元気も食欲もあるようなら、まずは家で様子を見ましょう。下痢をしているからと水を与えないのはNGです。脱水症状にならないためにも、いつも新鮮な水を飲めるようにしておいてあげましょう。ただし水は冷えていると下痢が悪化しますので、冷えていないものを与えましょう。まだ迎えて間もない子犬は環境変化のストレスが原因になっていることが多いので、あまり構わずにしばらくは静かに環境に慣れるのを見守ってあげましょう。構いすぎるとストレスになることがあるので、小さい子供がいる家庭では注意が必要です。

冷えが原因の場合は、部屋を暖かくしてあげましょう。お腹の部分を温める服を着せてあげてもいいでしょう。夏でも水は冷やしたものを与えるのは避けましょう。ドッグフードが合わなくて下痢をする場合もあるので、ドッグフードが原因ではないかと疑わしい時は、フードを替えてみてもいいでしょう。ただし一気に変えてしまうとそれもストレスになりますので、少しずつ今までのフードと混ぜて替えていくようにします。あまりにも下痢の状態がひどい場合は、食事を一日抜いて様子を見ましょう。

動物病院へ行く前に柴犬の子犬の下痢の状況をメモ

家で様子を見ていても一向に良くならない場合、また下痢と嘔吐など、他の症状が出ている場合、また元気も食欲もなくぐったりしている場合は、動物病院で診てもらうようにしましょう。その場合はいつから症状が出たのか、その時に何を食べたのか、誤食の可能性はないか、便の様子はどうなのかをメモしておいて、獣医さんに伝えましょう。可能であれば便を少量持っていくようにすれば、原因がすぐにわかることが多いです。

まとめ

柴犬の子犬は下痢をよくします。環境の変化によるものが多いですが、病気によるものもあるので注意が必要です。下痢以外の症状がなく、元気で食欲もあるなら、様子をよく観察しておきましょう。原因がわかるのなら、その原因を遠ざけるようにしましょう。下痢の他にも症状があり、食欲もなくぐったりしているのなら、動物病院で診てもらいましょう。病院へ行く時には、詳しい症状や便の様子をメモして持っていくようにしましょう。