柴犬のお手入れについて考えてみよう!どんなお手入れが必要?

柴犬は外で飼われていることが多く、毛が長く伸びる犬種でもないので、あまりお手入れが必要な犬だという印象がありません。しかし皮膚病になりやすく、春と秋の換毛期には抜け毛がとても多く、お手入れは必須となります。そこで、柴犬にはどういうお手入れが必要なのか、どのようにすればいいのかを考えてみることにしましょう。

柴犬に必要なお手入れとは?

柴犬の被毛の仕組みはダブルコートと言います。他のダブルコートの犬種はゴールデン・レトリバー、キャバリア、ポメラニアン、秋田犬、チワワなどで、体の大きさや毛の長さには特に関係ないことがわかります。柴犬は毛の長さはそれほど長くありませんが、ダブルコートという、上毛と下毛の二層構造になっている被毛なので、春と秋の換毛期には抜け毛が増えます。

柴犬は皮膚病になりやすいので、抜け毛が多い時期にお手入れをしないで放置していると、皮膚病を起こす確率が高くなります。換毛期の手入れと言っても、それほど難しいことではありません。被毛の手入れをして清潔に保つということで十分です。柴犬は小型犬よりも大きいので、シャンプーは慣れない人にとっては難しいかもしれません。しかし特に換毛期には月に2回位のシャンプーをして、きれいにしてあげたいものです。

柴犬のお手入れ~シャンプー

柴犬のシャンプーは、抜け毛を洗い流す、ノミやダニなどを洗い流す、汚れを落とす、という効果があるので、通常は月に1回位、換毛期や暑い時期などには月に2回位シャンプーをしてあげましょう。シャンプーは子犬の頃から慣らしておくと、それほど嫌がることはないかもしれませんが、成犬になってからいきなりやろうとすると、暴れてできる状態にならないかもしれません。シャンプーが嫌いな犬は多いです。小型犬であれば何とかなるという人も多いかもしれませんが、柴犬の成犬に本気で暴れられると、かなり大変ですよね。

柴犬を洗う場合は、あまり刺激が強くないシャンプーで、肉球の間までしっかりと洗ってあげてください。お腹や足の内側は洗い忘れをしやすいので、注意しましょう。洗い終わったらすすぎはシャンプーがなくなるまできれいに洗い流しましょう。シャンプーが終われば乾燥ですが、これも一苦労です。タオルで水分を十分に拭き取ってから、しっかりとドライヤーを使って乾かしやすいところから乾かしていきましょう。ここまでの作業はとても大変ですが、どうしても柴犬が暴れてできないようでしたら、無理をしないでペットサロンで行ってもらうことも考えましょう。

柴犬のお手入れ~でブラッシング

柴犬は毛があまり伸びませんが、ブラッシングは欠かせません、特に換毛期のブラッシングは毎日行うようにしましょう。ブラッシングは抜け毛が床に落ちる前に取り除くことができるとともに、ノミやダニ、ホコリなども取り除くことができます。また適度なマッサージにもなり、皮膚の状態を確認することもできます。

ブラッシングに用意しておくと便利なものは、スリッカーブラシ、コーム、ラバーブラシです。スリッカーブラシはもつれた毛をほぐして、体についた抜け毛を取り除くことができます。コームは全体的に被毛を梳くことができるので、普段のブラッシングならコームだけでもいいかもしれません。ラバーブラシは柔らかくて金属のコームに比べると痛くないので、コームでのブラッシングを嫌がる犬にも使うことができます。また皮膚のマッサージにもなるので、ラバーブラシを使うと気持ちよとそうにしている犬が多いですね。

まとめ

柴犬は抜け毛がとても多いので、抜け毛対策にもなるシャンプーとブラッシングは必須となります。シャンプーはペットサロンにまかせることもできますが、毎日のブラッシングはきちんとしてあげるようにしましょう。爪切りは、毎日散歩をしている柴犬であれば爪がすり減るので、それほど必要がない場合もあります。柴犬は大きくてお手入れも大変なので、できない場合は無理をしないでプロの助けを借りることも考えましょう。