【動物看護士が解説!】犬 の子宮蓄膿症ってどんな病気?

メス犬がかかる病気の子宮蓄膿症は、若いメス犬にもみられることはありますが、特に中高齢の避妊手術をしていないメス犬に多くみられます。では、実際はどのような症状などがでるのでしょうか?症状の他、治療方法などについても、動物看護師の実際の経験を活かして解説していきます。

子宮蓄膿症とは?

子宮内に細菌が侵入して炎症を起こし、また、細菌感染によって子宮内に膿が溜まってしまうという病気です。

この病気の原因は、大きく分けて「細菌による感染」と「嚢胞性子宮内膜過形成」の2種類からなります。
細菌による感染とは、メス犬の発情(ヒート)時は、免疫が低下しているために細菌などが侵入しやすくなっています。

発情が終わった黄体期は特に注意が必要です。
嚢胞性子宮内膜過形成とは、ホルモン等の影響で子宮内膜症を起こし、子宮蓄膿症へと移行していくとされています。

こちらはの場合は出産経験後から年数が経っていたり、出産経験がない、避妊手術をしていないメス犬やメスの老犬に多くみられます。

子宮蓄膿症の症状とは?

  • 元気がなくなった
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲の低下
  • 陰部から膿がでてくる
  • お腹が膨れている
  • 多飲多尿

上記の症状がみられます。子宮蓄膿症は放っておくと膿が子宮内に溜まるため、腹膜炎を起こしたり、さらに、膿の毒素により敗血症ショックなどを起こしたりと、死に至ることもある怖い病気でもありますので、早めに動物病院へ連れていきましょう。

子宮蓄膿症の治療方法は?

血液検査で、炎症反応や白血球数などの数値の確認や、エコー検査、レントゲン検査での子宮内の状態を確認します。治療方法は、主に外科治療の手術で、子宮と卵巣を摘出することです。しかし、内科治療による抗生物質の投与や、点滴などで様子を見るという場合もあります。

しかし、なかなか完治が難しいため、多くは外科治療の選択となります。
外科治療による手術費用の目安は、犬の大きさや動物病院、地域によってそれぞれですが、だいたい70,000~150,000円です。

費用の中には、麻酔や手術、入院、投薬、検査の費用が含まれています。入院の日数は3日~7日くらいです。術後の経過(食欲や傷口の状態)、また、動物病院内での様子など(そわそわして落ち着けていないなど)によっても決まります。

子宮蓄膿症とは?子宮蓄膿症とは?予防方法はあるの?

子宮蓄膿症は、子宮内の病気ですので避妊手術をおこなうと、この病気にはかかりません。

しかし、避妊手術にも手術中の麻酔や術後の体質の変化などのリスクがありますし、避妊手術をしていないからとって、必ずなる病気でもありませんので、この病気の予防・・・というような理由での避妊手術はお勧めしません。

獣医師とよく相談をした上でおこないましょう。日々の健康チェックなどで愛犬の普段の 状態を把握し、食欲の低下などがみられた際には、早期に動物病院へ行くことが大切です。

犬 の子宮蓄膿症ってどんな病気? まとめ

犬 の子宮蓄膿症について説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

子宮蓄膿症は、様子見をしても治る病気ではありませんので、元気や食欲がなくなるなどの普段と違う症状があらわれたら、すぐに動物病院へ連れて行ってください。早期発見が大切です。