動物看護師が教えます!!犬 の外耳炎について

今回は、犬の外耳炎についてです。飼い主は、よく「愛犬が耳を痒がっている」ということで、動物病院に来院されることが多いです。しきりに後ろ足で一生懸命、耳の周囲を掻いてしまうため、場合によってはさらに悪化してしまうこともある、外耳炎は犬がかかりやすい病気や保険請求をされる病気の中でも上位となっています。では、動物看護師の経験を活かして、詳しくご説明いたします!!

外耳炎とは?

外耳炎とは、耳の病気です。真菌(マラセチア)や細菌が原因での外耳炎、寄生虫が原因での外耳炎など、外耳炎はさまざまな原因で起こります。外耳炎で特に多い原因となっているのは、真菌(マラセチア)です。これは、カビの一種であり、健康な犬はどの犬も持っている菌です。この菌は免疫力が低下したときなどに増殖し易いです。
また、犬の外耳の形は「L字」をしているため、湿気がこもりやすくなっています。そのため、細菌なども増殖し易いのです。
外耳炎になりやすい犬種は、ゴールデン・レトリーバー、トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンド、アメリカン・コッカー・スパニエルなどの、「垂れ耳」に多くみられます。その理由は、垂れ耳のためチワワや、パピヨンなどの立ち耳より、耳の中の通気性が悪いことが挙げられます。

症状とは?

外耳炎の症状は、主に「耳やその付近を後ろ足で掻く、耳の中が臭う、頭を振る」ということです。これらの症状が見られたときに飼い主は気づくことが多いです。
外耳炎になると、耳の中が炎症を起こして茶褐色の耳垢が溜まってきます。また、慢性化すると、皮膚に厚みができ、耳の穴(外耳道)を塞いでしまうこともあり、さらに通気性が悪くなることの他、治療もしにくくなります。

治療方法とは?

耳洗浄や点耳薬、内服薬です。耳垢の細菌を調べるために細菌の検査をおこない、薬を決定していくこともあります。さらに、耳ダニの場合は駆虫薬の使用で治療することができますので、状態によって治療方法は変わってきます。また、症状が改善されるまではだいたい、数日~数週間ほどかかります。なかなか症状が改善されない場合は、継続的な治療が必要となってきます。
腫瘍や重度の外耳炎ですと、外科的治療が必要な場合もあります。
かかりつけの動物病院の獣医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

予防方法は?

こまめに耳の中のチェックをしましょう。垂れ耳の犬種の場合は、トリミング時などに耳の中の毛も抜いてもらい、通気性を常によくしておきましょう。また、ホームケアとして、週に1回程度の耳掃除もよいです。ただし、耳掃除はあまりやりすぎると逆効果になることもありますので注意してください。
耳掃除のやり方は、市販のイヤークリーナーをコットン等に浸け、外耳を軽く拭きとります。さらに、耳の中に数的垂らし、耳の付け根を軽くマッサージします。そして、愛犬が頭を振った時に中から出てくる液をコットン等で拭き取ってください。
常に清潔に保つことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?一度かかると再発の恐れのある外耳炎ですが、しっかり治療をおこなう事で、悪化などを防ぐことができます。痒みを伴うことが多く、愛犬にもストレスがかかってしまいますので、できるだけ早期に動物病院に連れていきましょう。