成長記録!柴犬の年齢によるサイズの違いとは


柴犬の基本情報

柴犬といえば、日本を代表する和犬になります。

日本犬は全体で8種類います。

その中で柴犬は日本の天然記念物に指定され、日本で飼われている日本犬種の8割が柴犬と言われています。

近年では秋田犬に続き、柴犬も海外で人気が出ています。

柴犬の身体的特徴

  • 大きさ:小型犬(場合により、中型犬と分類されることあり)
  • 体重:オス…8〜11kg メス…7〜9kg
  • 体高:オス…39.5cm メス…36.5cm
  • 被毛:ダブルコート 短毛種
  • 毛色:赤毛、黒毛、胡麻毛(胡麻・赤胡麻・白胡麻)
  • 価格相場:10〜20万円
  • 平均寿命:12〜15歳

柴犬には「タヌキ顔」と「キツネ顔」があります。

柴犬,茶、黒

◆タヌキ顔の特徴

  • 顔全体のフォルムが丸い
  • 額から鼻の付け根が深い
  • マズルが短い
  • 頰が丸くぷくっとしている

◆キツネ顔の特徴

  • 顔全体のフォルムが細い
  • 額から鼻の付け根が浅い
  • マズルが比較的長い
  • 体つきがシャープ

カワイイ派はタヌキ顔を選び、クール派はキツネ顔を選ぶことが多く、最近ではタヌキ顔の柴犬に人気があるようです。

海外のファッション雑誌などに登場する柴犬は、クールなサムライ犬をイメージしてか、キツネ顔の柴犬が多い傾向にあります。

柴犬と豆柴の違い

柴犬よりさらに小さい柴犬を豆柴と呼んでいます。

現在はまだ、豆柴は犬種として登録はされていないため、小さい柴犬というカテゴリーになります。

豆柴を真剣にブリードしているブリーダーもたくさん存在しており、豆柴は、偶然小さく生まれた柴犬ではなく、きちんと遺伝的に考えて交配して誕生した犬になります。

注意が必要なのは、普通に生まれた柴犬の子犬に食事をかなりセーブして、わざと小さく育て、豆柴と偽って販売している業者もいるので、豆柴を希望するときは、信用できる先から迎い入れるようにしましょう。

柴犬の性格・気質

  • ハチ公に負けない忠誠心
  • 番犬として右に出る犬なし
  • 家族を深く愛し尽くそうとするが、ベタベタはしない
  • 力強く、自信満々に行動する
  • 家族にだけ見せる緊張感ゼロな面白キャラ
  • 家族にはデレデレ。他人様には弱いところを見せません
  • 活発で運動大好き
  • 忍耐強さは本物
柴犬

柴犬は賢い犬種で、ジッと誰に従うべきかを観察します。

一度、柴犬との信頼関係が築ければ、柴犬の学習能力は大変優れていますので、さほど時間をかけずにしつけをマスターしてしまうでしょう。

柴犬の良さは、洋犬の愛玩犬と違い、常にべったり寄り添っていたいタイプではないので、柴犬自身がきちんと独立し、一緒に遊ぶときは思い切り遊びますが、一人でもきちんと遊んだり留守番できたりするところになります。

また心から信頼している家族の前でだけ、いつもキリリとしている柴犬の姿からは想像もつかないような、ダルダルな姿を見せることがあり、そのギャップが愛される魅力でもあります。

柴犬の幼少期「誕生〜生後3ヶ月」

幼少期は産まれてから約3ヶ月目までのことを示します。

柴犬は平均すると250gの大きさで産まれます。

産まれてからはその後、めまぐるしく成長していきます。

約10日で目が開き始め、3週間も経つと立ち上がり始め、歯も生えてきます。

2ヶ月目に突入すると活発に動き出し、垂れていた耳もピンと立ちます。

柴犬は3ヶ月になるまでは、ものすごいスピードで毎日成長します。

ペットショップなどでは早ければ50日程から子犬を販売し始めるので、約1か月はこの幼少期の姿を見ることができます。

1番初めのワクチンは販売元が行っていることが多いですが、接種の有無は購入の際にしっかりと確認しておきましょう。

3ヶ月目には2回目のワクチンを行う必要があります。

この頃までにはトイレトレーニングをしっかりと済ませておきましょう。

この頃の体重は約2~3㎏です。

柴犬の幼少期 誕生〜生後3ヶ月「生活で気をつけること」

いろんなものや音に慣れさせる

ワクチン接種が終わるまでは、お散歩はまだというのが定番になっていますが、この時期は何をするにでも好奇心旺盛で、いろんなものを見たり、聞いたりすることで、社会性を身につける大事な時期でもあります。

でもだからといって、じゃんじゃん外を歩かせるのは心配ですよね。

ただし、ワクチン接種が終わる前でも、外の世界を知ってもらうため、抱っこをして近所を歩くことはできます。

地面を歩かせなくても、外の世界に触れるということは、とても意味がある行動です。

また、室内でいろんな音をインターネットで探し、聞かせることもできます。

例えば、犬が嫌う雷の音やピンポン音、花火や犬の鳴き声など。

柴犬は大変警戒心の強い犬種なので、少しでもいろいろなものに慣れさせ、警戒しなくても大丈夫なようにトレーニングさせましょう。

柴犬の幼少期 誕生〜生後3ヶ月「食事で気をつけること」

◆食事量の目安

  • 生後2〜3ヶ月…1日約145g  3〜4回に分けてあげる

ドッグフードにはパピー用を選ぶ

幼少期は消化器が成熟していません。

そのため、成犬のように一気にたくさんの量を、上手に消化することができないので、できるだけ回数を分けて少しずつあげることがポイントになります。

誕生後は、最低でも生まれて1ヶ月は母親の母乳が必要になります。

その後も母親と一緒にいられるのであれば、母乳で育ててOKですし、そうではない場合は、犬用のミルクを、ふやかしたドッグフードに混ぜるなどしてあげるようにしましょう。

生まれた柴犬は日に日に驚く早さで成長します。

健康な体を作るためにも、質のいい食事をあげるようにしましょう。

またこの時期は、バランスの取れた正しい食事をする必要がありますので、おやつなどは時期早々なのであげないようにしてください。

柴犬の青年「生後4ヶ月〜約1年半」

柴犬の青年期は4ヶ月から約1年半までのことを示します。

6ヶ月までの時期がいわゆる子犬の時期の可愛い盛りになります。

活発に動き回るので目が離せなくなる時期です。

この頃になると子犬特有のふわふわとした毛が抜け、成犬と同じような短毛で少し硬めの毛が生え始めます。

柴犬の毛はダブルコートと呼ばれる構造になっており、換毛期にはどこからそんなにも毛が出てくるのかというくらい抜けるので、掃除をしっかりと行わなければなりません。

ワクチンの接種が終わり2~3週間たつと、獣医師からの許可が出ていよいよ散歩に出ることができます。

初めのうちは抱っこして散歩するなど、外に慣れさせるということから始めていきましょう。

初めは不安そうな顔をしていますが、慣れてくると何にでも興味を示すようになります。

生後6か月を超えてくると、知能がしっかりと発達してくるのでこの頃から本格的なしつけを行い始めましょう。

この頃になると体重も5㎏を超えてきます。

7ヶ月頃からは顔つきが少し大人びてきます。

しかしまだまだやんちゃ盛りなので、成犬のような落ち着きは見られません。

この頃からぐんぐん成犬と同じくらいの大きさに成長していき、1年半が経つ頃には体格は成犬と同じ大きさになります。

メスは早ければ7ヶ月、オスは8ヶ月ほどで性的に成熟します。

成犬の柴犬の平均体重は9~11㎏ほどですが、体格のいい個体になると15㎏ほどまで成長します。

柴犬の青年期 生後4ヶ月〜約1年半「生活で気をつけること」

無駄吠え、噛みつきトレーニング

柴犬は大変警戒心が強い犬種になり、同じ犬同士でも仲良く犬同士で遊ぶということがすんなりできないケースが多くあります。

知らない人に吠え続け、増して、噛み付くなどあっては大変ですよね。

また、ドッグランに連れて行きたくても、他の犬と仲良くできないのでは、どうしても周りの飼い主さんに柴犬は…と敬遠されてしまいます。

でも間違わないでください。

柴犬はしつけ次第で、人に優しく、犬ともフレンドリーにすることができる犬種です。

幼少期である時期の社会化がどの程度できているかが、とても重要なポイントではありますが、青年期も引き続き成長過程にいます。

人や犬に慣らすため、しつけ教室などには積極的に参加してみることをおすすめします。

柴犬の青年期 生後4ヶ月〜約1年半「食事で気をつけること」

◆食事量の目安

  • 生後4〜5ヶ月…1日約180g  3〜4回に分けてあげる
  • 生後6〜7ヶ月…1日約165g  3〜4回に分けてあげる
  • 生後8〜9ヶ月…1日約165g  2〜3回に分けてあげる
  • 生後10〜1年…1日約155g   2~3回に分けてあげる

(食事量は与えるドッグフードのカロリーによって量は変わってきます)

ドッグフードは9ヶ月くらいを目処に、成犬用に切り替えます。

切り替えは少しずつフードを混ぜるようにし、2〜3週間くらいかけて切り替えていきます。

生後6ヶ月になるくらいまでは、多少食事が多いかなと感じるくらいでも、バランスの良い食事であれば、成長過程であることからも問題ないとされています。

少しでも栄養価の高い、良質な食事を摂らせるようにしましょう。

間違っても、小さく育って欲しいから食事をセーブするなどはしないでください。

この時期は、体が大きくなるだけではなく、内臓や筋肉、骨など全ての臓器を強く丈夫にする時期でもあります。

また、大きくなる柴犬は、どんなに食事制限をしても大きくなります。

食事制限をすることで、体はヒョロヒョロに細く大きくなり、体の中が強くなりきれず、虚弱体質に成長することがあり得ます。

食事のあげ過ぎも健康に良くありませんが、適正量をきちんとあげることは、とても大切なことになります。

柴犬の老年「7歳〜」

柴犬

柴犬の老齢期は7歳からです。

平均寿命は12~15年と言われていますので、老年期と言えどもまだまだ頑張ってくれます。

しかし体調の変化や体力の衰えなどが目立ってくる時期でもありますので注意しましょう。

◆柴犬の老化症状

  • 被毛に艶が減ってくる
  • 被毛が薄くなってくる
  • 目の艶がなくなって、水晶体が曇ってくることも
  • 被毛に白髪が混じる
  • 動きが鈍くなる
  • 足取りが重い
  • 走ることが減る
  • 耳が遠くなってくる

これらの変化が見られてきたら、老化が進んできていることを意識しましょう。

老化=病気などには結びつきませんが、全身の機能が衰え始めているということは、いかなる病気やケガに繋がりやすいというサインになります。

身を引き締めて、自分が柴犬を守るという気持ちで、改めて健康管理をきちんとしていく時期になります。

柴犬の老年期 7歳〜「生活で気をつけること」

柴犬

この年齢になってきたら定期的に健康診断を受けるようにしてください。

柴犬は元々遺伝性の病気も少ないため、年を取るまで目立った病気にかかることは少ないです。

しかし老齢期には白内障の症状が現れたりと少しずつ変化していきます。

体力の衰えからかじっとしていることも増えていくので、適宜気にかけてあげることが大切です。

また、日本犬は他の犬種に比べ、認知症になる確率が高いと言われます。

認知症の症状は11歳くらいから見られることがあります。

早め早めの対処をしていく必要があるので、何か今までと違うと感じる行動があった際には、獣医さんに相談するようにしましょう。

柴犬の老年期 7歳〜「食事で気をつけること」

◆食事量の目安

  • 7歳から…1日約150g  2〜3回に分けてあげる
  • 10歳から…1日75〜150g  2〜3回に分けてあげる

成犬用・シニア用のドッグフードの切り替えは年齢ではなく個体ごとの体調で切り替えします。

7歳から老年期といわれるものの、まだまだ元気な柴犬にはシニア用のドッグフードはまだ早く、逆に栄養不足になってしまうことがあります。

柴犬の老化は個体差がありますので、ご自身の柴犬の体力や体調を観察していくことが必要になります。

体力が自慢の柴犬は、青年期の頃はさほど個体差もなく、どの柴犬も活発に動いていたかもしれませんが、年を取るごとに、体力の個体差が見られるようになってきます。

疲れやすくなったり、あまり昔のように走らなくなったりしてきたという風に、生活に変化を感じ始めたら、体重チェックをしながら食事を見直す時期かもしれません。

活動量が減り、代謝も落ちてきている中、青年期と同じ食事をあげていると、カロリー過多で肥満になる可能性も出てきます。

体重が減るのは困りますが、できるだけ青年期での適正な体重をキープするようにしましょう。

また、病気やケガなど思い当たる原因がなく、何となく食欲が落ちているなどと感じる時には、歯肉炎や虫歯はないか口内をチェックした上で、それでも何もなくあまり食べたがらない場合、食欲が出るようにチキンの茹で汁を混ぜ、匂いで食欲が出るように工夫してみましょう。

ドライフードよりウェットフードの方が匂いが強く、食欲が出ることがあります。

この記事のまとめ

成長記録!柴犬の年レウによるサイズの違いとは
  • 体重:オス…8〜11kg メス…7〜9kgの小型犬(中型犬に分類されることもあり)
  • ダブルコートの短毛種
  • 毛色:赤毛、黒毛、胡麻毛(胡麻、赤胡麻、白胡麻)
  • 性格は警戒心が強いため、家族以外には隙を見せない。賢いためしつけは比較的ラク。ベタベタした関係は好まず、独立心をしっかり持つ。とはいえ、家族大好きで、家族だけに見せる顔がたくさんある
  • 柴犬の幼少期(誕生〜生後3ヶ月):およそ250gで産まれ、2ヶ月で2kg前後になる
  • 柴犬の幼少期に注意すること(生活):社会性を身につけさせる
  • 柴犬の幼少期に注意すること(食事):良質な食事、おやつはNG
  • 柴犬の青年期(生後4ヶ月〜約1年半):6ヶ月を越えると5kgになる。1年半で政権と同じ大きさに成長
  • 柴犬の青年期に注意すること(生活):無駄吠え、噛みつきトレーニング
  • 柴犬の青年期に注意すること(食事):栄養価の高い、良質な食事を与える
  • 柴犬の老年期(7歳〜):体重変化がないのが理想。体力が年々落ちてくる
  • 柴犬の老年期に注意すること(生活):定期的な検診。何か変化があったときは獣医さんに相談
  • 柴犬の老年期に注意すること(食事):シニア用の食事への切り替えは、年齢ではなく個々の体力や体調などで判断

成長記録!柴犬の年齢によりサイズの違いとは さいごに

いかがだったでしょうか。

柴犬と暮らすということは、やはりその成長の過程を見るのが楽しみですよね。

この記事に書かれていることはあくまでも平均的なデータであり、必ずしもすべての柴犬に当てはまるとは限りません。

規格外に小さく育ったり、大きく育ったりすることもあるでしょう。

それでも、小さな頃から大事に育ててきた柴犬は、健康であればどちらでも愛しく世界一の柴犬です。

自分自身で柴犬のことをしっかりと見て、ご自身の柴犬の体のコンデションを把握し、時には獣医師にも相談しながら愛情をこめて育ててあげましょう。

みなさんの柴犬がすくすくと元気に成長しますように。