チワワに避妊手術は行うべき?避妊・去勢のメリットとデメリット

飼っているチワワに避妊・去勢手術を行うかどうか、悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか。妊娠しないための手術というと可哀想な気がしますが、避妊・去勢手術の目的はそれだけではありません。避妊・去勢手術のメリットとデメリットを見ていきましょう。

生殖器の病気を未然に防ぐことができる

チワワに限らず犬や猫に避妊・去勢手術を行う目的は、第一に望まない妊娠を予防することが挙げられます。

しかし最近では、手術によって子宮や精巣などの生殖器の病気にかからなくて済むというメリットが大きな目的となってきています。

また、ホルモンによる病気や性格の変化も抑止できることから、結果的に長生きできるケースも多く見受けられます。

これらの病気は、シニア世代になってから発症することが多いものです。

若くて健康なチワワにメスを入れることには罪悪感を感じるかもしれません。

しかし症状によっては年齢のせいで手術ができなかったり、発見した時には手遅れになっていたりすることもあります。 何より愛犬が病気で苦しむ様子は飼い主さんにとっても辛いものです。避妊・去勢手術によって未然に防げる病気もあることを知っておきましょう。

全身麻酔の負担がある

次にデメリットですが、避妊・去勢手術では全身麻酔を施します。

全身麻酔は、チワワのように鼻の短い犬種にとっては負担になる場合があります。

全身麻酔で亡くなる事例も、ごくわずかですが報告されています。

それぞれの個体の体のつくりにも影響されるので、信頼できる獣医にお願いするようにしましょう。 避妊・去勢手術によって生殖器の病気を未然に防げる確率を高めるには、発情期を迎える前の生後6~8か月頃に手術を行う必要があります。

飼い主さんは愛犬に手術を受けさせるかどうかを、それまでに考えなければなりません。

まだ成犬になりきっていない小さなチワワであれば、迷いも多く生じるでしょう。

しかし一旦発情するとメスは生理を迎えて出血し、オスは性格が狂暴化することもあります。

発情したのに生殖できない苦しみは相当なものです。愛犬の精神的な負担も考慮しましょう。

最終決定は飼い主さん次第

もしも最初の発情前には手術に踏み切れなかったとしても、愛犬ができるだけ若いうちに手術をすることで病気になる確率を下げられます。

出産を考えている人は、1~3歳で出産をさせたあとに避妊手術を行えば、何もしないままでいるよりも病気になりにくくなります。

避妊・去勢手術の傷跡はさほど大きくなく、成長とともに分からなくなっていきます。

手術後は当日中か翌日には退院でき、10日前後で抜糸になりますが、近年は抜糸不要の糸を使用することもあります。

愛犬に避妊・去勢手術を施すかどうかは、飼い主さんが最終的に決断することです。

愛犬と飼い主さんにとってどうするのがベストなのか、納得のいく形を選びましょう。