柴犬の歯磨きは必要?歯磨きの方法は?

柴犬は歯が丈夫なので、歯磨きは必要ないと思い込んでいる人は多いですね。しかし犬は歯垢が溜まりやすく歯周病になりやすいのです。歯周病を防ぐためには歯磨きが必要なのですが、歯磨きが好きな犬は少なく抵抗されることが多いです。柴犬のスムーズな歯磨きはどうすればいいのか、どうしても嫌がる時はどうすればいいのか、考えてみましょう。

柴犬に歯磨きは必要?

犬は歯が丈夫だというイメージがありますよね。柴犬は体が大きく、歯の大きさも小型犬より大きいので、とても丈夫そうですが、実は犬は人間よりも唾液が少なく歯垢が溜まりやすいのです。歯垢が溜まってくると歯石になり、口臭もひどくなり歯周病や虫歯になりやすくなります。

歯垢を溜まらないようにするには、歯磨きが一番です。柴犬は自分で歯磨きができませんので、飼い主が歯磨きをしてあげる必要があります。口周りを触られるのが好きではない犬が多いので、抵抗する犬が多いですが、子犬の頃から慣らして歯磨きを習慣化することが必要です。歯磨きの頻度は一週間に一度以上、磨いてあげるようにしましょう。できれば毎日磨くのが、忘れずに習慣化できるので望ましいですね。

柴犬の歯磨きの方法は?

歯磨きをするのを好む犬はあまりいないですが、子犬の時から慣らしておくと抵抗されずに歯磨きをすることができるようになります。子犬の時には大抵の犬の歯は、まだきれいです。きれいだからと、歯磨きの習慣をつけないでいると、成犬になってから慣らすのはかなり苦労してしまいます。歯がきれいだと思っていても、すぐに歯垢が溜まって汚れが目立ってきますので、ぜひ子犬の時から始めてくださいね。

歯磨きをしようとあせって、いきなり口の中に手を入れて、すべての歯を磨くのは難しいです。口の周りを触られることに慣れさせて、少しずつ口を開けて、磨きやすい歯から磨いていきましょう。口の中を触るトレーニングの際には少量のおやつ(ごほうび)を利用することもやむを得ないかもしれません。もちろん口の中を触れるようになったらおやつはストップします。最初から歯ブラシで磨くことは難しいので、犬用の歯磨きシートやガーゼをしっかりと指に巻いて、少しずつ磨いていきます。徐々に奥歯まで磨けるようにしましょう。指につけるタイプの歯ブラシもあるので、それを利用してもいいですね。口の周りを触られることは嫌なことではない、というのをインプットさせることに成功すれば、歯磨きもそれほど難しくなくなるでしょう。

柴犬が歯磨きを嫌がる時は?

子犬の時に口の周りを触られることに慣らしていなかった場合、成犬になってからいきなり歯磨きをしようとしても難しいことが多いですね。また子犬でも頑固な犬の場合は、なかなか口の周りを触らせてくれずに噛みついてくるかもしれません。慣らそうとしてがんばっても、どうしてもダメだった場合は、無理はできませんね。

歯石が溜まっている場合は動物病院で取り除いてもらうことができます。またペットサロンでも歯磨きを行ってくれるところもありますので利用してみるといいでしょう。おやつの「はみがきガム」も噛みながら歯を鍛えて汚れもある程度落としてくれるので、甘いおやつを与えるよりは効果的です。しかしガムばかりに頼らず、たまには愛犬の口の中の様子はどうなっているか、歯垢が溜まっていないかをチェックしてあげるようにしたいものです。

まとめ

犬は歯が丈夫だというイメージとは裏腹に、歯垢が溜まりやすく歯周病になりやすいのです。歯周病を防ぐには、飼い主が歯磨きをしてあげる必要があります。成犬になって歯磨きをしようとしても難しいことが多いです。子犬の頃から、口の周りや口の中を触られることに慣れさせて、少しずつ歯を磨いていきましょう。犬用の歯磨きグッズがたくさん市販されているので、利用すると便利です。できれば毎日の歯磨きを習慣にしたいですね。