【動物看護士が解説!】犬の 寄生虫の種類、駆除方法や予防方法について

みなさんは「寄生虫」って、聞いたことはありますか?愛犬の身近な寄生虫でいいますと、春から予防されているフィラリアです。そして、ノミやマダニ・・・他にもさまざまな寄生虫がいるんですよ!動物病院でも時々見かけます。では、紹介していきます。

犬に寄生する寄生虫の種類

寄生虫とは、動物(宿主)の体内や体表に住みついて、栄養などをその動物から吸収して生きている生物のことをいいます。

ここでは、大きさや形もさまざまでた形にも特徴がある寄生虫も多いです。寄生虫は大きく分けて2種類に分けられます。

犬に寄生する寄生虫の種類① 外部寄生虫

主に体表にとどまっていることです。

外部寄生虫には、ノミやマダニ、アカラス(毛包虫)、疥癬(ヒゼンダニ)が挙げられます。

ノミやマダニは肉眼でも確認でき、犬の皮膚に寄生しています。

春から夏にかけて散歩などに連れて行った際、犬の皮膚に付着することがあります。

アカラスなどは顕微鏡で確認が可能です。

犬に寄生する寄生虫の種類② 内部寄生虫

主に体内に寄生しています。

フィラリア(犬糸状虫)、回虫(かいちゅう)、条虫(サナダムシ)、鉤虫(こうちゅう)、鞭虫(べんちゅう)、原虫(げんちゅう)などが挙げられます。

犬の排便などで体外に出てきた場合、肉眼で確認できる寄生虫もいます。
また、これらは、いずれも犬の臓器(腸管や、心臓など)に寄生しています。

寄生虫によって起こる犬の病気とは?

外部寄生虫、内部寄生虫が愛犬にそれぞれ寄生した場合、どのような症状がでるのでしょうか?簡単にまとめました。

寄生虫によって起こる犬の病気 外部寄生虫

外部寄生虫によって起こる犬の病気① ノミやマダニ

犬の症状として脱毛がみられたり、痒がったりする。

ノミは、犬の体表を飛んでいる姿を見ることができ、マダニは、皮膚や被毛に付着し、血液を吸います。

吸い終わったころには元の大きさの2倍以上に体が膨らみます。


外部寄生虫によって起こる犬の病気② アカラスや疥癬

犬の耳や顔などに脱毛がみられ、痒がったりします。

寄生虫によって起こる犬の病気 内部寄生虫

内部寄生虫によって起こる犬の病気① フィラリア(犬糸状虫)

主に犬の心臓や肺動脈に寄生し、感染初期の症状はほとんどないが、やがて咳や、食欲の低下などがみられ、悪化すると死亡する。

そうめんの形をしています。

動物病院に行くとホルマリン漬けとなっていることが多いので、実際にみることができるかも知れません。

内部寄生虫によって起こる犬の病気② 回虫

主に犬の小腸に寄生します。

成犬の場合は症状はほとんどありませんが、子犬の場合は、体重の減少、下痢や嘔吐などがみられます。

内部寄生虫によって起こる犬の病気③ 条虫

条虫にも種類があり、マンソン裂頭条虫や、瓜実条虫などがあります。犬が感染した場合の症状は、下痢などです。

内部寄生虫によって起こる犬の病気④ 鉤虫や鞭虫

犬が感染した場合の症状は、下痢や血便、貧血もみられることがあります。

内部寄生虫によって起こる犬の病気⑤ 原虫

原虫にも種類があり、ジアルジア、コクシジウム、バベシア、トキソプラズマなどがあげられます。

犬が感染した場合の症状は、下痢や血尿、発熱など原虫の種類によって違ってきます。

犬の寄生虫 駆除方法や予防方法はあるのか?

犬の寄生虫 駆除方法

犬に駆除薬を使用することです。

寄生虫の種類によっても違ってきますので、どの種類の寄生虫なのかの特定をし、動物病院の獣医師と相談して進めていきましょう。

犬の寄生虫 予防方法

定期的な駆除薬の使用や、飼育環境を清潔に保つことです。

 

なお、犬用の寄生虫駆除薬については、市販で売られているものは効果が低い場合が多いので、動物病院で処方してもらってください。

犬の寄生虫について まとめ

犬の寄生虫について いかがでしたか?

犬の寄生虫にもさまざまな種類がいるんです。

場合によっては、寄生していることによって愛犬の体調が悪くなることもありますので、体調などで気になったらすぐに動物病院に連れていきましょう。